マイナスに考えて落ち込むよりプラスに活かすように考える

 

オガワです。

 

昨日、ちょっとした
トラブルが発生しました。

 

トラブルと言いますか、
情報伝達ミスと言いますか。

 

 

ある方にコンサルティングの
依頼をしていたのですが、

約束の時間になっても場所の
連絡がこなかったんですよね。

 

 

先方の会社に連絡しても
休みの日だったらしく
繋がりませんし、

メールを送ってもすぐには
返信が返ってきません。

 

 

つまり、どこに伺ったら
いいのか分からない状況で
待ちぼうけをくらっていました。

 

 

元々コンサルティングの
日時を先に決めていて、

場所については後ほど
連絡をしてくれることに
なっていました。

 

 

仕方がないので札幌駅付近で
待っていました。

 

すると、時間が過ぎてから
先方から連絡を頂けました。

 

 

正直、結構
イライラしていたわけですよ。

 

 

コンサルティング代金は
すでに支払っているのに
場所の連絡はこないし、

約束の時間を過ぎてようやく
連絡がきたわけですから。

 

 

「どうなってるんだ?」

と思うのが普通ですよね。

 

 

先方の言い分としては、

「用紙に記入していた
 電話番号を読み間違えていた」

というものでした。

 

 

それを聞いた瞬間は、

「えっ!?」

と思いましたね。

 

 

本音を言うと、

「いや、まず謝罪するべきでしょ」

と。そう思いました。

 

 

開口一番で言い訳されたので
その時はかなり印象が悪く
なりました。

 

 

電話が繋がらないなら
メールで事前連絡も
できたはずですし、

そもそも電話番号は、
違う書類にも書いているので
そちらもすぐに確認できたはず。

 

 

それなのに

「電話番号を間違えていて」

と言われても、

「ちゃんと確認してよ…」

と思ってしまいます。

 

 

ただ、そこからふと
考え方を改めました。

 

いや、そもそも
自分の字が汚かったことが
要因の一つになっていると。

 

 

いつも“自己責任”をベースに
考えるようにしていますが、

今回は他者責任で考えて
しまいましたね。

 

 

良くなかったと
反省しています。

 

僕は、考え方次第で
人生は大きく変わると
思っています。

 

良いと思えることもあれば
悪いと思えることもありますよね。

 

 

しかし、不思議なことに
同じ出来事が起こったとしても、

それをポジティブに受け取る
人もいれば、ネガティブに
受け取る人もいます。

 

 

結局は、その人の考え方で
結果も人生の幸福度も
変わるのだと思います。

 

 

だったら、
マイナスに捉えるよりも

プラスに捉える回数が
多ければ
人生はもっと
良くなっていきそうです。

 

 

自己啓発やスピリチュアル的な
考えになってきそうですが、
そのように思います。

 

 

僕も、何かが起こった時に
ネガティブに考えて
落ち込むのではなく、

プラスに考えて次に
活かすように心がけていきます。

 

 

しかし…

 

字がキレイになる自信が
まったくありません。

 

 

改善策はまったく思い浮かばず…

 

 

それでは、また!(苦笑)


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です