人がクレームを言いたくなる瞬間

 

オガワです。

 

やはり人間は体験するからこそ
分かることがありますね。

 

なんかここ数日トラブルに
見舞われている感じがします。

 

 

新しいことを始めようとすると
当然今までとは違う行動になるので
何かが起こるのは理解できます。

 

ただ、それにしても周りに
振り回され過ぎていると
痛感しますね。

 

 

直近で言うと、
次のビジネス展開のために
セミナーに出たり、

個別のコンサルティングを
お願いしたりしていたわけです。

 

 

しかしそれが
アダになった部分も

少なからずありました。

 

 

コンサルティングをしてくれる方が
約束の時間を2度も守らないという
謎の事態が発生したり。

 

 

それに怒って申し込んでいた
バックエンドのセミナーを
キャンセルしたのですが、

結構な額のキャンセル料が
発生したり。

※事業主向けのセミナーなのでクーリングオフ対象外

 

 

「サポートします」と言われても、
サクッと2度も約束を破られたら

安心してコンサルティングを
任せられないですよね。

 

 

プラスの結果を生むために
動いていたわけですけど、

ダメージを負いながら
前に進んでいる感じです。

 

 

しかし、こういうことを
経験すると、お客様視点で
色々なことに気づきますね。

 

 

あたり前の話ですが、
人は「蔑ろ(ないがしろ)」に
されると本当に腹が立つ
生き物なのだと感じました。

 

 

時間を守ってもらえなかったり、
相手に非があるのに謝罪がなかったり、

適当に対応されていると感じた時、
「なにそれ」と怒りがわいてきます。

 

 

振り返るとメンタル的に
結構なダメージを負った
一週間でした。

 

今回の失敗を
次に活かすしかないですね。

 

というより、そのつもりで
すでに動いてはいますが。

 

 

僕の場合、何かを始める際に
猛烈な勢いで情報収集を始めます。

 

完璧主義な一面も持っているので、
うまくいく“型”というかパターンを
落とし込まないと不安になるんですよね。

 

 

ですから、

「あっ、それやろう!」

と思った瞬間、すぐに
情報収集をスタートします。

 

 

こういったフットワークは
驚くほど軽いです。

 

 

ただ、情報ってあればあるだけ
良いということでもなくて、

実際に現場で活用できることが
重要になってくるわけです。

 

 

ですから、色々な人に
意見を求めすぎても
デメリットになる場合もあります。

 

人によっては、まともに
相談に乗ってくれないことも
ありますからね。

 

親しい間柄だと、
話を茶化されて終わる
場合もあります。

 

 

もちろん、相手も悪気が
あるわけではありませんし、

今までの培ってきた人間関係なので、
仕方がないと感じているわけですが…

 

 

僕もそういった経緯から
相談する人は慎重に
選ぶようにしています。

 

 

親しい友人、知人と言っても
ビジネスの相談をする場合は、

的確なアドバイスをされるとは
限りませんし、逆にモヤモヤが
残ってしまうこともあります。

 

 

お互いに時間を
ムダにしてしまうので、
良くありませんね。

 

なんならお金を払って
コンサルタントにアドバイスを
貰った方が有益だと思います。

 

 

結局、何かを相談する際は

誰に相談するのか

が最も重要です。

 

 

アドバイスを求める人次第で
結果も大きく変わってきますから。

 

仲が良いという理由だけで
安易にアドバイスを求めては
いけない。

 

それを再認識することが
できました。

 

 

「お客様を蔑ろにしない」

 

「誰に相談すべきか慎重に判断する」

 

 

あなたも、これらは徹底的に
守って頂いた方がいいと思います。

 

 

僕は今回マイナスを被りましたが、
良い経験ができたと思いますので
次に活かしていきます。

 

 

それでは、また!


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です