「只より高いものはない」は本当なのか?

 

オガワです。

 

本日は、ブログ仲間の
メンバーとランチ会でした。

※ブログメンバーの皆さん

 

写真左「藤本研一さん」の
作文教室ゆう

 

写真中央「大友真紀子さん」の
実証 365日のブログ発信で人生が変わるか

 

写真右「千田涼介さん」の
チダのイチダイジ!!

 

 

京王プラザホテルの
ランチビュッフェに
行ってきたのですが、

雰囲気も良くて
料理も美味しくて
満足できました。

 

ブログ仲間とは割と久しぶりに
会ったのですが、毎日のように
お互いのブログを見ているので
全然久しぶりな感じがしません。

 

 

僕は昨年、板坂裕治郎さんの
ブログセミナーに参加して

「一年間毎日ブログを書こう」

と決めて書き続けてきました。

 

 

今から約10ヶ月ちょっと前の
2016年9月9日に開始したので

あと1ヶ月半ほどで
1年達成ということになります。

 

 

長かったようで、振り返ると
あっという間だった気がします。

 

もちろん、
まだ1ヶ月半ありますから

達成まで気は抜けないですけど。

 

でも今までコツコツと
積み上げてきた価値は
あったと思います。

 

 

お互い365日達成に向けて苦悩を
分かち合っている仲なので、

話の通じるレベルが違います。

 

こういう仲間と会える機会は
本当にありがたいと思います。

 

 

今回、話をしていて

「やっぱりそうだよな」

と感じたところがあります。

 

 

それは、

「成果を出している人ほど
 コンサルタントにお金を
 払って
アドバイスを貰っている」

ということです。

 

 

先輩社長も月に何十万も払って
敏腕コンサルタントに
アドバイスしてもらっています。

 

そしてその敏腕コンサルタントの方も
3人のコンサルタントからアドバイスを
貰っているのだとか。

 

 

実際に、そういう方は
稼いでいる額も大きですし、
知識の量も半端ないです。

 

こういうのを見ていると
我流の限界を感じます。

 

 

やはり第一線で活躍してる方に
お金を払ってアドバイスを
してもらった方がいいんだなと。

 

 

そう強く感じます。

 

 

これは理解できない人には
全くピンとこない
話かもしれませんが、

無料の限界というものが
あると思います。

 

 

無料情報ばかりを集めたり、
無料で全てを済まそうと
していると、結果大きく
遠回りをすることになります。

 

 

自分で一から試行錯誤
しているわけですから
時間が掛かって当然です。

 

その辺りを理解しないと
時間をムダに浪費してしまい
結果、損をするはめになります。

 

 

“無料”と聞くと
お得そうに感じますが、

実際そんなことはない
ということですね。

 

 

さらに、同じ情報を受け取っても、
無料と身銭を切っているのとでは、

吸収力や実行力に
大きな差が生まれます。

 

 

人間は本質的に代償を払わないと
何かを得ることはできないのだと
感じたりするわけです。

 

 

この辺りの価値観は、
分かる人と分からない人がいて、

厳しい言い方をすると
分からない人は大した成果は
出ていないはずです。

 

 

もしかしたら、無料情報だけで
成功した人もいるかもしれませんが、
少なくとも僕の周りには皆無です。

 

 

あなたは、お金を払っている
メンターやアドバイザーはいますか?

 

もし仮に「無料が一番」と
思っているのであれば、
その考えは黄色信号かもしれません。

 

 

僕も昔は、

「只より高いものはない」

という言葉の意味を
まるで理解していませんでした。

 

 

「えっ、無料の方がいいじゃん」

って思ってましたから。

 

でも今は、この言葉が
正しかったと強く思っています。

 

 

一流の人から良質な情報を
定期的に仕入れることができる。

 

そんな環境作りが
非常に重要だと感じました。

 

 

僕も日々勉強していますが、
まだまだだなーと感じています。

 

次のステップに進むためには
環境作りは本当に大切ですね。

 

 

それでは、また!

 

 

▼オガワの公式メールマガジンに登録すると、ネットビジネスで稼ぐためのノウハウが手に入ります。こちらもご登録ください。

オガワコウジのメールマガジン『スキメシナビ』へのご登録はこちらをクリック!


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です