「知っている」と「できる」には大きな差がある&北見でキャッチコピーセミナーを開催しました

 

小川です。

 

少し前になりますが、今月18日に北見に行ってきました。それにしても札幌から北見は遠かったですね…

 

北海道に住んでいない方はイメージが付きにくいかと思いますが、札幌と北見って約300kmくらい離れているんですよ。300km離れているということは、東京から愛知県までがすっぽり入る距離です。

 

一般道を使えば、道が混んでいたら6~7時間かかりますし、高速を使っても5時間くらいはかかるのです。運転も結構大変なわけですね。北海道は本当に大きい…

 

そしてなぜ北見に行ってきたかと言うと『キャッチコピーセミナー』を開催するためです。セミナーを開催するのは久しぶりだったので、かなり気合を入れていました。

 

しかし…

なんと風邪を引いてしまい、セミナー前日から声が全然出ない状況になってしまいました。体調管理ができていなかったのは、本当に反省すべき点でしたね。

 

そして実際のセミナーも反省点が多く残る結果となりました。いつもは3~4時間かけてやるセミナーを2時間に圧縮しましたので、かなりキツキツのセミナーになってしまいましたね。

 

私のセミナーでは「アウトプット」を重視するので、シェアの時間をかなり多めに取ります。しかし今回は、そのシェアの時間を相当削ることになりました。参加者が置いていかれてポカンとしていないか、すごく心配でしたね。

 

しかし有り難いことに、アンケートを見ている限りは、セミナーの内容に関してはそれなりの評価を頂けました。

 

高評価の理由の一つは、私のセミナーが「体験型のセミナー」だからだと思います。

 

ただキャッチコピーの作り方を教えるだけではなく、実際にその場で作ってもらいます。セミナーで10の知識を入れるよりも、1実践する方が大切だと思っているからです。あたり前ですが、実践した方が圧倒的に身につきますし、気づきの深さも桁違いです。

 

本などで読んだことのある知識でも、実際に活用できるかどうかは別問題です。本を読んだだけでうまくいったら、誰も苦労しないですよね。もしそうなら、世の中は成功者で溢れ返っています。

 

一つ例を挙げるなら、セミナーでも話をした内容ですが「ターゲットを明確にする」ってとても大切です。しかし、知識で言えばこんな話は別の本でも書いていますし、ビジネスに関わっていたら聞いたことくらいはあると思います。

 

しかしそれを実際に意識してキャッチコピーが作れているかと言うと、そうではない方が圧倒的多数です。「知っている」と「できる」には想像以上に大きな壁があるのです。

 

しかしセミナーで直接お伝えできるということは、その場でキャッチコピーを書いて頂くことができます。さらに疑問点に答えたり、書いて頂いたキャッチコピーに対してフィードバックもできるということです。

 

つまり「知っている」から「できる」に一気にステップアップしていけるということです。これは非常に大きな利点です。

 

キャッチコピーが変われば、チラシやホームページの反応率は大きく変わります。しかもこのキャッチコピーを作る技術は、色々なところに応用可能です。

 

メルマガの件名、ブログのタイトル、チラシ、ホームページ、SNSなど。情報発信をする際に、覚えておいて全く損はないものです。

 

学んだ知識を「知っている」から「できる」にステップアップさせたいと考えている場合は、ぜひ実践してみてください。やってみなければ、その知識はいつまで経っても「できる」になりません。

 

もし一人でいきなり実践する自信がない場合は、小川と藤本さんが提供している環境も視野に入れてみてください。「セミナー」や「オンラインサロン」などですね。実践を通じてスキルアップしていけるように、サポートさせて頂きます。

 

おまけ

北見では、オンラインサロンの会員様に案内して頂き、動画撮影も行ってきました。

 

この恰好で森林にいると、とてもシュールですね 苦笑

完全に浮いています。異物感が半端ない 笑

 

こんな感じで楽しく日々活動しています。では、また記事を書かせて頂きますね。それでは!

 

小川より


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です