お客様にお願いされるくらい自分の価値を高める確実な方法とは

 

オガワです。

 

つくづく人はプライドや
見栄を重要視してしまう
生き物だと感じます。

 

 

多くの人は、

「自分は何でもできる」

と言いたがります。

 

 

どういうことかと言うと、

 

「サイトのデザインもできますし、
 コピーライティングもできます。

 

 WordPressの運営方法も分かりますし、
 ネットプロモーションもできます。

 

 セミナー運営もできますし、
 コンサルティングもできますよ」

 

という具合に。

 

「なんでもできる」的な
ことを言ってしまいます。

 

 

そうなると、

「結局、なにを頼めばいいんだ…」

と、お客様の立場からすると
混乱してしまいますよね。

 

 

しかし、これは僕も
経験があるのですが、

「●●もできます」

「■■もできます」

という風に言いたくなって
しまうんですよね。

 

 

せっかく苦労して身につけてきた
知識とスキルですから、言わずには
いられないと言いますか…

 

 

しかし、冷静に考えてみると
これって逆効果になる場合が
本当に多いです。

 

 

あまり良い例では
ないかもしれませんが、

仮にあなたが癌になって
しまったとします。

 

 

そうなった場合、

・一般的な総合病院

・癌治療専門の病院

 

どちらに行きたいと思いますか?

 

 

答えは明白ですよね。

 

 

そのような状況になったら
ほとんどの人は
癌治療専門の
病院に行くと思います。

 

 

何が言いたいかと言うと、
仮に色々できることがあるとしても

お客様に打ち出すテーマは一つに
絞った方が良いということです。

 

 

しかしこれは、かなり勇気が
必要なことだと思います。

 

色々できるのに、あえて
打ち出すテーマを一つに
絞るわけですから。

 

 

しかし、一つに絞らなければ
お客様にとって必要とされる
存在にはなりにくいと言えます。

 

 

なぜなら、多くの
お客様が求めているのは、

なんでもできると言う
「なんでも屋」ではなく、

一つの分野に特化した
「専門家」だからです。

 

 

「なんでもできる」は、
お客様視点で考えると、

「何を頼んだらいいか分からない人」
という風になってしまいます。

 

 

その時点でビジネス的には
価値が低い人になってしまう
わけですね。

 

 

つまりビジネスをしていく時は、
お客様に「専門家」と思って
もらうことが大切なのです。

 

専門家と思ってもらうことで
お客様に安心感を与えることが
できます。

 

そうすると、お客様はこちらの
存在価値を高く見てくれます。

 

 

価値を高く見てくれる
ということは、単価が高くても
お客様は納得してくれますし、
リピート率も高くなります。

 

 

お客様からすると、

「あなたにお願いしたい」

となるわけですね。

 

 

ラーメン屋でも

「なんでもうまいよ」

と言われるより、

 

「20年間味噌ラーメンの
 味ばかり追求してきた。

 だから味噌ラーメンなら
 どこにも負けない」

 

と言われた方が
食べてみたいですよね。

 

 

繰り返しになりますが
多くの人は「なんでも屋」に
なりたがります。

 

しかし「なんでも屋」は、
自らの価値を下げている行為です。

 

 

勇気が必要なことだと
思いますが、思い切って
伝えることを絞りましょう。

 

そして、対象とする
お客様も
絞りましょう。

 

 

世の中には「脳外科医」や
「心臓外科医」のように

専門分野に特化して
価値提供している人もいます。

 

 

専門分野を絞ることでお客様から

「●●先生にお願いしたい」

とお願いされるくらいまで
存在価値が高まるのです。

 

 

お客様に「専門家」と
思ってもらうことで

値下げ競争に付き合う
必要はなくなります。

 

 

それだけの価値のある人だと
お客様が認識してくれるからです。

 

 

逆に、いくら知識や
スキルがある人でも、

門家だと思われなければ、
お客様はこちらの価値を
低く見てしまうでしょう。

 

 

それは非常にもったいない。

 

 

「なんでも屋」から「専門家」へ。

 

 

それがあなたの価値を
倍増させてくれる確かな道なのです。

 

 

と言いながら、僕も
自分に言い聞かせながら
日々ビジネス活動をしています。

 

 

言うは易し。

 

行うは難しですね。

 

 

それでは、また!


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です