バスの運転手が食えなくなる決定的な理由とは

 

オガワです。

 

本日も札幌は暑いです。

 

何やら20年ぶりに
10日連続の真夏日なんだとか。

 

どうりで家にいると
汗がふき出すわけです。

 

早々にカフェに避難してきました。

 

しかし、カフェに行くと
逆に冷房が効きすぎてて
寒くなるんですよね。

 

その気温差で最近は
少しバテています。

 

 

さて、別に暑い繋がりでは
ありませんが、本日興味深い
記事を見かけました。

 

暑い沖縄でバスの自動運転が
11月から実験開始になるようです。

 

いよいよここまできたか、
という感じですね。

 

 

以前のブログ記事で、ロボットと
人工知能(AI)によって

人間の仕事が奪われていく
という話をさせて頂きました。

今後『価値の上がる仕事』と『無くなる仕事』

2016.10.28

 

 

それがいよいよ現実味を
帯びてきました。

 

どうやら2020年の
東京オリンピックまでに
実用化を目標にしているようです。

 

 

このような情報に
アンテナを立てていないと、

「本当にそんなこと実現するの?」

と半信半疑になると思います。

 

 

実際、日々天才と言われる
研究者の方達が実用化に向けて
知を結集させているわけです。

 

遅かれ早かれ
自動運転の車やバスが
道を走ることになるでしょう。

 

 

イノベーションって本当に
影響力が凄くて、今までの
常識を簡単にひっくり返して
しまうんですよね。

 

 

CDが誕生してレコードが
売れなくなりました。

 

iPodが登場して
CDが売れなくなりました。

 

 

メールが登場して手紙の
使われる機会が減りました。

 

LINEが普及したことで
次はメールが使われる
機会が激減しています。

 

 

他にも携帯電話が普及して
公衆電話の台数が大幅に
減りました。

 

スマホが普及したことで
ガラケーの販売台数も
大幅に減りました。

 

 

農業の分野でも昔は
家族総出で田植えや収穫を
していたのに、今は機械が
大部分の作業をしてくれます。

 

 

電子マネーが広まって
現金を持ち歩く人も減りました。

 

次は仮想通貨が広まることで
通貨の国境が無くなるでしょう。

 

数年後には、日本人の多くは
「円」の他に仮想通貨を使って
買い物を楽しんでいるはずです。

 

通貨の電子化が進むにつれて
財布を持ち歩く必要性すら
無くなるのでしょう。

 

 

技術が進むと手にチップを入れて
何も持たなくても電子上の決済が
出来るようになるかもしれません。

 

 

そんな未来が高確率で
やってくると
僕は考えていますし、

実際に着々と技術が
実用化されています。

 

 

もう待ったなしです。

 

 

時代の流れは誰にも
止められません。

 

 

10年前は、スマホなんて
ありませんでした。

 

10年後のスマホは、
きっと今と違う形をしています。

 

手に埋め込まれているかも
しれませんし、恐ろしいほど
小型化しているかもしれません。

 

 

そんなエキサイティングな時代に
僕たちは生きているのです。

 

 

どうせ僕らが何をしていても
世の中の天才たちが勝手に
イノベーションを起こして
くれるのです。

 

 

せっかくこんなに楽しい時代に
生まれてきたのだから、全力で
楽しまないと本当に損です。

 

 

今、不景気だ不景気だと
言われていても、

戦国時代の日本みたいに
明日戦で死ぬようなことは
ありません。

 

 

少なくても今このブログを
見ているあなたは、明日
餓死したり戦で死ぬことは
ないと思います。

 

 

つまり、昔と比べると
現代は良くなっている
ところが沢山あるのです。

 

未来は沢山の可能性で
満ち溢れています。

 

だからこそ、未来に悲観せず
自分の成し遂げたいことに
没頭していきたい。

 

夏の暑さのせいなのか、
そんなことを考えてしまいました。

 

 

偉そうなことを言っていますが、
今、カフェに引き籠りながら
ビアガーデンに行きたい欲求を
抑えるのが大変なオガワなのでした。

 

 

それでは、また!


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です