情報発信するなら『好きなこと』でなければいけない理由

 

小川です。

 

「情報発信が続かない」

 

このような悩みをお持ちではありませんか?

 

情報発信をした方がいいのは分かるけど、中々続けることができない。日々の忙しさに流されてしまい「明日でいいか」と先送りにしてしまう。

 

その気持ちは痛いほど理解できます。私も飽きっぽい性格ですから、真面目にコツコツとやり続けるのが苦手なタイプです。

 

学生時代もテスト勉強は前日に詰め込むタイプでしたし、どちらかと言うと短期集中で乗り切ってきました。

 

まともに続いていることってマンガを読むことくらいなんですよ。自分の飽きっぽさに嫌気がさしたこともありました。

 

しかし、そんな私でもブログを毎日一年間書き続けて『継続のコツ』というのが分かってきました。

 

盆暮れ正月も関係なく、一年間毎日ブログを書き続けるって実は結構大変なことなのです。それをやり切ったということですから、多少は説得力があると思います。

 

まず情報発信の大前提にすべきは「好きなこと」に関して情報発信をすることです。これが本当に大切なのです。

 

そもそも「儲かりそうだから」という気持ちだけで継続できるほど、情報発信は甘くありません。ほとんどの場合は挫折します。

 

「儲かりそう」というモチベーションだけでは数ヶ月間は続けられても、1年、2年と続けていくのは難しいでしょうね。

 

金銭的モチベーションだけでも続けていける人はいるでしょうが、極々少数の人達だけでしょうね。

 

それとは逆に、自分が好きなことについて情報発信をするのであれば、そもそも情熱がありますし、継続していける確率はグンと高くなります。

 

私も「儲かりそうだから」と思って始めた情報発信は、ことごとく挫折しています。モチベーションが「儲かりそう」というところなので、稼げない期間がしばらく続くと「儲からないじゃん、もういいや」となってしまうわけですね。

 

しかし、自分が楽しいと思ったことに関しての情報発信は、稼げる稼げないとは別のモチベーションが働きます。

 

そのため稼げない期間がしばらく続いても、情報発信を続けていくことができるのです。

 

好きなことであれば、もっと知りたいと思いますし、もっと上達したいと思えます。ですから、アウトプットによって自分をよりレベルアップさせようと思います。

 

こだわりも持てますし、モチベーションも高い。質の高い情報発信を続けることができ、結果としてファンができてくるのです。

 

極端に言うと、情報発信は「好きなことだから続けられる」というところに行き着きます。

 

ですから、私が声を大にして言いたいのは「好きなことで情報発信をしてください」ということです。

 

しかし、これが意外と難しい。

 

特に情報発信の初心者は、

「好きなことはあるけど、それで情報発信をしても稼ぎに結び付けられる気がしない」

「儲かりそうなことをやった方が手っ取り早い気がする」

 

と感じてしまうことが多いようです。メンタルブロックが働いてしまうわけですね。

 

明確にお伝えしたいのは、情報発信で「好き」と「稼ぎ」を両立させることは可能だということです。好きであり、なおかつ稼ぐことのできる。そのやり方は存在します。

 

人によって『合うやり方』というのがあるのです。多くの人はその『合うやり方』を知らないため、合わないやり方で消耗し続けているのです。

 

ですから、最初から無理と決めつけないで、情報発信に取り組んで頂きたいと思っています。

 

人それぞれの『合うやり方』については、別の記事で書かせて頂こうと思います。楽しみにしていてください。

 

小川より


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です