情報ビジネスの限界!?結果を出すために必要な心構え

 

オガワです。

 

最近、活動していて
強く感じることがあります。

 

 

それは、

「人それぞれタイプが違う」

ということです。

 

 

あたり前過ぎて
ツッコまれそうな
話ではありますが。

 

ただ、この話って
多くの方が考えているより
深い内容だと思うわけです。

 

 

今まで色々な
ビジネスモデルを試してきて、

うまくいったものもあれば、
うまくいかなかったものもあります。

 

 

うまくいったものを分析していくと

「自分が得意だったことを
 活かしてビジネス展開ができた」

というのが挙げられます。

 

 

僕が「簡単」と
思っていることでも、

他の人にとっては難しいと
感じることってあるわけです。

 

 

逆に他の人からすると
簡単だと思えることでも

僕には難しいと
思えることも
あります。

 

 

そう考えるとビジネスの
難易度というのは
“相対的”なものなのだと。

 

「ある人には簡単でも
 ある人にとっては難しい」

 

これからビジネスを始める方に
関係してくる重要なポイントだと
思います。

 

 

僕もネットビジネスを
やってきて
気づいたことですが、

「ネットビジネスは簡単」だと
思って
取り組める人と、
そうでない人が
いることに
気づきました。

 

 

SNSやブログで情報発信を続けて、
メルマガやLINE@のリストを獲得し、

ステップメールで教育してから
自社商品を販売していく。

 

 

この流れを簡単だと
思える人もいれば、

難しくてできないと
感じてしまう人もいます。

 

 

育ってきた環境も違いますし、
得意不得意も違うので、

これは仕方がないことだと
思います。

 

 

根性論だけで

「やればできる」

と言える問題でも
ないのかなと。

 

 

今、情報ビジネスという
一つのマーケットが存在します。

 

 

簡単に言うと情報を売る
ビジネスモデルなのですが、

電子書籍、教材、スクールなどで
情報を高額で販売していきます。

 

 

そのビジネスモデル自体
違法ではありませんし、

僕もコピーライターとして
長くいた業界なので
一般の方よりは
詳しいと思います。

 

 

「こうやれば稼げる」

「この方法は誰でもできる」

 

という風に塾や教材が日々
販売されていくわけですけど、

情報商材を買ってうまくいく人って
想像以上に少ない。

 

 

結局『誰でも』はできないわけです。

 

 

塾の講師の方が
成果を出したやり方を

「こうすればうまくいく」

と教えたとしても、人によって
性格や特性が違うので実践しても
うまくいきにくいのです。

 

 

さらに、教材やオンラインの塾では、

「購入しただけで行動に移さない」

という人が非常に多いので、結果を
出す確率が大きく下がってしまいます。

 

 

このような情報ビジネスの
現状を見ていて、僕自身
大きな疑問を感じていました。

 

 

僕もネットビジネスの
スクールを開催してみましたが、

オンライン上だけの関係だと
なかなか思うような指導が
できません。

 

 

その辺りでもジレンマを
抱えていました。

 

「どうやったらお客様の
 結果を出すサポートができるのか」

 

これはインターネットビジネスに
限らず、コンサルティングなどの
仕事をしている人には外すことの
できない視点です。

 

 

そもそも僕の情報発信のテーマが

「スキメシ」

です。

 

 

つまり

「好きなことでメシを食う」

「好きなところでメシを食う」

「好きな人とメシを食う」

という意味をこめて
スキメシと表現しました。

 

 

僕に関わってくださる方が
どうやったらスキメシに
なっていくのか?

 

つまり好きなことで稼いで
人生を豊かにしていくことが
できるのか。

 

そこが僕にとって
最大の関心事になります。

 

 

ただ、好きなことだからと言って
稼げるビジネスになるとは
限りませんよね。

 

 

「好き」だけではダメなのです。

 

 

ビジネスに昇華させるためには、
商品、サービスを購入してくれる
マーケットも必要ですし、

ターゲットのニーズや
ウォンツも
必要です。

 

 

他社サービスと比べて、
見込み客に選んでもらうための
特長や独自性も大切になります。

 

 

そして用意する商品、サービスで
ビジネスを発展させるだけの
利益を確保できるのか。

 

 

さらにそのビジネスモデルを
取り組むにあたって、

自分自身にある程度の
適性があることも大切です。

 

 

このように一つのビジネスを
軌道に乗せるためには、
多岐に渡る視点が必要です。

 

 

確かに「好き」というのは、
活動を続ける上でアドバンテージに
なりますが、それだけで成果を
出せるほど甘くもないのです。

 

 

「好き」×「得意」×「マーケットが求めている」×「適切な利益を確保できる」

 

 

最低限これらの条件が
整っていなければ、

ビジネスとしては成立しないと
考えてもいいでしょう。

 

 

そして、ビジネスとして
取り組むからには結果を
出さなければいけません。

 

結果を出せなければ、
当然ご飯も食べられなくなります。

 

「スキメシ」の概念がいとも簡単に
崩れることになってしまいます。

 

 

ですから、僕も色々考えました。

 

「好きなことで稼ぎたい」と
考えている人達が結果を
出すためには
どうしたらいいのか。

 

 

ネット上だけで簡潔する
ビジネスモデルに捉われずに、

好きなことでマネタイズする
方法を研究していこうと。

 

 

そこで、僕の中で一つの
選択肢が出てきました。

 

それは「セミナー」です。

 

ネット集客とセミナーを組み合わせて
好きなことで稼ぐためのノウハウを
構築しようと考えています。

 

 

関わってくださった方が
結果を出せるように、
本気で関わっていきたい。

 

 

今、強くそのように
考えています。

 

 

今、親しくさせて
頂いている方に打診して、

セミナービジネスを
組み立てていくつもりです。

 

 

僕は定期的に動きが変わり
バタバタするタイプですが、

良い形で価値提供していきますので、
楽しみにして頂きたいと思います。

 

 

それでは、また!


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です