【後編】オウムに洗脳されかけました!アレフの覆面ヨガ教室で体験したことを全て暴露します!

 

▼【中編】オウムに洗脳されかけました!アレフの覆面ヨガ教室で体験したことを全て暴露します!

【中編】オウムに洗脳されかけました!アレフの覆面ヨガ教室で体験したことを全て暴露します!

2017.06.17

 

 

ここまでブログをご覧頂き
誠にありがとうございます。

 

これまでの【前編】と【中編】を
ご覧頂き、どのような感想を
お持ちになりましたか?

 

書き記したのは、
全て私の実体験です。

 

 

嘘偽りなく書かせて頂きました。

 

 

そして覆面ヨガ教室に
通ってから自分なりに
色々なことを調べてみました。

 

信者の脱洗脳を行った苫米地博士の動画。

脱退者のブログ。

元幹部のブログ。

麻原氏の娘さんのブログ。

その他関連記事。

 

多角的に情報を集めて、
自分なりの答えを
導き出そうと考えたのです。

 

 

その上で、私が考えていること、
注意して頂きたいことを
まとめてみましたので、

心当たりのある方は
ぜひ参考にして頂きたいと思います。

 

 

アレフの特徴

 

まず、アレフ(オウム)の教えは、
一神教と言って絶対神を前提に
教義が成り立っています。

 

 

アレフでは「シヴァ神」を
絶対神として考えており、

シヴァ神の教えを守り、
解脱・悟りをひらいた方を
真理勝者と表現します。

 

 

アレフで言うと
絶対神がシヴァで、

真理勝者が麻原氏となります。

 

 

シヴァ神同様に、
真理勝者の麻原氏も

絶対的な存在として
崇められています。

 

真理勝者は、もはや神と
同格レベルなのです。

 

教団内でも麻原氏は
絶対的な影響力を持っていたと
考えて良いでしょう。

 

 

なぜアレフ(オウム)に魅力を感じるのか?

 

アレフの教義では、

『ニルヴァーナ(極楽浄土のようなもの)』

がある教えられます。

 

このニルヴァーナの考え方自体は、
ヨーガや仏教にも存在しています。

 

決してアレフ独自の
ものではありません。

 

ニルヴァーナに行くためには、
良い徳を積み、戒律を
守らなければいけない。

 

つまり修行が必要であると。

 

このような考え方は
他の宗教にもありますよね。

 

 

ただ、この修行は口で言うほど
簡単なものではありません。

 

現代社会に生きる人なら、
非常に難しいと思えることです。

 

しかし、頑張って修行したら
死後、人間界よりも
高い世界に転生できるので、
今より遥かに幸せになれる。

 

このように教わります。

 

 

そして…

 

「真理の実践ができるのは
 一国の王になるよりも価値のある。

 

 真理の話を聴けているあなたは、
 その辺の成功者よりも遥かに
 優れた徳がある」

 

 

このように優越感を
くすぐられる話をされます。

 

そうすると、やはり
嬉しくなってしまうものです。

 

 

特に何をやっても
うまくいかない人や、

社会に馴染めなくて
居場所がない人には、
恐ろしいほど響くと思います。

 

 

さらに

「真理と出会えるのは奇跡的な確率。
 だから今生で修行に集中した方がいい」

と言われます。

 

 

こうして客観的に
覆面ヨガ教室を
分析していくと、

 

「あなたは真理と
 出会えているのだから、

 他の魂よりも優れている」

 

と優越感をくすぐられ、

 

「真理を実践することで、
 より高い世界に転生できる」

 

とゴール設定によって
未来に希望が持てて、

 

「今、真理を実践しないと
 次はいつチャンスがくるか分からない」

 

「今生で真理を実践しないと
 三悪趣に落ちてしまう」

 

と緊急性を出される。

 

 

本当によくできた
勧誘のアプローチだと思います。

 

 

そして話を一通り聴いてしまうと、

「三悪趣に落ちてしまう」

という恐怖から、なかなか
抜け出すことができないのです。

 

 

真理を実践しないことで
起こり得るリスクと、

得られるメリットを
実に巧みに伝えてきます。

 

 

本当に凄いです、
この勧誘のアプローチは。

 

 

なぜサリン事件が起こってしまったのか?

 

そもそも人々を幸せにするために
存在しているはずのヨガ。

 

そのヨガを根本に
据えているオウム真理教が

なぜ地下鉄サリン事件のような
凄惨な事件が起こしてしまったのか?

 

それは「ポアの思想」が関係しています。

 

 

ポアの思想とは、

「悪人を一度殺してあげて
 より高い世界に生まれ変わらせる」

という考え方です。

 

 

真理を学んでいくと、現世は
いかに欲望にまみれていて、

多くの悪業を積んでしまう
環境なのか説かれます。

 

そのためこのまま生きていても
悪業を積むだけで地獄に落ちてしまう。

 

だから悪業を積むだけの魂は、
生きているよりも救済のために

殺してあげた方が良い。

 

そのように考えるのが
ポアの思想です。

 

オウム真理教時代でも
その思想があったのでしょう。

 

 

ヨガでは自分をより高い世界に
導いてくれる存在を「グル」、
もしくは「ラマ」と言います。

 

 

アレフでは麻原氏が
グルということになり、

絶対者と考えて帰依
(信じること)をします。

 

 

ヨーガの世界では、
このグルを大変重要視します。

 

 

理由は、グルの導きによって
高い世界に転生し、

本当の幸せを手に
入れることができると
信じられているからです。

 

 

高い世界の最終地点を

「マハー・ニルヴァーナ」

言います。

 

 

その世界では、

『絶対幸福』『絶対自由』『絶対歓喜』

これらが手に入ると
教えられるのです。

 

 

マハー・ニルヴァーナに
到達することが苦しみの世界から
抜け出す唯一の方法と説かれ、

マハー・ニルヴァーナで
得られる幸福は、
現世で
得られるどんな幸福も及ばない。

 

いや、及ばないどころか
言葉では表現できない歓喜、
幸福の状態を享受できると。

 

 

もしマハー・ニルヴァーナに
到達できなくても、

輪廻転生の際にグルとの
霊的なパイプによって、

今より高い世界に
引っ張り上げてもらえる。

 

 

よって、グルに頼ることが
現世において最高の選択である。

 

 

この考えは、先ほどの
ポアの思想にも繋がってきます。

 

たとえ人を殺めてもグルが
霊的な力で悪人を高い世界に
生まれ変わらせてくれる。

 

だからポアしてあげた方が、
その人のためになる。

 

このように本気で
信じていたようです。

 

 

この記事を見ているだけの人には
信じられないかもしれませんが、

実際にそれで事件が起こって
いますからね。

 

 

そして、今生で真理を
実践するチャンスを逃せば、

三悪趣に落ちて
膨大な年数を苦しみ続ける。

 

 

何十億年とか場合によっては
何兆年とか苦しみ続けると
言われるわけですからね。

 

いまだに何十億年とか
何兆年とかの年数の根拠は
分からないですが。

 

 

経典に書かれているらしいです。

 

 

このようにアレフの
覆面ヨガ教室では、

究極のアメとムチを
すり込まれていくのです。

 

 

『ニルヴァーナ』という
アメによって信者は修行を続け、

『三悪趣』というムチによって
脱会することを恐れるのです。

 

 

あと、覆面ヨガ教室で
言われるのですが、

真理の流布を妨害したら
地獄行きらしいです。

 

そう考えると、私は地獄行き
確定ということになりますね。

 

ですから、私のように
体験談を公表する人は
ほとんどいないわけです。

 

 

このような究極の
アメとムチがあったため、

麻原氏の命令には、誰も
逆らえなかったのでしょう。

 

体験者だからこそ
容易に想像がつきます。

 

 

アレフの主張には根拠がない

 

アレフの主張を聴いていると、
大きく2つの疑問が出てきます。

 

 

一つ目は、そもそも真理はあるのか?

※ニルヴァーナやカルマの法則、徳の原理など

 

二つ目は、真理はあると仮定して、
麻原氏は真理勝者(絶対者)なのか。

 

 

この二点が
重要な論点になると思います。

 

 

真理があるかないかを
信じるのは、各々
の判断に
なるので割愛します。

 

ただ今回の記事は、
覆面ヨガ教室に心当たりの
ある方向けに書いています。

 

覆面ヨガ教室に通っている時点で
真理を
信じているはずなので、

「真理はある」という
前提で話を進めますね。

 

 

ここでポイントになるのは
二つ目の方です。

 

麻原氏は絶対者なのか?

 

つまり絶対神シヴァの教えを
守って、
解脱・悟りをひらき、

因果の法則や輪廻転生に
干渉できるほど
絶大な
力があるのか?

 

 

ここを無視することはできません。

 

 

私の結論を述べます。

 

「決して絶対者ではない」

 

そう考えています。

 

まぁ、そうでなければ、
こんな記事は書けないです。

 

 

サリン事件を客観的に
見ることができれば、

答えは明らかだと
思いますけど。

 

麻原氏が絶対者ではないと
考えている理由についても
解説していきますね。

 

 

麻原氏が絶対者ではない理由

 

サリン事件に関して、
教団側は2パターンの主張をします。

 

・サリン事件では、教団はハメられただけ。イルミナティに操られた公安や警察の陰謀

 

・現世の魂にこれ以上悪業を積ませず、高い世界へ転生させるための救済。つまりポアのために行った

 

この二つです。

 

これは全く証拠のない主張で、
信じるに値しないものです。

 

 

まず陰謀説からいくと、
サリン事件の前に起こった
坂本弁護士殺害事件では、

オウム信者のプルシャ(バッジ)が
現場に落ちていましたし、
実行犯なども自供しています。

 

 

さらにサリン事件をきっかけに、
麻原氏の側近の幹部や高弟も
罪を認め
脱会しています。

 

教団が関与していた
事実を認めているのです。

 

もはや陰謀だと主張するのは、
妄信的な思考停止信者と
言わざるを得ません。

 

 

二つ目のポアの思想では、

『悪いカルマ(悪業)」

を積ませないために、
殺すことも仕方がないと
考えられています。

 

 

これ以上悪業を積ませずに
ポアすることができれば、

「高い世界へ転生させることができる」

と言われていたようです。

 

 

この話も一切根拠ないですよね。

 

 

しかし信者は、麻原氏は
輪廻を超越していると
本気で信じています。

 

ですから、悪人を殺めても
高い世界に導けると本気で
信じていたようです。

 

 

…んなバカな。

 

 

高い世界に導くのに
殺す必要性があるなんて、
どう考えてもおかしいです。

 

 

仮に人をポアの思想で
人を殺めたとしても、

殺された人が高い世界に
導かれたという証拠を

誰も確認できないわけです。

 

 

これで間違いだったら
どう責任取るつもりなんですかね。

 

 

殺めてしまった人を
生き返らせることは
絶対にできないんですよ。

 

「間違えました」では
済まないんです。

 

 

それなのに、

「人を殺めて救う」

という考えが私には
まるで理解できないです。

 

 

さらに、麻原氏には
4人娘がいるのですが、

サリン事件をきっかけに全員が
教団と距離を置いています。

 

そして、高弟や幹部の
大部分が脱会しています。

 

それはなぜなのか?

 

冷静に考えれば
答えは出ると思います。

 

 

そして娘さん達が
麻原氏に面会に行った時、
もう精神状態は崩壊しており、

娘さん達の前で自慰行為
(オナニー)を始めたり、

訳の分からない奇声を
出したりと、
正常ではない
様子が証言されています。

 

 

それに対して教団側は

「私達の帰依(信じる心)を試しているのだ」

と言いますから、
もはや正常な判断ではありません。

 

 

さらに突っ込んでいくと、

「尊師の深すぎるお考えは解脱・悟りに到達しなければ、理解することができない。だから修行が必要である」

このような回答になります。

 

 

解脱した高い
ステージの魂の考えは、

凡夫(一般人)には
理解できない。

 

そのように考えているようです。

 

そんなこと言い出したら、
どうとでも言えてしまいますよね。

 

 

私から見ると完全に
思考停止状態です。

 

 

それはもはや、

「信じたいから信じる」

というレベルですね。

 

 

もっと自分の脳みそで
考えた方がいいと思いますけどね。

 

教団側の主張は、根拠も
何もない話だと思うのは、
私だけなのでしょうか?

 

 

アレフにハマってしまう人のメンタル状態

 

自分もハマリかけたので、
気持ちは分かります。

 

非常によくできた
勧誘のアプローチと

抜け出しにくい
システムができています。

 

 

先ほども申し上げたように
アレフの覆面ヨガ教室では、

この世のほとんどの魂は
三悪趣(地獄、動物、餓鬼)

という低い世界に
輪廻転生すると教わります。

 

 

現代人は欲望にまみれ、
良い行いよりも悪い行いを
していることが多いので、

ほとんどの場合は
人間以下の世界に生まれ変わる。

 

真理を実践しない魂は、
低い世界に転生し、

気の遠くなる年数を
苦しみ続ける。

 

 

それを聴いたら、
真理を実践しないと
ヤバイと考えてしまいます。

 

少なくても、
自分はそう思いました。

 

 

そして、真理を
実践するのであれば、

真理勝者のいる教団で
修行をするのが一番良い。

 

 

なぜなら、絶対者グルから
高次元のエネルギーが注がれて、
最短で高い世界に転生できるから。

 

このような落とし所に
持っていかれるのです。

 

 

ですから狂信的な信者は、

「アレフの教えを広めて、
 多くの魂を救済しなければいけない」

このように本気で考えています。

 

 

勧誘する側は
教団を信じ切っていますので
驚くほどの説得力がありますし、
強引なクロージングをかけます。

 

良い行いをしていると
心の底から信じていますからね。

 

人は何かを伝える時、
自分が信じていればいるほど、
言葉に説得力が出ます。

 

麻原氏が不在でも、
麻原氏を絶対視する
考えは変わりません。

 

 

日本では信仰の自由が
ありますから、

真理を探究するのも
その方の自由です。

 

 

しかしそれがアレフである
理由はないと思います。

 

 

覆面ヨガ教室の現状

 

アレフの覆面ヨガ教室で
教わるのは、ヨガや仏教、
密教の教えを融合させたものです。

‐カルマの法則

 

-チャクラ(ムーラダーラチャクラ・スヴァディスターナチャクラ・マニプーラチャクラ・アナハタチャクラ・ヴィシュッタチャクラ・アージュニャチャクラ・サハスラーラチャクラ)

 

‐功徳(徳)の重要性

 

‐輪廻転生・六道輪廻(地獄、動物、餓鬼、人間界、阿修羅、天界)

 

-宇宙の仕組み(現世、アストラル世界、コーザル世界、真我)

 

‐ニルヴァーナ(極楽浄土みたいなもの)

 

‐絶対神シヴァ

 

‐グルの絶対性

 

‐サリン事件は陰謀

 

‐麻原彰晃氏のネガティブイメージの払拭

これらのことを伝えられます。

 

 

他にもフリーメイソンや
イルミナティの話も頻繁に出てきます。

 

世界を牛耳っているのは
イルミナティで、日本人は
家畜と同等に考えられていると。

 

そして、イルミナティは
世界を牛耳り続けるために、

スポーツ、セックス、
スクリーンを
駆使して
人々を洗脳している。

 

その洗脳を解く唯一の方法が
真理である。

 

 

だから本当の真理を普及させる
宗教団体には、イルミナティは
圧力をかけてくる。

 

真理が普及すれば、人々は
イルミナティの支配構造に気づき、

イルミナティは世界を牛耳り
続けることができなくなるから。

 

だからオウム真理教は、
イルミナティにハメられて
壊滅まで追い込まれてしまった。

 

 

教団内部の方全員が
そう思っているかは
分かりませんが。

 

少なくともI先生は、
本気でそのように
信じている様子でした。

 

 

実際に教室の最後には、
オウム事件は陰謀だったと
陰謀論を主張してきます。

 

 

そもそもイルミナティという
存在が
仮にあるとして、

オウム真理教をハメようと
していたなんて
全く根拠も
証拠もない話です。

 

 

根拠が無い主張をしているのは、
教団側だと思います、ほんとに。

 

 

しかし私も、

「これは凄いな」

と思ったことがあります。

 

 

それは、チベット仏教の
指導者の方達が麻原氏を
絶賛していた記事を見た時です。

 

チベット仏教の指導者とは、
カール・リンポチェ氏、
ダライ・ラマ14世のお二人です。

 

 

しかし、これも後で調べたところ、
サリン事件直後から、お二方とも

「麻原氏への評価は誤りだった」

と評価を覆しています。

 

 

その事実を隠して、
良いところだけを見せるのは、
いかがなものかと思います。

 

 

・・・・・

 

今回の後編で終わらせる
つもりでしたが、私の中で
まだ書き足りない内容があります。

 

 

次回は「玄人向け」の
内容を
公開して、
締め括りたいと思っています。

 

 

「概要を知れたからもう十分」

と考えている方は、
この後編で読むのを
やめた方が
良いと思います。

 

次の記事はかなり過激な
内容になると思いますので、

予めご承知おきください。

 

 

ではでは。

 

▼【玄人向け】につづく

【玄人向け】オウムに洗脳されかけました!アレフの覆面ヨガ教室で体験したことを全て暴露します!

2017.06.19

人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


12 件のコメント

  • 心の隙間。
    人は皆「自分が一番かわいいものです」
    一抹の不安=心の隙間
    (人により隙間は見えにくいですが、そのような者を探している人からは良く見えます)
    ・心が満たされていない人
    必要とされていない「自分は居ても居なくても変わらないのではないか」
    それは、回りの人、親、身内、友人、友達、等々多岐にわたります。
    しかし、そのような人を自分の言いなりにする人間に誘導する技「洗脳」方法を身に着けた者に目をつけられたら必要に迫ってきます。
    彼らは、さまざまな罠を「蜘蛛の目」のように張りめぐらしています。
    最初の網は彼らの得意な分野「空中浮揚」=ヨガに似た瞑想から入ります。
    罠の一例「集会(軽食会)、レクリエーション、(軽食会)、ヨガもその一つ
    昔から多いのが占い「夜の街角に机一つで○○占い」と網を張ります。
    これらは一例ですが誰もが、この蜘蛛の糸にかかります、問題はこの時からの自分の行動ではないでしょうか。
    この時一度立ち止まる事が出来るか出来ないかです。
    ?、なぜこの方は私に近寄る?、親切?、情報を教えてくれる、誘う?
    疑問を持ち、友人知人親身内に聞く事で立ち止まる事が、その一歩です。
    出来る人は、罠から抜け出す機会ができます、出来ない人は餌食となり洗脳世界に人生を奪われます。(自分を見失う時期ですから彼らは必死に次の手で見失っている人に迫ってきます。)
    第三者の意見を入れさせない状況を作る為の工作をしてきます。
    冷静に判断してみます{今まで生きてきてこんなに自分に言い寄る人が居ましたか?、何かおかしくないですか?、こんな話をなぜ自分にするのかな?、この人のメレットは何?等々}
    何もメリットが無い、見返りが無い、こんな無情の心を持つのは親以外に存在しません。神や仏様でもお供えや賽銭を要求します。
    このような事柄をザックリですが、冷静に考えることが出来れば、ちまたの詐欺にも掛かりにくくなるでしょう。
    彼方は必要とされていますか?
    {世間からはされてませんよ・・・必要なのは身内だけです}
    必要とされているのは彼方から生まれるであろう・・・です。
    人生が修行の現世ですよ。
    極楽浄土など誰も見て帰ってきた人はいないです、人間が今の世を一生懸命に生きるための応援歌ですから。
    頑張りましょう。家族のために。

  • 加害者は一人から始まります
    しかし次は自分がいつの間にか加害者です。
    洗脳と言う名の欲に取りつかれた人にならないように気を付けましょう。
    注意すれば
    宗教哲学詐欺ネットワークビジネス等々から回避可能になります。

  • (これは迷える方に向けた全体的なコメントです)
    霊=心。(霊とは心)
    頭で考えず、心で捉えた(感じた)なら
    どこかで違和感を感じる事が出来たはずです。
    「なんかモヤモヤする」「身体が(そっちを選ぼうとすると)重いような感覚がある」

    そういう感覚の方を信じるのです。
    自分の感覚を信じるのです。

    神様は自分自身です。
    自身を軸にして考えるなら自ずと答えは出ます。

    一人一人が(本来)霊能者なのですから。

    怒り、妬み、不安などネガティブな心を(なるべく)持たないよう心がけ、リラックスした状態で己自身に問いかけるのなら。

  • 私も大阪ですが勧誘されました。私の場合らSNSで女性の方と知り合ったのがきっかけです。女同士だし大丈夫だろうと思って何回か会っていたらヨガに興味ある??と聞かれました。ちょっとあるよと答えると私の行ってるヨガはポーズを決めるだけでは無く心理などヨガ本来も教えてくれるところなの。体験無料だし来る?誘われ無料なら一回行ってみるかと思い行ってみる事にしました。でも、最初に連れて行かれたのは教室ではなく喫茶店でした。そこでもう一人の女性の方が座っていました。教室に行く前に基礎的な事私が教えるねて個人授業てきなモノかなーと言っておりいつも私とSNSで知り合った女性とその先生的な女性の3人でした。喫茶店でチャクラ(腰辺りからパワーが言ってたような)功徳、殺生など色んな話をして何回かにわけて聞きました。ネットで検索はしたらダメて私も言われました。理由は自分が今思っている事を正しいて認める為に検索してるからそれが間違いでもネットに書いてある事が正しいて思ってしまうからだそうです。その後マンションの一室みたいなとそろに連れて行かれました。そこでは男性がいました。そこではポーズを決めるヨガを少ししました。そこで何回か通っていたときにとあるDVDと資料を見せていただきました。麻原さんは冤罪で逮捕されるまでが早かった事などあとここで書かれていたような事をお話しされてました。またビートたけしさんが共演した番組を見たり関西だからか和歌山カレー事件の話もされておりました。そしてお布施の話もありました。先程の喫茶店のときにも少し聞いていたのですが功徳を積む1番の近道はお布施をすること。私の紹介してくれた女性は貯金や賞与など全てつぎ込むのと話しておりどんな事良いことが返ってくるのか楽しみでしかないと話していたり、それがこの世の時ではなく次の世で返ってくるかもしれない事。それは天性やったかな…上の世界へ行ける事かもしれないこと。それを目指す為に修行をし悪業を落としたりしてる事。色んな話をされていました。麻原さんの事など話されてきたのでこれ以上関わると危ない目にあうと思い関わるのを辞めました。数年前の話をなので記憶があやふやです。貰った資料なども捨ててしまい手元には何も残ってはいません。お互い洗脳されなくてよかったですね。

    • 大阪の女様

      コメント誠にありがとうございます。長文で丁寧なコメントに感謝致します。

      やはり全国的にも、勧誘の流れは同じみたいですね。最後の勧誘で資料を出すか、動画を見せるのかという違いはあるみたいですけど。

      結局、信者の方は今でも一連の事件を陰謀だと信じていますし、麻原彰晃氏を絶対者だと信じています。信じる根拠の方が圧倒的に乏しいのに、それでも盲信的になってしまうのですから。本当に怖い話だと思います。

      お互い洗脳されなくて本当に良かったですね。私も洗脳されかけたので、身を持って怖さを知りました。これからも似たようなことには十分気をつけていきたいと思っています。

  • はじめまして。貴重な体験とチラシ画像のシェアをありがとうございます。

    オウムの死刑実行があってから、改めてあの凶悪事件はいったいなんだったのだろう・・・と思い、こちらを見つけ読ませていただきました。

    なぜ宗教団体を名乗ってあれだけの最悪な事件を起こしておきながら、今でも多数名がアレフに入信しているのか、それが謎で・・・
    「ヨガ教室」だったんですね。

    事件の真の真相はなぞのままですが・・・

    ========
    “だから本当の真理を普及させる
    宗教団体には、イルミナティは
    圧力をかけてくる。”

    “だからオウム真理教は、
    イルミナティにハメられて
    壊滅まで追い込まれてしまった。”
    ========
      ↑
    そもそも「本物」の「グル」(聖者)だったら、誰かに圧力をかけられたとしても
    悪者にハメられたり壊滅に追い込まれることはないと思いますが!^^;

    インドなどに古くからある経典を勉強して、知識だけ豊富にみにつけたとし、たとえ正論ばかりを並べて口達者だったとしても、本人の心が強欲や葛藤にまみれていたり、他者に対する思いやりがなければ悟りを開いたグルとは言えないと思います・・・
    (久々にテレビで松本元死刑囚が教祖の時の映像をみたときに、無謙虚で口達者な上から目線のおじさんにしか見えませんでした。なのでそのような人を見て絶対者と信じてしまう方が不思議でなりません。これは個人の主観ですが・・・)

    小川さまは貴重な体験をされたと思いました。そしてきっと守られているから洗脳が進まずに済んだのかなーとも思いました。
    宗教関連とは違うところで自分も似たような経験をし、結局自分の心に落とし穴があって、それを気づかせるため教訓のだったのだと受け止めています。
    それがあったから物事を冷静にみる力が身についてきたのかなと思っています。

    完全に真理を悟ったグルであれば、牢屋の中からでも弟子や帰依者たちに、わかりやすく愛や真理についての教えを伝えられたはずなんじゃないでしょうか ^^;;;

    妄信してしまってる信者さんや、強引な勧誘に負けて入信してしまう方、または信者集めに走ってる方たちがこのブログをきっかけに、よい気づきを得られといいですね。

    *「麻原彰晃氏の死刑執行に関して思うこと&アレフ信者に伝えたいこと」も読ませていただきました。

    • ra.ra様

      コメント誠にありがとうございます。そのようにおっしゃって頂けて嬉しいです。勇気を出してブログを書いた甲斐がありました。

      貴重な体験はできたと思います。そのおかげでこのようなことを体験を交えて書くことができましたので。

      ra.ra様のおっしゃる通り、完全に真理を悟ったグルであれば、地下鉄サリン事件など起こさないでしょうし、たとえ牢屋の中にいたとしても今とは違った結果になっていたと思います。

      正直、盲信している信者の方には、今回の内容でも響かないと思います。しかし、洗脳される前の方が踏み止まるきっかけになれば嬉しい限りです。記事を深くまで読んで頂けて感謝致します。

  • コメント失礼します。はじめに言っておきますが、私は信徒です。しかし、勧誘でもなんでもなく私個人の意見を書かせていただきますので、自分(投稿者さん)の考えと照らし合わせながら読んでもらえたら嬉しいです。
    まず事件についてです。メディア、教団、実際の裁判の情報などどれが実際に起きた事を言っているのかは今となってはわかりません。結局事件は完全に解明されずに終わってしまったので私自身も本当に確信を得られる情報があるなら知りたいですね。(もう無理ですが。。)なので教団内で陰謀?と言われても私は信じれないです。
    次に洗脳の解釈についてですが、まず私は洗脳はさせていません笑
    洗脳とは強制力を用いて、ある人の思想や主義を、根本的に変えさせること。 (wikiより)と書いてありますが、真理というものが存在すると思っているため私は教団に留まっています。そこで何故真理が存在するのかということですが、はじめは自分もこんなの存在するのか?と思っていました。端的に言いますと真理の実践をする事によって色々な体験をしたことです。例えば、私の場合だと実践を続けてる時はパチンコ屋(早くやめないといけないですが笑)にいつ行っても勝ってしまうとか本当にこうなってほしいと思った時にそのように現象が動くとかです。実践するまでとは0と100の差でこれが一瞬なら偶々だろ。とか思うのですが、持続的にこのような現象が起きるので真理は存在するのだと実感しました。ちなみに実践をある程度やめると信徒でいても信徒じゃない時の自分に戻るという感じです笑 つまり自分が思った通りに現象が動きにくくなります。
    真理とは、ずれるかもしれないですが、小さい頃に人間界では表現できない夢を何度もみたので輪廻転生は存在すると思ってます。
    カルマについては前世とかを考慮すると信じるのは難しいかもしれませんが、世の中いじめられる人いじめられない人、運のいい人(徳のある人)、運の悪い人(徳のない人)、なぜ差が生まれるのかを考慮すれば私はあるんじゃないかなと考えます。
    最後になりますが、このような記事はやはりカルマを積んでしまうと思います。沢山の方々が見られると思うので。カルマなんか存在しない!運のいい人運の悪い人それも偶々!と思っておられたら私からは何も言えませんが
    「真理が存在するかしないか」が確実にわからない
    とするならもし真理が存在しカルマが存在した場合、この記事はかなりの悪業を積んでしまうと思います。そのようなリスクを背負うくらいならこの記事を消す方が悪い方に傾く事は無いと思います。私は起こる現象が起こるべくして起こっていると思っていますので、投稿者さんが真理を実践できるならしてほしいと思います。できなくても生きてる間に良い事を沢山して人生を楽しんでほしいです!お互い人生より良くがんばりましょう!

    • ゆうゆう様

      コメント誠にありがとうございます。現役の信徒の方がコメントをされていて驚きました。あまり長々と書くつもりはありませんが、要点を2つ書かせて頂きます。

      まず、このブログ記事に反応して、そのような内容を書かれている時点で洗脳されていると思いますよ。全く洗脳されていないのであれば、わざわざそのようなことを書く理由がありませんので。

      2つ目は、私は麻原氏を絶対者だとは思っていないので、そもそも今回の記事が悪業にあたるとは思っていません。真理に関しても、違った角度から学習をした結果、自分の中では別の回答を導き出しています。よって、心配して頂いたことは嬉しく思いますが、問題ないと判断しております。

      逆に、もし仮に真理があったと仮定して、間違った人物をグルと崇めているアレフ信者の方の方が悪業になると考えておりますので、その点を心配しております。お互い現状では相容れない部分があると思いますが、私はそのように考えております。

  • 洗脳はされてないですよ。例えば、良い事をすれば良い事が返ってきて悪い事をすれば悪い事が返ってくる。このような事が体験を通して理解ができています。実体験によって理解ができてますので、洗脳はされていません。仮に実践によって体験も何も得られてなく、ただ崇拝しているだけとかであればそれは洗脳されているかもしれません笑
    そもそも上記の内容であれば他宗教でも書かれている場合もあると思います。

    私は私自身の体験を信じて(起きてしまった事は信じるしかないので)動いているだけです。とはいっても投稿者さんがおっしゃる通り麻原氏が絶対者であるか否かは断言できませんね。
    しかし、教義はやはり正しいものだと思います。体験をしておりますので、これは嘘のつきようがありません。
    仮に麻原氏が間違った人物であっても
    「良い行いをする」この事は未来必ず自分のためにも相手のためにもなると考えております。

    あと真理を違った角度からの回答?を具体的に教えてもらえたら幸いです。

    とは言え、投稿者さん目線からだと教義をあまり聞いていないため悪業にはならない。洗脳である。と考えられ、
    信徒目線からすると教義をある程度進めているのでこれは正しいですよと断言できる。
    このような対立が起きていて、世間ではかなり悪いイメージでありますので、お互い自分が信じる方に動くことしかできませんよね。
    結論、自分が信の方に動くのでどうしようもないという事です笑
    話が長くなってしまいましたが、真理の道に進もうが進ままいが、お互い悪い事をせず、良い事をしましょう!輪廻転生を信じておられるかわかりませんが、来世でも良い生を歩んでほしいと思います!

    • ゆうゆう様

      そうですね。話もうまくかみ合わないようですし、こちらも特に議論をするつもりはありません。

      お互い自分が信じる方向に進むしかないと思います。結局は、人生は自己責任ですし。

      これ以上は、私の見解もお答えする必要はないかと思いますので、お気になさらないでください。

  • ogawavision様

    お返事のコメントありがとうございます。
    確かに、おっしゃる通りですね・・・洗脳される前に不本意に信者になることをふせげたらいいですね。

    また、人それぞれに霊的成長のプロセスというものが異なると思うので、小川さまが今後も世の平和のために、この体験を良い形でいかせますようにお祈りしています✨

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です