人はいつ死ぬか分からないから悔いの残らないようにしよう

 

オガワです。

 

小林麻央さん、
亡くなられたんですね…

 

 

気の利いた言葉は
なにも言えませんが、

小林麻央さんが亡くなったのは
すごくショックです。

 

 

僕の以前の記事を見た方なら
すでにご存じだと思いますが、

僕は高校3年生の時に、
母を乳がんで亡くしています。

 

 

乳がんから全身に転移して、
そこから回復することは
ありませんでした。

 

 

小林麻央さんを見ていると
とても他人事には思えず、

「なんとか回復してほしいな」
と思っていました。

 

 

でも時折ブログや
ニュースを見ていると、

体調が思わしくないのは
伝わってきていました。

 

 

それに若い人ほど癌の進行は
早いと言われています。

 

 

小林麻央さんはまだ34歳でしたから、
癌の進行も早かったのでしょう。

 

 

それでも前向きに癌と
闘っている小林さんの姿は
尊敬に値するものでした。

 

 

周りで支えている方達も一緒に
病気と闘っていたのだと思います。

 

 

心中お察し致します。

 

 

でも34歳って…

 

 

本当に残念でなりません。

 

 

僕の母は43歳で亡くなりましたが
それよりも10歳近く若くして
この世を去ることになるなんて。

 

 

高校3年生の僕ですら、
深い悲しみに暮れていたのに、

小林麻央さんのお子さんは
まだ5歳と4歳。

 

 

僕も母が闘病生活を送っていた時、
自分の無力さに絶望感を覚えました。

 

 

亡くなってからしばらくの間は
悲しみに押し潰されそうに
なっていました。

 

 

あのツラさを幼いお子さんが
味わうのかと思うと、
涙が込み上げてきます。

 

 

本当に、人はいつ死ぬか分かりません。

 

 

もちろん、すぐに
死ぬつもりはありませんが、

それでも何が起こるか
分からないのが人生です。

 

 

もしかすると、僕も
明日交通事故で死ぬ可能性が
あるわけですからね。

 

 

いつ死ぬか分からないからこそ
悔いの残らない人生にしたいなと。

 

 

そう強く思っています。

 

 

やりたいことを貫いて、
いつ死ぬとしても
後悔のないようにする。

 

 

今できることを全力で取り組む。

 

 

周りから押し付けられた価値観に
振り回されるのではなく、
自分の幸せを追求する。

 

 

そう改めて心に誓いました。

 

 

小林麻央さん、
ご冥福をお祈りしております。

 


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です