仮想通貨のICOの勧誘が加熱しているが「確実」という表現は大丈夫なのだろうか…

 

オガワです。

 

相変わらずいつものカフェで
粛々と作業しています。

 

引き籠り生活も半年経てば
だいぶ慣れたものです。

 

今後は、引き籠り生活の
良いところを
維持しつつ

効果的な露出をしていこうと
思っています。

 

 

実は本日、カフェで作業している時に
気になる話が耳に飛び込んできました。

 

仮想通貨(暗号通貨)の話です。

 

二つ隣に座っていた人が
電話で、結構大きめの声で
話をしていました。

 

 

おそらく仮想通貨を紹介した
お客さんと話をしていたのでしょう。

 

ただ、話の内容でとても
気になった言葉がありました。

 

「一日7億円も購入者がいるんだよ。
 ということは今から買っておけば
 もう“確実”ってことだよね」

 

「正直、買わない人は
 “はんかくさい”としか思えない」

 

こんなような話をしていたわけです。

 

 

その時「ん!?」と思いました。

 

 

「今から買っておけば確実」

とか

「買わない人は、はんかくさい」

とか言って大丈夫なのだろうか。

 

 

聞き耳を立てていると
(勝手に聞こえてくるので)

その仮想通貨にのめり込んでいる
感じが伝わってきます。

 

 

確かにその仮想通貨は、
資金も集まっていてうまくいく
確率は高いのでしょう。

 

でも盲信的になり過ぎるのは
本当に危険ですよね。

 

特に「確実」って言葉は
投資ではご法度です。

 

今回のように誰が聞いているか
分からないですからね。

 

 

勧誘している側は
あまり意識せずに使っている
言葉なのかもしれないですけど。

 

世の中に確実な投資案件なんて
存在しないわけですし。

 

仮想通貨って本当に
沢山の種類があって、

むやみに飛びつくと
投資した資金が全てぶっ飛ぶ
可能性もありますからね。

 

ICOだからと言って
何でもかんでも
稼げるわけではありません。

 

 

どんな事業も新規立ち上げは
リスクが高いわけですから、

話を鵜呑みにするのは
本当に危険なんですよ。

 

 

僕も投資した案件は、
資金が全て溶けるリスクを
考えています。

 

 

なんか最近の傾向を見ていると

「たくさんお金が
 集まっているから凄いだろ」

みたいな風潮がある気がします。

 

 

確かに資金が集まっていると
価格も上がりますし、初期で
投資している人は稼ぎやすいのでしょう。

 

でも、会社が飛ぶかもしれませんし、
予期せぬトラブルで取引できなく
なるかもしれません。

 

 

それなのに「確実」なんて
言葉を吐いてしまうのは、
いかがなものだろうなと。

 

 

今までたくさん勧誘され過ぎて
その光景に辟易している自分が
いますね。

 

僕も今まで散々
勧誘してきましたから
人のことは言えないですけど。

 

 

そもそも僕は、隣で話をしていた
仮想通貨は大っ嫌いなので
絶対に買わないですけど。

※仮想通貨全般を否定しているわけではありません。

 

 

横で話を聞いていて
より一層嫌いになりました。

 

 

もう超アンチです。

※友人でもその仮想通貨をやっている人がいて、その方達は嫌いではないのですが。

 

 

自分自身がモラルのない
勧誘をしたことがあるので

「もう二度としない」

と心に固く誓いました。

 

 

真っ当にビジネスをして
真っ当なセールスをします。

 

 

仮想通貨のマーケットは、
これからも伸び続けるのは
間違いありませんから、
動向は気になるところです。

 

 

最近はネットビジネスに
力を入れているので、そっちの
情勢には疎くなっていますが、

どうかモラルのある仮想通貨が
一般市場に広まってほしいと
願うばかりです。

 

 

でもしばらくは、変な仮想通貨が
たくさん出てくるんだろうな。

 

その中でも良い仮想通貨を
選べる目を養いたいものです。

 

 

あなたも気をつけてくださいね。

 

 

それでは、また!


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です