【玄人向け】オウムに洗脳されかけました!アレフの覆面ヨガ教室で体験したことを全て暴露します!

 

▼【後編】オウムに洗脳されかけました!アレフの覆面ヨガ教室で体験したことを全て暴露します!

【後編】オウムに洗脳されかけました!アレフの覆面ヨガ教室で体験したことを全て暴露します!

2017.06.18

 

================
※記事を読み進める際の注意事項
================

 

今回の記事は、
アレフの覆面ヨガ教室に関して、
玄人向けの内容になっています。

 

前回の後編よりも
深く突っ込んだ話です。

 

 

先にお伝えしますが、
初めて見る方にとっては、

不快に思ったり、怖いと
思うこともあるかもしれません。

 

その点は予めご了承ください。

 

 

信者が教団から離れられない理由

 

覆面ヨガ教室で
一通り座学を受けると、

あることに気がつきます。

 

「真理を実践しなければ、
 三悪趣(地獄、動物、餓鬼)に
 落ちてしまうかもしれない」

 

これは大きな恐怖心となって
参加者の心に突き刺さります。

 

三悪趣に落ちたくない。
そしてより高い世界に転生したい。

 

そう考えてしまうと、
真理から離れるのが
怖くなるのです。

 

 

この辺りは覆面ヨガ教室に
参加したことのある人でなければ
イメージしにくいと思います。

 

 

バカバカしいと
思うかもしれませんが、

凡夫(一般人)は地獄に
落ちると本気で思っていますし、

 

私のように体験談を
公開したいと思っても、

アレフ(オウム真理教)の
イメージが悪すぎるので
周りの目を気にしてしまい、

結局、自分の胸に
しまい込んでしまいます。

 

 

そして、教団に入らないと
グルとの霊的なパイプも切れる。

 

 

そうなると、自分だけで
修行しても成果が出るまでに

何千生、何万生という人生を
修行に費やさなければいけない。

(この辺りの根拠も不明ですが)

 

 

最短で高い世界に
転生するには
グルを信じ、

霊的なパイプがある教団で
修行をするのが一番の近道になる。

 

というのがI先生の主張でした。

 

 

さらに真理の実践を
する人の
邪魔をすると
大変な悪業に
なるようです。

 

アレフの教えだけを
真理だとするなら
私は地獄行きですね。

 

 

でも、もし関係者が
このブログを
見ているとしたら
逆に問いたい。

 

 

誤った真理を
普及させている団体で

真理を広めてしまっても
大変な悪業になるのですよね?

 

 

麻原氏が真理勝者ではなく、
アレフの教えが
誤っているとしたら?

 

 

その可能性を
選択肢に入れないのは、

一体なぜなのでしょう?

 

 

「麻原氏は絶対」

「アレフの教義が最高」

「アレフの教えは完全無欠」

 

 

なぜ、そう言えるのでしょう?

 

 

私は不思議で仕方がないです。

 

 

経典に書かれているから?

 

 

これも冷静に
考えてみてください。

 

 

真理や悟り、
そして修行の体験などは、

言語化するのが極めて
難しい部分があります。

 

 

その言語化が難しいものを、
二千年も前にお釈迦様が
『書いたと言われる』経典を
基に解釈しているわけです。

 

 

でもなぜ、経典が本物だと
言い切れるのですか?

 

読み解いている経典が
もしかしたら偽物かもしれない。

 

 

そして、経典の解釈も
人によって様々です。

 

その様々な解釈にプラスして
色々な人を経由して情報が
耳に届いているのです。

 

 

果たしてこの状況で、
正しい情報を得ていると

絶対的な確信を持って
言うことができますか?

 

 

解釈が分かれているから、
世の中にはこれだけ多くの
宗教があるのですよね。

 

 

では、なぜ教団の教えだけが
正しいと言い張れるのでしょうか?

 

 

一説には、お釈迦様は
輪廻などを説いていない
という説もあります。

 

私もお釈迦様の時代のことは、
正確には分かりません。

 

 

しかし、人づてに聞いた話で
すべてを鵜呑みにしてしまう。

 

 

これって完全な
思考停止状態だと思います。

 

 

違いますかね?

 

 

信者が教団に限界までお金を出す理由

 

真理の実践で
特に重要だと言われるのが、
『布施』と『自戒』です。

 

なぜこの二つが重要だと言われるのか?

 

まず一つ目は、
布施は『功徳』を

積むことができるからです。

 

功徳とは現世の願望を叶えたり、
高い世界に転生するための
ガソリンのようなものです。

 

 

どんな高級車もガソリンが
なければ動かないように、

功徳というエネルギーが
なければ願望も成就しないし、
高い世界にも行けません。

 

 

ですから、功徳を積むために
信者は率先して布施をするのです。

 

特に自分より霊的ステージが
高い存在に行う布施は、多くの
功徳が積めると言われています。

 

 

アレフの考えでは、
麻原氏は
解脱・悟りに
到達した絶対者ですから、

より多くの功徳を積むために
麻原氏に限界まで財産を
布施していたと考えられます。

 

 

さらに、財産を布施すると
麻原氏と「カルマ交換」が起こります。

 

 

つまり、自分が積んできた
悪いカルマ(悪業)は、

布施を行うことで
絶対者が引き受けてくれると。

 

 

徳も積めて、悪いカルマは
引き受けてもらえる。

 

 

さらに現世で最も執着を
生み出すのがお金です。

 

お金に執着しているうちは、
高いステージに至ることは
できない。

 

布施をすることで
お金の執着を手放し、

煩悩を無くすことにも
繋がります。

 

 

「功徳を積む」+「カルマ交換」+「煩悩破壊」

 

 

布施の効果は
一石二鳥に留まらず、

一石三鳥とも言えるほど
効果的だと
教わるのです。

 

これらの理由で信者は、
教団に対して限界まで
布施を行うことになるのです。

 

 

ネットに書いてある情報は全て嘘!?

 

教団関係者は、

 

「ネットに書かれていることは全て嘘だ」

 

「脱会者のブログや記事は
 修行から脱落した者の言い訳」

 

と言います。

 

 

おそらく本気でそう信じています。
しかし、この見解も微妙過ぎです。

 

確かにネットは匿名性が高いので、
嘘の情報も沢山あるとは思います。

 

ネットに書かれている情報が
全て本当だとは思いません。

 

しかし、全て嘘だとも
言えないはずです。

 

 

それなのに、

「ネットの情報は信じるな」

 

これは都合のいいように
解釈しているとしか言えません。

 

 

前の記事でも言いましたが、

「信じたいから信じている」

レベルです。

 

 

確かに長年信じていたものが
誤りだったと言われたら、

誰でも心に反発の気持ちが
起きると思います。

 

 

それは理解できます。

 

 

私もネットワークビジネスで
同じような気持ちに
なったことがありますから。

 

 

しかし、
事実を受け入れなければ、

いつまで経っても本質には
到達しないと思います。

 

 

はたして教団にいる信者の中で、
どれだけの人が事実を客観的に
判断しているのでしょうか。

 

 

色々調べていくうちに

「はっ?マジで?」

と思うことも
いっぱい出てきました。

 

 

これは覆面ヨガ教室で
教わる内容ではありませんが、

“左道タントライニシエーション”
とか本当に意味不明ですよ。

 

左道タントライニシエーションとは、
麻原氏が若い女性信者に性行為で
エネルギーを注ぎ込むという修行?です。

 

 

ヨガの戒律には「不邪淫」
というのがあります。

 

簡単に言うと「性行為」や
「自慰行為」の禁止ですね。

 

なのに、麻原氏は教団内で
ハーレムを築いていました。

 

 

麻原氏は最終解脱者で
戒律も
超越しているから、

若い女性を高いステージに
導くためのイニシエーションを
しなければいけない。

 

という理屈らしいですね。

 

 

ほんと「最終解脱者」って
何でもアリなんだなと。

 

 

「戒律関係ないじゃん」

思ってしまうのは
私だけでしょうかね?

 

 

麻原氏のハーレムは
延べ30人ほどいたとされ、

実際に出家信者との間に
子供が何人も生まれています。

 

この事実を見てなにも疑問に
思わないんだろうか。

 

そもそも知らないのかな…

 

 

札幌のアレフ信者について

 

これは札幌に限った
話かもしれませんが、

アレフ信者には、
ネットワークビジネス最大手
アムウェイのメンバーが多いはずです。

 

もしくは元メンバーです。

 

 

これも相当な爆弾になりますね。

 

 

実際に私を勧誘した女性も
アムウェイでビジネス経験が
ある方でした。

 

 

Kさんはアムウェイの
メンバーにも
ヨガの話を
していると言っていたので、

水面下で広まっている
可能性は
高いと思います。

 

 

アムウェイに限った話ではありませんが、
ネットワークビジネスで夢を描いて
ビジネスを頑張っている方は、
だいたい途中でめげます。

 

 

「これで夢が叶う!」

と思ってビジネスを始めたのに、
うまくいく方は、ほんの一握り。

 

 

成功を夢見て頑張っていたのに、
それが叶わないと思った時の
喪失感は大きなものです。

 

私もその経験があるので
よく分かります。

 

真理の話は、挫折感を
味わっている時ほど
よく響くものです。

 

 

アムウェイの中でどれだけの
広まりを
みせているか
分かりませんが、

女性を中心に広がっていると
考えて間違いないと思います。

 

心当たりのある方は
ご注意くださいね。

 

 

客観的に考える重要性

 

長くなりましたが、
そろそろ話をまとめていきます。

 

これは覆面ヨガ教室に
通ったことがある方向けの
メッセージになります。

 

 

私は、アレフでヨーガを
行うことについて二つの
ポイントがあると思います。

 

 

‐麻原氏は絶対者なのか?
‐サリン事件は陰謀なのか?

 

 

前の記事にも書きましたが、
ここは冷静に考えた方がいいです。

 

 

もし仮に
麻原氏が絶対者であれば、

コーザル世界に干渉して
現象を
思いのままに
動かせるということです。

 

 

しかし、物理学者や
数学者の見解では、

『不確実性原理』と『不完全性定理』

によって完全無欠の絶対神は
いないと考えられています。

 

 

簡単に言うと、目に見えない
素粒子や光の粒子の動きは、

現代科学のどのような方法を
用いても正確には計測できません。

 

 

それが正確に測定できて、
操ることができるとしたら、
因果を操れることになります。

 

しかし、それは不可能。

 

それができるなら、
この世のどのような現象も
操れるということになるでしょう。

 

 

もし仮に麻原氏が
解脱、悟りをひらき、
絶対者になっているのであれば、

粒子レベルの因果関係を
操ることも可能です。

 

 

絶対者は人間の肉体を持った
神のようなものですからね。

 

そうなれば、当然刑務所からも
簡単に出てこられる話になります。

 

因果を操れるって
そういうことですからね

 

しかし現実はどうでしょう。

 

事実を調べていけばいくほど、
麻原氏が絶対者でないという
結論になっていくはずです。

 

 

元幹部や高弟の証言では、
麻原氏は予言も外しているし、
間違えることも度々あったと。

 

絶対者だったらそんなこと
あり得ないですよね。

 

 

そしてサリン事件。

 

 

サリン事件は
麻原氏の指示ではなく、
陰謀論だという話です。

 

しかし脱会した幹部や高弟は、
麻原氏の指示で行ったことを
認めています。

 

 

これに対して、

 

「サリン事件は麻原氏が
 弟子を
試すために行った試練」

 

「脱会した幹部は麻原氏の出した
 試練に耐えられなかったから」

 

 

そのようなことを
本気で思っているなら、
もっと考えた方がいいです。

 

 

弟子に試練を与えるために
サリン事件を起こすなんて
そもそも意味不明ですよ。

 

 

それに幹部や高弟であれば、
麻原氏から
直接認められた
レベルの高い修行者なのですよね?

 

つまり一定水準以上の
厳しい修行をクリアし、

苦痛や辛さにも
強い耐性がある方達です。

 

そんな方達が試練に
耐えられなくて脱会って
おかしくないですかね?

 

 

さらに幹部や高弟の人は
麻原氏と間近で接していますから

末端信者よりも麻原氏を
よく理解していたでしょう。

 

サリン事件のことも
比べものに
ならないくらい
理解していたはずです。

 

 

そのような方達が
ごっそり脱会しているのです。

 

そして大多数が犯行を認め、
麻原氏からの指示だと
証言しています。

 

 

これらの事実を見ると
「麻原氏絶対者説」は
おかしいと思いません?

 

 

そのことも踏まえて
教団側の話に矛盾がないか

しっかりと考えた方が
いいと思います。

 

私は、教団側の主張には、
矛盾があり過ぎると思いますよ。

 

 

この辺りは、実際に真理の話を
聞いたことがある方でなければ
ピンとこないと思いますが、

重要な内容だと思ったので
お伝えしました。

 

 

自分で言うのもなんですが…

 

実体験を交えて
ここまで分かりやすく、

オウムの覆面ヨガ教室について
書いている記事は珍しいと思います。

 

 

いつも通り嘘はなしです。

 

 

1000%本当だと
思っていることを書きました。

 

 

もし現役信者の方がいたら、

 

「このブログは見るな」

 

「このブログに書いていることは嘘だ」

 

「オガワは所詮真理の道から外れた
 徳のない魂だから信じるに値しない」

 

とか言うのだと思います。

(すでに言ってる可能性もありますが)

 

 

いや、分かる人が見たら
このブログに書いていることが
全部本当なのはすぐ分かります。

 

それでも「オガワは悪魔だ」
とか言われるんだろうなー。

 

 

読者の皆さん、
オガワは悪魔らしいです。

 

自分が悪魔だったことは
今まで知らなかったです。

 

 

でも覆面ヨガ教室に
通っている時、

I先生からこんなことを
言われました。

 

「沢山の生徒さんを受け持っているけど、その中でもオガワさんはすごく資質がある」

 

私が悪魔なのであれば、
この発言はウソなのかな…

 

 

私に覆面ヨガ教室のことを
教えてくれた知人も

「私も同じこと言われましたよ」

と言っていました。

 

 

んー、どうやらみんなに
言ってるらしいですね。

 

その言葉に浮かれていた
自分が恥ずかしいです。

 

ほんと知らないって恐いですわ。

 

 

では、そろそろ締め括りますね。

 

 

ここまでの話を書くにあたって
参考にしたサイトや動画の
リンクも貼っておきます。

 

 

ーーーーーーーーーーー
参考サイト一覧
ーーーーーーーーーーー

▼元オウム教団幹部 野田成人のブログ
http://alephnoda.blog85.fc2.com/blog-entry-616.html

 

▼ひかりの輪 上祐氏のオフィシャルサイト
http://hikarinowa.net/public-info/selfsearching/overview/

 

 

麻原氏を間近で
見てきたオウムの幹部が、

当時のことについて語っています。

 

麻原氏の側近だった方達ですから、
非常に言葉に重みがあります。

 

書いてる内容は難しいですが
参考になると思います。

 

 

ーーーーーーーーー
参考動画
ーーーーーーーーー

▼オウム信者の脱洗脳を行った苫米地博士の動画
https://www.youtube.com/watch?v=qgWRTfhtbEM

 

▼1/8【仏教】釈迦の悟った内容 – 苫米地英人
https://www.youtube.com/watch?v=6U9EURzHXQg

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
小川が勧誘の際に見せられた資料
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

まとめ

 

では、今までの話をまとめます。

 

・オガワが参加した体験会は公民館を使っていた(参加者女性9割)

 

・体験会の次は、個別の覆面ヨガ教室に誘導される。

 

・覆面ヨガ教室は勧誘者のマンションで行われる(そうじゃない場合もあると思います)

 

・座学と言われて約2時間の講義を10数回受ける。

 

・人によっては数回でクロージングをかけられることもあるらしい。どうやらI先生は、生徒の反応を見て、クロージングのタイミングを変えている様子。

 

・覆面ヨガ教室の参加費は一回2,000円。

 

・覆面ヨガ教室では、チャクラ、宇宙の仕組み、カルマの法則、六道輪廻、功徳、十戒、ニルヴァーナ、絶対神シヴァ、グルの絶対性、陰謀論(フリーメイソン・イルミナティ)などの話をされる。

 

・覆面ヨガ教室では他に参加者もいるが、基本人柄の良い人が多い。

 

・女性の割合が多い。年齢層は20〜30代くらい。

 

・覆面ヨガ教室のI先生のクロージング力は半端ない。

 

・札幌では、ネットワークビジネス最大手アムウェイのメンバー間で広まっている可能性が高い。特に若い年齢層。

 

・関係者は、布教のためなら平気で嘘をつく。

 

・インターネットの情報はウソだと情報遮断してくる。

 

・洗脳されかけて分かったのが、洗脳されている本人は洗脳されていることに気づかない。ゆえにどっぷり洗脳された場合、抜け出すのは困難だと思われる。

 

・仕事やプライベートでうまくいっていなかったり、メンタル的に落ち込んでいたりする場合、覆面ヨガ教室のアプローチはより響くのだと思われる。

 

それでは、これらを基に
私の考えをお伝えしますね。

 

・真理を探究するのは、その人の自由だと思っています。日本には信仰の自由がありますし。ただそれがアレフである理由はないと思っています。

 

・麻原氏不在の今は、アレフも過激なことはしないと思います。ポアの指示をする命令系統がないので。

 

紹介者と話をした印象だと今回私が書いているような内容は、ほとんど知らないのだと思います。つまり末端信者は、事実をきちんと把握していないと思われます。教団上層部も、過去の事実は末端信者には隠していたいでしょうから、本当のことは言わずに信者を獲得し続けるのだと思います。

 

・私がこのような記事を書いているのは、覆面ヨガ教室のやり方が嫌いだからです。ですから多くの方に事実を知ってほしいと思いました。

 

・ご理解頂きたいのは、宗教全般を批判しているわけではないということです。

 

これだけの内容を公表するのは、
とても勇気がいることです。

 

ここまでの話で、
なぜ覆面ヨガ教室のことを
実名で赤裸々に語る人が少ないのか。

 

その理由は
ご理解頂けたと思います。

 

 

そして私から言えることは
すべて出し切ったので、

「Kさんは誰?」とか
「I先生の名前は?」とか

これ以上の詮索は
しないでください。

 

 

内容は個人情報を守った上で
ギリギリのラインで
止めていますので。

 

別にアレフ信者を
個人攻撃したいわけじゃないですし。

 

 

ただ、アレフの覆面ヨガ教室で
言ってる教団側の主張が、

どうしてもおかしいと思ったので
書かずにはいられませんでした。

 

 

今回の記事で一人でも
「参考になった」と

思ってくださる方がいたら
嬉しい限りですね。

 

 

 

さて、ここまで
散々言いたいことを
言わせて頂きましたが、

 

最後に一言…

 

 

 

うおぉぉーーー!!

 

 

 

批判こえぇーーー!!!(苦笑)

 

 

麻原彰晃氏の死刑執行に関して思うこと&アレフ信者に伝えたいこと

2018.07.11

洗脳されやすい人の3つの特徴!アレフが30周年イベントで札幌で勢力拡大中!

思考停止に陥った人間の末路!アレフにハマりかけている人に向けてのメッセージ

アレフが違法勧誘で家宅捜索!水面下で洗脳しているみたいですね(2017年11月13日)

 


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


47 件のコメント

  • どうやって抜けたのですか?
    通っているものです。
    本当にそのまんまで笑っちゃいました。

    • 基本的にはブログに書いている通りです。
      あとは多角的に情報収集しました。

      オウムの脱洗脳を行った苫米地博士の動画、脱会した信者や元幹部の記事などを調べて、自分なりの仮説と結論を出していきました。

    • ありがとうございます!
      正直、この記事を公開する時は、すごくビビッていました。

      でも今は多くの方の役に立っているようなので、勇気を出して書いて良かったです。
      コメントありがとうございました!

  • 私は近日都内でまさに小川様のお話されてる事に近い経験をした者です。
    アレフ関連のヨーガかははっきり聞いていないので不明ですが、小川様がお話しされている内容に当てはまるものがあり、かなり怖くなりました。
    私は聖者に会える教室があると勧誘され、少し怖さを感じ、即決する事は避けました。

    しかし私も心が弱っており、洗脳される要素があったので、危うく調べずに、とりあえずという気持ちで行ってみようかなと考え始めていたところです。
    (まず入会金含め2万円〜取られるようだったので、かなり悩みましたが、危なそうだったら行くのやめればいいかなと考え始めていました。行くのをやめてもそのお金は布施だから戻ってこないと言われ、不信感募りまくりではあったのですが。)

    なので、この記事に出会えて本当に良かったと思います。
    (ちなみに2万円というのは半年分の金額プラス入会費だそうです)

    しかし、似たような事を言っていてもアレフではないという可能性は有りますでしょうか?
    小川様のお話を伺い、入るのはやめようと思ってはいるのですが、私達はアレフですと断言されておらず、半年で2万(1年で申し込む場合は約3万円だそうです)というのは安いのか高いのか分からなくなっています。

    ヨーガの教え?もあるようですが、アーサナや、呼吸法も学べるというので、怪しいところでは無いのなら…と少し思ってしまったりもします。
    (ちなみに、学べる内容はそこに通ってる私の後輩から聞いたので、一応信用しています)

    万が一が怖いので、入るのは辞めようとは思っているのですが、純粋に小川様の意見を伺いたいと思い、コメントさせて頂きました。
    長々と申し訳ありません。

    • コメントを拝見している限りでは、ほぼ間違いなくアレフですね。入会金2万円もアレフの提示する金額と同じなので。

      そもそも通常のヨガ教室で「行くのをやめてもそのお金は布施だから戻ってこない」とは絶対に言いません。戻ってこないとしても違う理由です。決め手は「聖者に会える教室」ですね。そんなことを謳うヨガ教室はアレフ以外に思いつきません。

      もし、ヨガ教室に通っている人に「アレフですか?」と聞いても、ほぼ間違いなく「違う」とは言うと思います。その辺りは平気で嘘をついてきますので。率直に申し上げて、関わらない方が良いと思います。人生が(悪い意味)で変わってしまうリスクが高いですから。

      • 返信して頂きありがとうございます。
        そうですか、小川様の記事に出会えて本当に良かったです。
        有難うございます。

  • 偶然まだ人生で一度も宗教の勧誘等を受けたことはなく、クロージングという言葉も初めて知りました。2人きりの中、偽資料や熱心な説明をもし私が受けてしまったら…、と考えると恐ろしいです。。

    オガワさんの断り続けた勇気は素晴らしいと思います。

    • コメント誠にありがとうございます。

      宗教勧誘する方は、人当たりも良いので勧誘されるギリギリまで宗教だということに気づかないことがあります。

      しかも勧誘する際は非常に強いプッシュをされるので本当に注意してください。私も事前に気づいていなければ、今の状況があるとは思えません。

      勇気があったというよりは、運が良かっただけだと思います。

  • はじめまして!
    私も三年前ぐらいに同じようにアレフに引っかかりかけた経験があります。
    当時大学三年生で、私の周りにはすでに3人ほど友人や先輩が入信しているような状態でした。女性が多いとおっしゃっている通り、私自身も3人の知り合いも女性でした。小川さんは札幌だそうですが、私は京都でした。
    勧誘の流れから、座学の理論、クロージングの方法までほとんど同じでびっくりしました。

    当時、ネットを使ってはいけないと言われながらも罪悪感を持ちながら必死にアレフについて検索していたのですが、覆面ヨガ教室についての実態がほとんどネット上に公開されていなかったことに絶望した記憶があります。いま自分が行われている勧誘が、正常かそうじゃないのか判断できなかったのです。
    この記事を書かれるにはとても勇気が必要だったと思います。私なんか匿名のコメントでも少しビビっています(^^; でも、この記事を公開していただけてとても嬉しいです。現在勧誘を受けている人には本当に励みになると思います!

    私もヨガ教室を、最初から「なんか怪しいな~」って思いながら通っていたのですが、私を勧誘した友人が通い続けていたので「万が一宗教だったら友達も何とか抜け出させなくちゃ!」みたいな気持ちで最後まで通い続けました。
    しかし最初の目的がそうだったにもかかわらず、アレフだとカミングアウトされたとき(小川さんは資料だということでしたが、私はビデオでした)にはもう洗脳されかけていて、断り切れず、入信してしまいました。
    結局入信して三日後に、どうしても入信を撤回してほしいと道場(アレフの人たちが集まって修行?をしているところ)で、三時間ぐらい泣きながら首を振り続けて、どうしても入りたくないということを理解してもらって抜けることができました。ちなみに入会金二万円は返してもらえました。

    私の場合は
    ・最初から宗教じゃないかと疑念を持っていたこと
    ・身近に宗教で失敗した親族がいたこと
    ・「真理を実践しなければ、三悪趣(地獄、動物、餓鬼)に落ちてしまう」というようないくつかの思想の部分で、自分で考えた末に「受け入れられないなぁ」と結論を出せたこと
    これらが抜けられた大きな要因なのかなと思います。
    また、半年以上通っていて抜けられた知り合いの方は、親がとても理解ある対応をしてくれたのが抜けだす決め手になったそうです。(世代が世代なので、その方はオウムの地下鉄サリン事件もほとんど良く知らないまま入信してしまったみたいです。その方の親は、入信したことを受け入れながらも過去のオウム事件について一緒に調べてくださったそうです。)

    長々とコメントしてしまって申し訳ありません。
    自分のブログでもないところでこんなコメントするのもどうかと思ったのですが、実際に勧誘されてる方に私の実体験も少しでも参考になればと思いコメントさせていただきました。

    • コメント誠にありがとうございます。
      貴重な情報に感謝です。非常に参考になりました。

      私が書いた記事を役立てて頂けて本当に嬉しいです。
      おっしゃる通り、記事を書いた時はとてもビビッていました。

      でも今ではこのように有り難いコメントやメッセージも頂けているので、書いて良かったと思っています。

      もし周りでアレフの覆面ヨガ教室に通っている方がいましたら、当ブログ記事を参考にして頂けると幸いです。

  • こんにちは!
    ご自分で私は洗脳をされかけている
    危険な状態なんだだと気付いて距離を置く決断をした事、とても尊敬します。
    私だったらズルズル
    のめり込んでいたと思います(;_;)
    こうして残してくれて
    有難うこざいます。。
    すごく読みやすくて分かりやすかったです。

    私は18で高校卒業して間もない年代です。
    この事件はテレビの過去にあった大きな事件特集みたいな番組で知りました。
    こういう謎の多い事件とか有名な事件の
    詳しい事を調べるのが好きで
    「乾き」っていう映画のモチーフになったプチエンジェル事件とかっていう話など現実にはなさそうな話だけど本当にあったというような話が好きです。胸糞悪い映画なんですけどね、、私は好きです。

    凄く長くなりそうなので
    読まないでもらっても大丈夫なんですけど、
    洗脳ってキーワードが気になって検索したらこのブログが出てきました。
    私は小学校、中学校の間
    父子家庭で、父親に洗脳されてました。
    今は父親と離れて母親と暮らしています。
    とてもクズな人間っていうのが
    離れてやっと分かりました。
    母親は父の行動が原因で離婚しています。
    そんな父でも私は娘だし
    近くに居た人間なので
    暴力とか酷いことをされても
    父親が正しい、私は間違ってない
    言うことを聞けばいいんだ。みたいな
    思考でした。母親の事はずっと酷く言っていて
    父親のことは信じるしかなかったです。
    そのまま高校進学した後も父親と住んでいたら
    バイトのお金はほぼ父親に吸われる
    生活だったと思います
    「父親」っていう宗教を信じる事しかできなかった
    だってその人がいないと生きていけない。
    みたいな感じでしょうか。。
    (大袈裟すぎかも )
    離れてやっと父の呪いから溶けたというか。

    という洗脳に近い経験をした事があるので、
    私はこういうのには
    絶対に騙される自信があります(;_;)
    オウムのやり方とは全然違うんですが
    洗脳という点は同じだと思ったので
    長々となってしまいました
    申し訳ないです。。
    凄く勉強になった!!ってことが
    伝えわれば嬉しいです!
    この記事に辿り着けてよかったです。

    • コメント誠にありがとうございます。長文のコメントでしたが、大変興味深く読ませて頂きました。

      確かに人というのは、宗教に限らずあらゆるところで影響を受けています。家庭環境、テレビ、学校、職場などでも一種の洗脳に近いことが行われています。そこに気づいて考え方や方向性を修正していくことで、より良い方向に進んでいけるのかなと考えています。

      今回のアレフの覆面ヨガ教室に通って痛感したのは、自分の頭で考えずに思考停止になる怖さです。冷静に、客観的に分析していけばアレフで言っていることの矛盾に気づけるのですが、そこに至るまでの思考を放棄してしまう方が多いのだと思います。

      この記事が何かの参考になれば嬉しい限りです。

  • 先ほどもコメントしたMと申します。
    こちらのブログを最後まで拝見致しました。
    私も実践に入る手前、最後にアレフだと明かされた時に逃げ出すことが出来た者です。
    あの時、10人くらいの信者に囲まれながらも必死に理由を付けて逃げ出して正解だったと心から思います。帰り道泣きながら帰ったことを今でも思い出します。疑問に思うことも共感できるものばかりで、コメントせずにはいられませんでした。私の場合、彼氏がいたのですが、彼氏と別れなければ地獄行きだと脅された瞬間に、これは間違っていると確信を持てました。なぜ大切な人と別れなければいけないのか、距離を置かなければいけないのか、不思議でたまりませんでした。最後の
    回ではお金を貸すから入ってほしいまで言われて、そこまでして必死に私を入れようとすることがもう恐怖で仕方ありませんでした。仲の良かった職場の後輩はその頃から今現在も信者になっているようで、とても悲しい気持ちになります。貴方様がこうしてブログに書いて下さって感謝致します。

    • M様
      コメント誠にありがとうございます。
      10人に囲まれたとは、すごい経験をされているのですね。

      一度洗脳されてしまうと、自力で抜け出すのは困難になります。第三者が批判をしても、自分の主張を守るためにより結束を高めてしまいます。ですから、洗脳をとくのは本当に難しいことなのだと感じます。

      このブログが「なんかおかしいな」と思った方の気づくきっかけになると嬉しいです。洗脳される前なら、今回のブログで踏み止まることに繋がると思いますので。長い記事でしたが、最後まで読んでくださりありがとうございました。

  • 初めまして。オウムの記事を読んでいたら、こちらのブログに辿り着きました。
    私の場合、アレフではないのですが、友達から宗教の勧誘をしつこくされ困っていました。友達なので最初はやんわりと遠回しに断っていたのですが、何年にも渡りそれを繰り返しています。先日ついにはっきりと断ったので、今のところは勧誘されてないのですが、また私の精神が弱った頃に言って来そうな気がしてならないです。勧誘の手口や発言など、そのヨガと変わらないなぁと…。友達自身、その宗教と出会った事で救われたからと、だからより熱心に勧誘してくるんですよね。
    私は昔からそういう宗教などの勧誘が多いんです。
    ブログでも書かれていたアムウェイ(アレフとの関連がある知り、ビックリしています)も、別ルートで3人に誘われた事があったり、街中で見知らぬ人が、突然宗教の勧誘をしてきた事も何度かあります。私ってその手の人から見て何かを放ってるのか?と嫌になります、本当に。
    幸い私の周りには宗教に否定的な人がほとんどで、私自身も人に対し疑い深い。また来たかと一応全て回避出来ているのですが…そういう経験もあって人間不信になりますね。友達なら尚更、心配して言ってくれてると、その気持ちを信じたいという気持ちも働いて厄介。自分を責めてしまいます。
    何だか相談事になってしまいましたが、しつこい勧誘が嫌で、一度話を聞きに行けば、その友達も納得するだろうと、気持ちが揺らぎましたが、ブログを拝見していると、最初から関わらないのが一番だなと、改めて思わせていただきました。ありがとうございました。

    • コメント誠にありがとうございます。
      長文のコメントに感謝致します。

      宗教勧誘は全般的にしつこい傾向にありますよね。しかも何回も誘われると断る側もエネルギーを使うので、キッパリ断わって勧誘されない状態を作りたいという気持ちになると思います。

      私のブログ記事が何かのお役に立てたら嬉しく思います。

  • こんにちは。
    読ませていただきました。
    大変勇気のある行動に敬服しております。
    私はアレフのアの字も頭にないほど皆様方とは違うのか幸いにも親族に宗教で失敗した人や心の弱っている人間はおりません。自分自身も「神?そんなものいないよ。すべては己で切り開くんじゃ!」と一蹴するタイプです。

    ですが心理学や洗脳について興味があり、「今は大丈夫でも、いつ何が崩れてどこで自分の心が壊れるやもしれない。そのときに変な人に付け込まれないために、少しでも今から知れることを知っておこう!」と前向きな姿勢でこの記事を読ませていただきました。

    ほかの方のコメントも大変参考になりましたし、丁寧なご返信をなさる小川様に重ねて敬服いたします。

    もしこのような記事にある情報を少しでもかするような事象が自分を含めて身辺で起きたらば、即座に防御姿勢を取り警戒を怠らないようにしようと思いました。

    大変貴重なご経験を、勇気を持って公表したご努力が、1人でも多くの方に届きますように。
    心の優しい人ほど、心の防御力を高めてもらいたいものです。

    長文失礼致しました。ありがとうございました!(o^^o)

    • コメント誠にありがとうございます。
      そのように言って頂けると本当に嬉しいです。今回の記事を書いて良かったと思います。

      おっしゃるように、人はいつ心が弱るか分かりません。「自分は大丈夫」と思っていても、知らない間に洗脳されることもあり得ます。危機意識を持つことは大切だと一連の経験から痛感しました。

      おかげ様で最近では、この記事はかなりの方に読んで頂いています。コメントや相談のメッセージを頂くこともありますので、これからもこの記事がアレフ勧誘に悩む方のお役に立てたら嬉しい限りです。

  • 本日の麻原死刑執行のニュースをきいて
    改めてオウム真理教が今どうなっているのか気になり
    調べていたらこちらにたどりつきました。
    読むことが出来て良かったです!
    みんなに勧めます!
    ありがとうございます!

    • コメント誠にありがとうございます!
      自分の経験がお役に立てたようで良かったです。

      もし周りで私と同じような経験をされている方がいたら、当ブログをご紹介頂けたらと思います。ドップリと洗脳される前に、回避のお役に立てたら嬉しい限りです。

  • こんにちは。前編から読ませて頂きました。
    私自身も数年前札幌に住んでおり全く同じことをしておりました。
    アレフとわかっても色々知りたいという好奇心から通い続け、アレフの建物まで行き祭壇に肖像画が飾られている畳の道場に入り、いざ入会手続きのタイミングでお断りして帰りました。
    本日、死刑が執行され当時のことを思い出したので調べてみたらこのブログを見つけました。
    オガワさまの投稿を読ませていただき自分たけじゃなかったんだと安心しました。

    • KND様

      コメント誠にありがとうございます。
      貴重な体験をコメント頂き感謝致します。

      そのようにおっしゃって頂けて嬉しいです。アレフの覆面ヨガ教室で悩む人に、少しでも安心感を与えることができれば書いた甲斐があります。

  • ほんと勇気ありますね!!すごい!!
    テレビで騙されてしまう人は親との関係が悪い人が多いと聞きましたが、本当にそうだと思います!
    親との大事な基盤ができてないから、自分が弱く
    宗教の甘い言葉に救われ、信じてしまうんでしょうね
    外の世界でうまく生きられなかったから、
    宗教団体の小さな世界なら自分の居場ができるんでしょうね
    とても可哀想な人たち
    どうにか普通に生きてほしい。まわりを巻き込まないでほしい。

    私ただのエステの勧誘でも、断るのが苦手だし、
    断るのがこわかったりします!!
    宗教の強い勧誘されたら、ほんとにこわいでしょうね!!

    • らら様

      ありがとうございます。勇気があるのか向こう見ずなのかは分かりませんが…

      周りとの人間関係に悩んでいる人は、流されたり、騙されたり、洗脳されたりするリスクは上がると思います。もちろん、親との基盤も大きく影響するのでしょうね。

      勧誘する側は、確かに甘い言葉をかけてきます。その言葉を拠り所にして、気がつけばドップリ嵌まってしまうのだと思います。洗脳は意外と身近にあることを痛感しています。本当に怖いですね。

  • なんだか、不幸の手紙を思い出しました。。
    断る勇気私にはありません。

    弱い人が抜けられなくなるんですね。

    • かっこ様

      コメント誠にありがとうございます。
      断るにも意志力が必要ですよね。

      気持ちが弱い人、断ることが苦手な人が、ズルズルと流されていってしまうのだと思います。
      特に宗教は人生が悪い方向に変わってしまうリスクがあるので、断る勇気って本当に大切なのだと思います。

  • 私は平成生まれなので、オウムの事件が起きた当時はまだ小さく、なにもわかりませんでした。
    いままでの人生で、ニュースや、ネットからの情報を見たり聞いたりして、この「恐ろしい事件」のことを学んできました。事件に関わったどのくらいの元信者が、いままだアレフとして、また他の団体として活動しているのだろう、と考えると少し怖くなります。
    幸い私は疑い深い性格からなのか、宗教(今までアムウェイや他のものに勧誘されたこともありましたが)などとは一切関わったことはありませんし、あまり興味もありません。しかし、宗教が悪い、ということではなく、アレフの教えに疑問がある、という小川さんの記事にとても共感できました。宗教とは、心の頼り(支え)にもなると思います。うまく宗教と付き合って、生きているうえで自分にとってプラスになれば、それはとても良いことだとも思います。

    しかし、「思考停止をした人間が一番怖い」、という小川さんの言葉は、一番心に残りました。その通りだと思います。
    私も周りに危なそうな人がいたら、あなたの記事を読むように勧めます。ありがとうございました。

    • えりか様

      丁寧なコメント誠にありがとうございます。
      そのように言って頂けて嬉しく思います。勇気を出して記事を書いて良かったと思えますので。

      どんなことにも当てはまると思いますが、思考を止めてしまったら、他人の価値観に従うだけの人生になってしまいます。

      素直に信じることも大切なことだと思いますが、時には疑い、矛盾が無いかを自分の頭で考えて答えを導き出す必要があると考えています。
      一人でも多くの方に、今回の記事がお役に立てたら嬉しい限りです。

  • 札幌白石区民です。
    死刑執行のニュースがあって、ちょっと怖かったので調べてみたらここに辿り着きました。
    アレフ施設があることを知っていましたが、ヨガ教室を装って勧誘していることを最近知りました。
    5,6年前だったと思いますが、東札幌駅前で「ヨガの講師になって頂けませんか?」みたいな勧誘を受けたことがありました。
    いやいきなり講師ってなんやねん、と思いましたが、今考えれば白石拠点のオープニングスタッフ募集みたいなことだったんでしょうかね。

    • でぶらいね様

      コメントありがとうございます。意外と白石区や豊平区にアレフの施設があることを知らない人も多いみたいです。

      ヨガ教室から勧誘する手口は昔からあるようですが、最近は哲学教室や読書会などを入口にして勧誘するパターンも出てきているようです。

      5~6年前のことは分かりませんが、もしかするとアレフの勧誘の手口だった可能性はありますよね。相手の手口を知ることで回避できることもあります。これからも注意喚起を続けていきたいと思います。

  • 母が精神的に弱く、時期は被っていないのですが3つ程宗教を渡り歩きました。アレフではないのですが。
    お布施も高額だったり、活動なんでほぼボランティアですよね。幸い、今は無宗教になりましたが子供の頃から自分も入っていたのですごく身近に感じます。
    幸い、母が渡り歩いたお陰でいろんな教祖(神?)が居てそんなはずはないと今は何も信じてません笑
    小学生の時にも、何か困ったりすると心の中でその時の教祖にお願いをしていました。そうすると何故か解決して、凄い感動していましたが
    あれはきっと自己暗示でそれをすることで良い方向に向かうと。決して教祖のお陰ではなかったと気づくのに時間がかかりました!

    洗脳は恐ろしいですよね。この記事で少しでも多くの人が洗脳されないことを祈ります!

    • musyukyo様

      コメント誠にありがとうございます。おっしゃる通りで洗脳は本当に怖いと思います。

      教祖の言うことを信じて、それが良い方向に進んでいくと「教祖のおかげ」という風に結びつけてしまう人が多いと思います。しかし、おっしゃる通り自己暗示による部分が大きいと思います。思い込みによって人生が好転することもあるからです。

      それが教祖のおかげという風にすり替わってしまい、結果思考停止の依存体質に繋がってしまう。これは本当に怖いことだと思います。洗脳回避にこのブログ記事がお役に立てると嬉しい限りです。

  • 私は何かにすがって、
    何かを成し遂げられるとは、
    昔から思えませんでした。
    自分で歩かなきゃ、
    どこにも行けないと、
    無理して追いたててお腹壊すんです。

    うちはお義母さんが一人で熱心に
    活動なさってます。
    夫が牽制してくれますが、
    そんなの意に介さず、
    DVD見てだの、子育ての参考になるからと、
    宗教雑誌を渡してくるし、
    しまいには、渡す理由がないからと、
    勝手にこちらの部屋に置いて行く始末。

    宗教が悪いなんて思ってないんです。
    宗教って、人間が平和に暮らす、
    秩序を作るような、
    そんなツールだったと思うんです。

    自制の効かない、人間の業を、
    おさめて平和に暮らそうって
    ことなのかなって
    勝手に思ってましたが。

    そういう活動に熱心な方って、
    なぜか強引な感じがします。

    普段の生活を見ていても、
    すぐにめんどくさがったり、
    相手がどう思うかあまり考えられないようで、
    自分のやりたいようにしかできないようです。

    はっきり言って、わがままに見えます。

    民生委員のボランティアはするけれど、
    じじばばは、孫には無責任に可愛がればいいものだから、
    育児は参加しないと言われました。
    その通り抱っこもしたがらない、
    オムツも替えたがらない、
    でも、遊びに来て欲しいとしょっちゅう言われます。
    それなのに、私の地区の民生委員なので、
    もちろん私も担当エリア内なので、
    〆切前日に訪問時に提出の紙を出すように言われ、
    持って行くとそこに置いといて、
    とそれで終了でした。
    一人目の時に、別の地域に住んでいて、
    民生委員が来て、
    育児や母親の話をして、
    だいたい親などに手伝ってもらうように勧められるものです。

    その当事者が、
    育児の手伝いは拒否の元、
    ボランティアはして徳を積み、
    私に活動母体の宗教雑誌を読んで
    子育ての参考にするよう言ってきます。

    その前に目の前の親子を助けて欲しいと、、、

    子宮口が開き始めたと報告した時も、
    お義母さまは、バーバリウムを作りに行かなきゃならないから、
    一緒に行かないかと言ってきました。

    いつ破水するか、
    陣痛になるか分からない状況で、
    出かけるわけないだろうとお断りしましたが、、、

    矛盾ばかりが目について、
    自分のことは棚にあげる精神がすごくて、
    が自分のことは客観視できていない様子、

    そんな尊敬のできない方に勧誘されてもと、、、

    その宗教を汚していることにはならないのかと、
    いつも疑問符しかありません。

    何を目的として、
    活動しているのだろうかと。

    何かをあてにするのが苦手なので、
    私は宗教に向いていません。

    ごちゃごちゃになってしまったけれども、
    一度立ち返るのが大切ですよね。
    自分が何をしているのか、
    客観視することって大切ですよね。

    自分を愛しすぎている人が多いなと。

    もっと自分の行動を分析できれば、
    もっとみんな平和に暮らせるのになぁと、、、

    疲弊してまたお腹壊してます、、、

  • 読んで良かったです。
    小川さん凄いな… かなり完璧に仕上がってますね!

    麻原氏が死刑になった事が全てを物語っている。

    そもそもヨガ教室でアーサナを教えないで座学から入るなんて普通にあり得ないんですけど笑
    座学で教えているヨガのルーツは間違っていないと思います。
    ただ、小川さんの仰る通り何故麻原氏が絶対なの?ってかなり私も疑問です笑 エビデンスは?みたいな笑 あと、お布施すれば近道できる的なところも笑ってしまいました。
    入信させる為に絶妙なタイミングでプロも顔負けなクロージングをかけてくるって、これって小川さんが体験されたからこそわかる話ですよね。リアルすぎる。
    人を洗脳し殺めてしまう団体が良い宗教な訳がない。心が弱っていたらあっさり洗脳させられてしまう人が多いんだろうな…。
    主観だけど、ヨガは自分と向き合う時間。自分の気持ちに気づいたり、体の状態に気づいたり、呼吸とポーズを通して自分の体と心を繋げる。
    決して人の心を洗脳するためのツールではナイ。

    貴重な体験談をシェアして下さりありがとうございます!

    • ブリー様

      コメント誠にありがとうございます。そのようにおっしゃって頂けて大変うれしく思います。

      実際に体験したことを赤裸々に綴った内容ですので、多くの方から反響を頂けているのだと感じています。

      おっしゃって頂けたように、人を洗脳して殺めてしまう団体が良い宗教な訳がありません。しかし、現在の信者の方は、本当に陰謀論を信じてアレフの教義に取り組んでいるのだと思います。そう考えると胸が痛いです。

      一人でも多くの方が、この記事をきっかけに洗脳を回避できたら嬉しく思っております。

  • 全編読ませていただきました。
    覆面ヨガ教室と知らずに座学を受けていました。自分は自分が見たもの感じたものしか信じないと思いながら座学を受けていたのでアレフという言葉が出ても入信はしない自信がありましたが洗脳されかけたと思います。教室は10回ほど受けて居ますがアレフや麻原彰晃の事には一切触れずにブログに書いてある通り進んで行きました。全てを素直には信じていませんでしたがヨガの経典などからの引用が多く腑に落ちる事は多くあったように思います。流れ的には最終的に真理から逸脱せず信じなければいけないという様に誘導していっていることは間違いない感じです。麻原彰晃の死刑の日にも教室の予約があったのですが急にキャンセルになりました。この事も何かあるんでしょうかね?

    • Ⅲ様

      コメント誠にありがとうございます。長い記事でしたが、全編読んで頂けて嬉しいです。

      覆面ヨガ教室は、勧誘するまではアレフだということは一切言いませんので、知らずに通っていても仕方がないと思います。

      麻原彰晃氏の死刑が執行された日に、教室がキャンセルされたのは不思議なことではありません。教団にも大きな影響があるでしょうし、今後の方向性などを話し合っていたのだと考えられます。

  • 素晴らしい!! ポアされないように気をつけて下さいねw

    松本の死刑が実施されたニュースでなんでこんなエリート達がとんでもない事件を起こしたのか気になり拝見しました。

    アレフではないですが、母が新興宗教にのめり込んでいて、教祖様のエネルギーで米朝会談で核の危機が回避された、とのたまっておりお手上げ状態ですが、宗教にのめり込んでいく過程や心の動きがよく分かり、母に対する同情心も少し湧きました。簡単ではないと思いますが、脱洗脳についても少し勉強してみようと思います。

    オウムの修行と称する薬物や暴力による洗脳支配は恐ろしいですね。

    人間誰しも多かれ少なかれ欲の心を持っているし、崇高なものに憧れていて、心の隙間をついて入り込み、心の作用を悪用して支配するのは手口として恐ろしいですね。

    本当は一歩ずつ自分の努力で真理の道を歩かないといけないのに、欲張って近道をしたくてグルに依存して、地獄を見るというのも、因果なものですね。

    • 朝から焼香様

      コメント誠にありがとうございます。
      身近な人が宗教にハマってしまうと、心配になりますよね。

      一度洗脳されてしまった人を元に戻すのは簡単なことではありませんが、何かのきっかけで脱洗脳に繋がることもあります。
      お母様が良い方向に進むことを祈っております。

      多くの人は「私が洗脳されるわけがない」と思っていますが、人って意外と簡単に洗脳されてしまうのだと、覆面ヨガ教室で気づくことができました。相手はこちらの心のすき間を的確についてきます。ですから、洗脳してくる側の話を信じやすくなるのでしょう。一度信頼関係が築かれると、なかなか相手を疑えなくなりますし、逆に今まで付き合いの合った人の言うことを拒否するようになります。

      おっしゃるように、自分の努力で真理の道を歩かないといけないはずなのに、人って近道を求めてしまうんですよね。結果、グルという存在に依存して、思考停止になり、自分で考えるのを放棄して盲信してしまう。怖いことだと思います。

  • 全編読ませて頂きました。
    ありがとうございます!!
    私の体験と完全に一致してます。
    多分I先生とkさんも私が接した方と同じような気がします。
    私がハマったきっかけは地元の掲示板ジモティでした。
    今現在もその人は名前を変え毎日投稿しています。
    運営会社にはメールしましたが、改善されなく洗脳被害に遭う方が出ないのを祈るばかりです。
    私もなんですが、小川さんも偶然会った友人にアレフだと知らせられて良かったですね!
    御先祖様に心から感謝ですね♪笑笑
    もっともっとこの記事が多くの方の目に留まることを祈っています。
    勇気ある投稿に心から感謝します♡

    • 33歳女性様

      コメント誠にありがとうございます。お役に立てたようで何よりです。私が会ったI先生と同じI先生の可能性は高いと思います(おそらく同じだとは思いますが)

      熱心な信者だと、SNSや掲示板を使って勧誘を行っているようですね。しかも何度叩かれてもめげずに勧誘を行っているようですから、ある意味凄いメンタルを持っていると思います。一人でも多くの方に、今回の記事を役立てて頂けると嬉しく思っております。

  • >三悪趣に落ちたくない。そしてより高い世界に転生したい。
    まぁこういうことを考える時点で欲まみれと言うことに気づかないとですねぇ

    で、自分が色々考えて現状たどり着いた結論ですが、ぶっちゃけ欲望の何が悪いのと言うことです。
    殆どの宗教が悪とする欲ですが、私の考える欲とは生物が生きるための行動原理なわけで
    人が生きるのに絶対的に必要な物であるということ。
    では自己犠牲はどうかと言う考えもありますが、これも種の繁栄という
    生物最大の欲望の為の行動原理と考えれば説明つきます。

    宗教によくある禁欲は人が生きていくことに必要な物を制限するけれど
    まぁ、守るのは困難なわけで、守れなかった者に罪悪感を植え付ける。
    その罪悪感を条件を提示させてそれを解消させることで相手を意のままに操る。
    そう言う意図があるかどうかは別として、宗教の教義とはそういうモンだと思います。
    代表的なのは姦淫ですね、解釈に差はあるとおもいますがこれを強く禁止する宗教は
    意識しているかは別として大概マインドコントロールの意図が入ってます。

    とりとめないですが、オウムについては色々思うことがあったのでコメントしました

    • 村井氏の後輩様

      コメント誠にありがとうございます。
      おっしゃる通り「三悪趣に落ちたくない」「より高い世界に転生したい」という事を考えている時点で、それはすでに欲だと思います。

      考察も本当にその通りだと感じます。意図的に洗脳しようとしているかは分かりませんが、結果的に多くの人が洗脳されている現状があります。本質的な部分を考えていかないと、人間はいとも簡単にマインドコントロールされてしまうのだと怖さを感じております。

      それに村井氏の後輩だということで、ちょっとビックリしております(汗)
      コメントに感謝致します。

  • コメント有り難うございます
    お礼にネタ話を。
    私の高校の元友人は成績優秀で村井氏同様大阪大学に入りました。
    で暫くして再会すると、その元友人は真顔で
    「宇宙の真理が判った、凄いところだから試しにでもセミナーに参加しない?」
    って言ってきました。その時の彼の目は今でも忘れられません。
    ググったら今は大学の先生をしているようですが、生徒は大丈夫なのかちょっと心配です。

  • 小川様 はじめまして。
    勇気を持って告白して下さって本当にありがとうございます。深刻な事態に陥る前に脱会できて本当に良かったですね。
    私は別のカルトの脱会者で、脱会後、スティーブン ハッサン氏という統一教会脱会者で脱カルト専門家の本を無我夢中になって読みました。そんな時期にテレビでは連日サリン事件報道。
    小川さんの記事読ませて頂いて、感想一言。いや〜カルト宗教あるある話だなって!宜しかったら、スティーブン ハッサンの「マインドコントロールの恐怖 combatting cult mind control」も読んでみて下さいませ。私が脱会したカルトは統一教会でもオウムでもありませんが、マインドコントロールの手口はいずこも同じ、と改めて思いました。脱会者についてのカルト側の評価の仕方も。
    かの早稲田ボーイJさんも、プライドが高い故に、「堕ちた魂などと言われてたまるか!」みたいな思いも動機の一つとなって、「干川」みたいな会を、アレフに対抗して立ち上げたのですかね。干川脱会者の体験談みる限り、その脱会者達の話が実話だとすれば、J氏もオウムアレフのマインドコントロールが全然抜けてない感じです。スティーブン ハッサン氏も、カルト脱会者が別のカルトに入信する、或いは自らカルトを立ち上げる、という現象について、書いていたと思います、詳しいことは忘れましたけど…私自身、脱会後、一時期脱会者の方々と交わっていましたが、今はそれもありません。脱会はしても、メンタル面の不安定さが、カルトの教祖と似ているところが怖かったので。脱干川インコさんたちの体験談見ても、カルト脱会者あるある話、と思ってしまったことでした。私のカルト体験でも、脱カルトの新カルト(干川みたいな)の交わり体験でも、ステージとか悟りの段階とかありました。
    怖いですね!お互いにこれからは平和な日々でありますように。

    • 別カルト脱会者様

      コメント誠にありがとうございます。やはり他のカルト系宗教も本質は同じなのですね。脱会されないように、恐怖の植え付けと意地をはらせる仕掛けを施しているのだと思います。

      ただ厄介なのは、本を読んでも実際に体験しないとピンとこないところが多いという点です。「実際にそんなことがあるのか?」と思ってしまいますので。私は以前、そのように考えていました。自分が洗脳されかけて、はじめて怖さを知りました。

      これからは、しっかりと自分を持って生きていくつもりです。お互いに良い人生になりますように。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です