麻原彰晃氏の死刑執行に関して思うこと&アレフ信者に伝えたいこと

7月6日、麻原彰晃氏の
死刑が執行されたようですね。

 

以前の記事にも書かせて頂きましたが
私は以前、アレフ(旧オウム真理教)の
覆面ヨガ教室に引っ掛かった経験があります。

 

その時に経験をまとめた記事が
こちらです。

【前編】オウムに洗脳されかけました!アレフの覆面ヨガ教室で体験したことを全て暴露します!

2017.06.16

 

詳細が知りたい方は
以前の記事をお読みください。

 

今回、麻原彰晃氏と
事件に関わったとされる
7人の信者の死刑が執行されたようです。

 

いきなりの出来事でビックリしましたが
いよいよこの時がきたのかと思いました。

 

信者の中には麻原彰晃氏は
死刑執行されずに刑務所から
出てくると本気で信じていた人もいます。

 

今回のニュースを見て
色々と思うところがあったので

久しぶりにブログを書こうと
決心しました。

 

 

ただ、本題に入る前に
お伝えしたいことがあります。

 

あたり前のことですが
人の死に対してとやかく
言いたくはありません。

 

決して気分の良いものではありませんし
見ている人の気分を害してしまう
可能性があるからです。

 

それでも今回は私なりに
書かなければいけないことが
あると思いました。

 

ですから、今自分が考えている
大切なポイントを伝えていきます。

 

 

あと、かなり口調が
キツくなっています。

 

もしかしたら不快な気分に
させてしまうかもしれません。

 

それでも構わないという方だけ
このまま読み進めてください。

 

麻原彰晃は「不死の救世主」ではなかった

 

麻原氏は信者に対して自分のことを

「不死の救世主」

と言っていたようです。

※関係者から確認済み

 

以前私が書いたブログ記事では

「麻原彰晃氏は絶対者ではない」

と断言しています。

 

結果的に死刑が執行されたことから
その考えが証明されました。

 

今、信者の方に対して問いたいのは、

今回の死刑執行という事実を見ても
 麻原彰晃氏は絶対者(真理勝者)だと
 思いますか?

ということ。

 

仮に麻原彰晃氏が絶対者、
不死の救世主だとしたら
なぜ死刑が執行されたのでしょうか?

 

解脱して真理勝者になっているのであれば
シヴァ神から霊的なエネルギーを受け取っていて

さらにコーザル世界にまで干渉して
現象を動かせるはずです。

 

極論を言えば、死刑が執行されず
刑務所から出てくることも可能なはずです。

 

しかし、実際はどうでしたか?

 

 

「グルの深過ぎる考えは
 修行が進まないと理解できない」

などという曖昧な表現ではなく、
論理的に説明することはできますか?

 

もし出来ないとしたら
もう少し今回の記事を
読み進めてみてください。

 

教団側の主張の矛盾について
説明させて頂きますので。

 

麻原氏は刑務所から出て来られなかった普通の人間

 

改めて断言しますが、麻原彰晃氏は
絶対者などではありません。

 

刑務所から出ることができなかった
普通の人間です。

 

オウム真理教を作り、ピーク時は
信者を約1万5千人という規模まで
拡大したことを考えると、
普通ではなかったかもしれませんが…

 

組織を拡大させる
特別な才能はあったのでしょう。

 

しかし、決して神と呼べる
次元ではなかったということです。

 

事実を受け止めて、事実から
客観的な分析をする必要があります。

 

 

「尊師は霊界から私達の修行を
 見守っていてくれている」

 

「霊的なパイプが
 繋がっているから大丈夫」

 

このように自分の都合の良いように
解釈してしまうと、
本質から離れてしまいます。

 

アレフの思考停止信者へ

 

もしここまでの記事を見て、

「オガワは何も分かっていない」

「グルの偉大な考えは我々には計り知れない」

なんて思っているとしたら
マジでお疲れ様です。

 

心の底から

思考停止で大丈夫?

って思います。

 

前にも記事で書いていますが
何一つとして証明できないことに対して

「グルには偉大な考えがある」

なんて言うのはいい加減に
やめた方がいいと思いますよ。

 

思考停止し過ぎてて
本当にイタイです。

 

説明できないわけですよね?
「グルの偉大な考え」というやつが。

 

信者の中には麻原彰晃氏に
一度も会ったことがないのに
盲信している方もいると思います。

 

なぜ信じられるんですかね?
どんな人間かも分からないのに。

 

 

そして、なぜ事実に
目を向けようとしないのですかね?

 

事実や根拠に基づいた仮説も立てずに
ただ信じたいことを信じているわけですよね。

 

先ほども言いましたが
事実を客観的に分析した方がいいです。

 

教団によって坂本弁護士一家が
殺害されているのですよ。

 

麻原彰晃氏が指示したと
実行犯も認めているわけですから
教団が関与しているのは確実なわけです。

 

それでもまだ陰謀論を推し続けますか?

 

 

もっと言うと、
麻原彰晃氏が地下鉄サリン事件を
起こしたのは一体なぜですか?

 

あれだけ多くの死傷者を出す
凄惨な事件を起こしておいて
正当化される理由はなんですか?

 

本当にフリーメイソン、イルミナティの
陰謀だと思っているのですか?

 

では、フリーメイソンやイルミナティの
方達と会って話したことがあるのですか?

 

裏付けや根拠はあるのですか?

 

それらが無い状態で
なぜ自分達の主張が正しいと
言い切ることができるのでしょうか?

 

 

私にはそれが理解できません。
完全に教団側の被害妄想です。

 

それに麻原彰晃氏は
ニルヴァーナに達した
最終解脱者なのですよね?

 

神と同等の力を
有しているわけですよね?

 

であればコーザル世界に干渉して
世の中の現象を動かせるわけです。

 

それなのに死刑が執行されたのは
一体なぜですか?

 

 

普通に考えて、ですよ。

 

麻原氏が絶対者で、
かつ教団のことを考えているなら
死刑は執行されない方がいいですよね。

 

死刑が執行されることで
教団に大きな動揺が走りますし、
真理の道から逸れる人も出てきます。

 

人によっては後追いで
自殺する人も出てくる可能性が
あるわけです。

 

麻原彰晃氏が絶対者で
教団のことを考えているのであれば
死刑は何が何でも阻止すると思います。

 

それなのに死刑が執行されてしまった。

 

麻原彰晃氏が絶対者だとしたら
なぜ死刑が執行されてしまったのですか?

 

今回の死刑執行という結果から
麻原彰晃氏は絶対者では
なかったと断言できます。

 

明確な答えは出ています。

 

 

あっ、まだありました。

 

教団メンバーが麻原彰晃氏から
見捨てられたという可能性。

 

もしくは教団全員が
解脱に成功したから
自分は必要ないと判断した。

 

これらは考えられますね。

 

麻原氏が絶対者という前提で
死刑が執行されたということでしたら

現世に留まる理由が
無くなったということです。

 

であれば、アレフの教団メンバーに

「私にはどうにもできないから後は好きにして」

「もう私はいらないね」

この2つの可能性が出てきます。

 

真理を普及させて人々を
救済しようとしていた人だったら
本当にこんなことを考えると思います?

 

厳しいことを言いますが、
いい加減ね、現実を見た方がいい

 

これ以上間違った人を
絶対者として掲げて
布教活動しない方がいいです。

 

勧誘した人の人生を
陥れることになるのですから。

 

しかし気持ちが分からないわけでもない

 

でも抜け出せない人の気持ちが
分からないわけではありません。

 

人って自分の間違いを
認めるのは難しいものです。

 

私だって自分のやっていることが
「間違っている」と言われたら
反発心が出てくると思います。

 

「ふざけるな!間違っているのはそっちだ!」

と噛みついてくる人がいるのも頷けます。

 

特にかけた時間と労力が
長ければ長いほど
過ちを認めるのには
大変な勇気が必要です。

 

だから今信者の方の中にも

「違和感やおかしいと
 思うところはあるけど
 考えないようにしている」

という方は多いと思います。

 

もうその時点で
ダメダメですけどね。

 

自分の頭で考えろよ

と強く言いたいです。

 

何かの事象に対して
事実を冷静に見極めて、

そこから根拠を集めて
仮説を立てていく。

 

その行為が非常に重要なわけです。

 

もっと厳しく言うとね、

思考停止して
 楽してんじゃねーよ

と思っています。

 

 

麻原彰晃氏が絶対者なのか否か。

 

その結論を出すために
どちらの根拠がより強いのか?

 

そこを考えていけば
自ずと答えは出るはずです。

 

 

しかし、口で言うのは簡単ですが
人というのは「感情」という
厄介なものがあります。

 

この感情が客観的な答えを
導き出す際に邪魔をすることが
往々にしてあります。

 

ビジネスや投資などでも全く同じで
人って「損失を確定させる行為」が
非常に苦手なんですね。

 

何かに投資をして価格が下がっても

「しばらくすれば戻るはず」

と考えて損切りをせずに
放置する傾向が強いです。

 

つまり人間は本能的に痛みを
避ける傾向が強いということです。

 

結果、損失が拡大して
大損することになるわけです。

 

これってアレフ信者にも
大いに当てはまります。

 

アレフに費やしてきた
時間や労力を切ることができず
損失を拡大させてしまうわけです。

 

きっとそういう人が
多いのだと思います。

 

長く居れば居るほど抜け出せない。

 

ここまで頑張ってきたのに
 自分のやってきたことが
 間違いだなんて信じたくない

 

間違いを認めるということは
自分の選択を根本から
否定することになりますから。

 

それは耐え難い苦痛なのでしょう。

 

逆に間違いを認めることができる人は
とても勇気のある人だと思います。

 

思考停止にならずに
客観的な意見を受け入れて
先に進もうとしているのですから。

 

今後のアレフはどうなるのか?

 

個人的な考えを言うとこれから教団が
どんな動きをしていくのかは興味深いですね。

 

絶対者として崇めていた
麻原彰晃氏の死刑が執行されて

どのような「言い訳」を
信者に用意していくのか。

 

そしてその言い訳を信者は
受け入れてしまうのか。

 

それとも矛盾に気づいて
自分の頭で考え始めるのか?

 

 

言い訳を受け入れるようでしたら
麻原彰晃氏はより神格化されて
いくのでしょう。

 

洗脳が強まる可能性もあります。

 

偏見と誤解に満ちた狭い世界で
傷のなめ合いをしていくのかなと。

 

一度も会ったことない人を
神と崇めるわけですから
洗脳って本当に怖い。

 

 

逆に矛盾に気づき、事実を調べ、
自分の頭で考えて結論を導き出せる人。

 

こういう人は、
未来は明るいと思います。

 

他人によって作られた
人生を生きるのではなく、

自分の人生を生きることが
できるわけですから。

 

どんなことにも言えることですが
自分の頭で考えましょうね。

 

教団側の言い分を鵜呑みにしていたら
自分の人生を生きられなくなりますよ。

 

 

麻原彰晃氏の死刑が執行されて、
それが色々な意味で節目に
なると思っています。

 

今回のことが多くの人に
気づくきっかけを与えて、

プラスに転じていけば
良いなと思っています。

 

最後に

 

麻原彰晃氏が数々の
事件を起こしたとはいえ、

人の死に対してキツイ意見を
述べたことをお詫び致します。

 

不快な思いをさせてしまったら
本当に申し訳ございません。

 

今回の記事が何かしら
お役に立つ内容になれば
嬉しく思います。

 

小川


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


2 件のコメント

  • かつての私に、あなたほどの聡明さがあったのなら…と思います。

    素晴らしい記事を書いてくれてありがとうございます。

    これにより、私の犯した過ちと寄り道を、多くの方々が回避されることを、心よりお祈り申し上げます。

    • tk様

      コメント誠にありがとうございます。そのようにおっしゃって頂けて大変うれしく思います。

      麻原彰晃氏の死刑が執行されてから、相当数の方が当ブログを見てくれています。その中には「自分の行ってるヨガ教室はやっぱりおかしい」「アレフの覆面ヨガ教室だと気づけてよかった」という方がいるはずです。

      このブログはずっと残していく予定ですから、これからもアレフの覆面ヨガ教室の洗脳防止にお役に立てると思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です