TLCコインのリーダー逃亡!?音沙汰が全くないので思っていることを全部ぶちまけていきます!

 

小川です。

 

先日、TLC(トゥルーライフコイン)のリーダーAshura氏とのやり取りをYouTube動画とブログにアップしました。

 

▼【ブログ記事】TLCコインのリーダーとバトル勃発!「調子に乗るなよ」と脅されたのでやり取りの一部始終を公開していこうと思います

TLCコインのリーダーとバトル勃発!「調子に乗るなよ」と脅されたのでやり取りの一部始終を公開していこうと思います

2018.10.12

 

あれから数日が経ちますが、そのリーダーからは一切連絡がないですね。アカウントもブロックされて、相手は完全にこちらを無視しています。

 

やましいことがなければ、ブロックなんてせずに堂々と反論すれば良いと思うのですが。

 

Twitterで他にTLCに詳しそうなリーダーを探してコンタクトを試みましたが…

 

▼画像①:「匿名じゃない場合は公式に発表されている範囲でお答えする形になると思われます。」と書いていますよね。

▼画像②:実際に小川が質問をした際のスクショ

▼画像③:ブロックされた画面のスクショ

 

その方にも見事にブロックされました 苦笑

 

その方のツイートに「匿名じゃない場合は公式に発表されている範囲でお答えする形になると思います」と書かれていたので「それなら自分も条件を満たしている」と思い、質問させて頂いたわけです。

 

それなのに何も返答がないまま問答無用のブロック…

 

うーむ、TLCのリーダーの方達は真っ当な質問に答える気がないのでしょうか?

 

それとも答えられる根拠がないから無視し続けるのでしょうか?

 

モラルが無いビジネスのリーダーって最初は煽るだけ煽って、アンチに対してイキってきますけど、都合が悪くなったらあっさりと逃げますよね。

 

すぐにブロックしてきたり、アカウントをコロコロ変えて逃亡する。結果、約束も守らない。本当にどうかしていると思います。

 

そもそも台湾ラリーで「すごい発表があった」と言ってましたが、一向に証拠や裏付けを出してこないですからね、TLCの方達は。

 

証拠、根拠、裏付けを早く出して頂きたいです、本当に。さらにクラブスパークル側も、何も公式発表を出してきません。これなら詐欺だと疑われても仕方がないと思いますよ。

 

 

それにしても、ほんと次から次へと新しいネットワークビジネス(MLM)の会社が出てきますね。しかもその中の多くは詐欺的な案件。

 

近年は仮想通貨が主流になっていましたから、流れ的に仕方がないとは思いますけど。仕掛けている側は、自分達が儲かれば良いと考えていますから、何も悪びれた様子もなく詐欺的な案件を広めていきます。

 

その結果、末端で被害者が続出しているわけですね。被害者は多額の損失を被ってしまいます。

 

しかもMLMの仕組みを使っているのが“ミソ”で、口コミで勧誘していきますから、勧誘される側にはご年配者層も一定数いらっしゃいます。年齢層が上がるほどインターネットリテラシーが低い割合が多く、検索などで調べたりしません。

 

言葉は非常に悪いですが、情報弱者が多いということです。結果、勧誘してきた人を信用してしまい、多額の資金を出してしまうわけです。

 

しかも勧誘してくる側は「インターネットの書き込みはウソばかり」「アンチの話を信じてはいけない」と用意周到に予防線を張ってきます。そういうところには頭が回るんですよね。

 

もっと言うと、詐欺的な案件を勧める人達って、「投資は自己責任」って頻繁に言っている印象があります。案件を勧めている側は最低限の説明義務があると思いますし、ましてや詐欺的な案件を人に勧めるなんてご法度です。何でもかんでも「自己責任」と言って済む話ではないのです。

 

基本的に私は詐欺案件を広めている人には、一切近づかないようにしています。変な案件に取り組んでしまうと信用を失いますし、ヘタをしたら金銭的にも負債を抱えるリスクもありますから。

 

 

周りの人達を見て、私も反面教師にしなければいけないと思った例があります。私の知人で、保険のトップセールスマンだった男性がいます(仮名A君とします)

 

A君は保険のセールスマンから、サービス系のネットワークビジネス(MLM)に副業で取り組み始めます。A君はサービス系のMLMも真剣に取り組んでいたようですが、しばらくして仮想通貨のMLMに移行していくことになります。

 

クローバーコインという仮想通貨のMLMですね。A君はクローバーコインで相当な収入を得られるリーダーになりました。月収数百万円は稼いでいたようです。

 

しかしクローバーコインは段々と旗色が悪くなり、クローバーコインとアームコインという2つのコインに分裂してしまいます。A君はアームコイン側に移籍。アームコインの勧誘を行うことになります(今はRiaコインという名前になっています)

 

さらにそこから、詐欺の可能性が高い別の投資案件を扱うようになり、今でも怪しい案件を勧誘し続けています。

 

非常に高い営業スキルを持っていたのに、本当にもったいない。案件を間違えるだけで信用を失い、大変なことになってしまうのに。

 

仮想通貨のネットワークなどは報酬割合も高く、成約時の単価も高いです。一回の成約で数十万円から数百万円の金額が動き、そのうちの何割かが自分の報酬として入ってくるわけですからね。場合によっては数千万円の成約もあり得ます。

 

稼ぎにフォーカスすると「おいしい案件」に感じてしまうのでしょう。他の物販系のMLMがバカバカしいと思うほどに。

 

しかし、一度詐欺的な案件・ポンジスキームに手を染めてしまうと、全ての歯車が狂います。私自身、その恐ろしさを身を持って知っているので、今後決して手を出すことはないでしょう。

 

もし仮に、周りで詐欺的な案件やポンジスキームに手を出している人がいたら、近寄らない方がいいでしょうね。もし仲の良い友人であれば、全力で止めてあげた方がいいです。

 

しかし厄介なのは、仮想通貨のMLMやポンジスキームは、どこか宗教チックな側面があることです。リーダーや会社の代表は、影響力やカリスマ性を持っていることが多いです。そのため勧誘される人は雰囲気や勢いでお金を出してしまいやすい。

 

勧誘された人はリーダーとの接触回数が増えるごとに、どんどん信じてしまい、自分の頭で考えることをやめて情報を鵜呑みにしてしまうようになります。ここまでくると洗脳に近い状態ですね。

 

「私は大丈夫」と思っている人でも、気がつけばどっぷりハマってしまう危険性があります。傷が浅いうちに撤退させた方が、軌道修正も早くできます。

 

この記事を読んでくださっているあなた様も、くれぐれも案件選びにはお気をつけください。

 

過去のYouTube動画でも話しているように「金融×ネットワーク」と「不動産×ネットワーク」の仕組みは、手を出さないことを強くオススメ致します。

 

ロクな案件を見たことがありません。遅かれ早かれ、ほとんどの案件が破綻しています。TLCコインも同じような未来を辿ると思っています。TLCに関しては、現状暗号通貨とも呼べないレベルですし、プロジェクトもほとんど進展がないですよね。

 

TLCは勧誘しているメンバーがどうしようもないので、遅かれ早かれ現状のおかしさに気づく人達が増えていくはずです。後は会社やビジネスメンバーが、延命措置のためにどのような嘘や誇大表現を使って塗り固めていくのか。そこに私は注目しています。

 

嘘や誇大表現で勧誘しているTLCのビジネスメンバーの方達も、そろそろ現状のおかしさに気づいた方がいいですよ。このまま勧誘を続けていったら被害者が増え続けて、本当に取り返しのつかない事態になります。

 

正直、私の予想も外れてくれた方が被害者が出ないということなので、外れてほしいとは思っていますよ。しかし、予想は外れないと思います。せめてこれ以上被害者が増えないことを心から祈っています。

 

小川より


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です