コピーライティングはテクニックよりストーリーが重要

 

オガワです。

 

告白します。

 

実は、僕には大好きな
海外ドラマがあります。

 

 

それは

「ゲーム・オブ・スローンズ」

という海外ドラマです。

 

 

もうね、これがめちゃめちゃ
面白いわけですよ。

 

 

結構前の記事にも書いたので
ご存じの方もいるかもしれませんが、

僕個人の感想としては、
海外ドラマの中で一番
面白いと思っています。

 

 

現在シーズン6まで
DVDがレンタルされていて、

待望のシーズン7が7月17日に
スカパーのスターチャンネルで
公開されました。

 

 

僕はスターチャンネルを
契約していないので、
最新シリーズはまだ見ていません。

 

 

DVDがレンタルされるまで
待とうと思っていますが、
今から本当に楽しみです。

 

 

ゲーム・オブ・スローンズは
莫大な制作費を投じている
ことでも有名で、

1話作るのに6億円も制作費を
かけているのだとか。

 

 

シーズン6に関しては1話作るのに
10億円もかけていたようです。

 

1シーズン10話ありますから、
シーズン6を完成させるだけで
100億円もかかっている計算になります。

 

 

とんでもない額です。

 

 

ゲーム・オブ・スローンズは、
海外では非常に有名で、

「SEX AND THE CITY」など
ヒット作を制作・放送してきた
ケーブル局HBOで人気No.1の
テレビドラマに
なっています。

 

 

人気キャラの名前を
子供につける人もいるのだとか。

 

 

しかし、日本では
相当知名度が低いです。

 

それがいまだに不思議です。

 

何か理由があるんだろうか…

 

 

確かに暴力シーンや
グロいシーンもありますし、

性的な描写も含まれているので
日本の民放では流せそうもないですが…

 

 

まぁ、それは置いといて。

 

 

登場人物の相関図とか
結構頭を使うので、

乱暴な言い方をすると
頭の悪い人はストーリーが
理解できないかもしれません。

 

 

と言いながら、僕は
ネットで相関図を見て
人物を理解しました(苦笑)

 

 

ゲーム・オブ・スローンズの
回し者的な発言はこれくらいにして。

 

なぜ今回ゲーム・オブ・スローンズの
話をしたかと言うと『ストーリー』の
重要性をお伝えしたかったからです。

 

 

これは海外ドラマに限らず、
映画やマンガでも当てはまりますが、

人が「面白い」と感じるのは、
土台にあるストーリーやシナリオが
しっかりしているからですよね。

 

 

莫大な制作費を投じたからと言って
必ず面白い作品ができるわけでは
ありません。

 

 

ゲーム・オブ・スローンズも
「氷と炎の歌」という小説が
ベースになっています。

 

 

その原作がベースにあって
シナリオが作られているので、

実に細かいところまで
作り込まれています。

 

 

このストーリー・シナリオが
しっかりしていないと、

いくら莫大な制作費を投じても
大して面白くない作品に
仕上がってしまいます。

 

 

単に映画やドラマの話に留まらず、
今回の話ってビジネスにおいても
非常に重要なことなのです。

 

 

例えばSNSのプロフィールや
自己紹介文を書く時も

「ストーリー」が非常に
重要になってきます。

 

 

その人がどのような経験をして
その経験からなにを考えて、

その結果なにを目的に
ビジネスをしているのか?

 

 

根幹にあるその人の
ストーリーが相手に共感を生み
心に響くメッセージになります。

 

 

プロフィールは簡略化して
見栄えの良い実績を
載せてもいいですが、

自己紹介に関しては
その人の「ストーリー」が
本当に重要です。

 

 

自己紹介の文章をを適当に
作っているとしたら、
本当にもったいないと思います。

 

 

日々、一生懸命書いている
記事や投函に興味を
持ってくれた人がいた場合、

その人はかなりの確率で
こちらのプロフィールを確認します。

 

 

プロフィールを見て

「この人、面白い!」

となるのか、

「なんかよく分からない人だな」

となるのか決まるわけです。

 

 

その違いは天と地ほどの
差があります。

 

 

プロフィールや自己紹介文、
手を抜いていないですか?

 

 

それでは非常に
もったいないですから

今一度、見直してみても
良いかもしれませんね。

 

 

と言うか、僕もしばらく
プロフィール変えてないから
そろそろ見直さなければ…

 

 

人のこと言えないですね。

 

 

それでは、また!


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です