変化を敏感に感じることが大切

オガワです。

 

最近、妙な変化を感じています。

 

僕の毎日は、
依頼された原稿を書いたり、

自社媒体の情報発信をしたり
基本的に引き籠っていることが
多いです。

 

カフェなどで作業もするので
引き籠りは大げさな表現かも
しれませんが。

 

でも人と会う機会は
あまりありません。

 

 

それなのに…

 

なぜか

「オガワさんの周りに
 ●●に詳しい人はいませんか?」

という風に紹介を
お願いされることが
いきなり増え始めています。

 

この1週間だけで4件もです。
僕自身、とても驚いています。

 

 

連絡を取り合う人も
限られているのに、

なぜいきなりこのような展開に
なっているのか本当に謎です。

 

 

僕は、半年ほど前から、
自分が取り組む分野を絞り、

他のことを徹底的に捨てて
日々やりたいことに没頭して
きました。

 

 

その結果、自分の望んでいる
成果が徐々に出始めてきました。

 

ゴールに向かって着々と
進んでいる手応えを感じています。

 

引き籠ってもネットを
存分に活用して収益を
最大化させてみせる。

 

そう決意して取り組んできました。

 

 

リアルで人と会う機会が
少なくても、コミュ障でも
ネットがあれば稼げる。

 

今ではそう確信していますし、
実際収益も着々と増えています。

 

 

そんな僕に

「人を紹介してほしい」

ってなんでだろと思いました。

 

 

こういうのって
“変化の兆し”ですよね。

 

なにかは分かりませんが、
皮膚感覚で感じるものが
あります。

 

「重要なポイントだ」と。

 

別に根拠はありませんし、
もしかするとただの勘違い
かもしれません。

 

 

でも、自分でビジネスをするなら
こういう変化を見落としては
いけないと思うんですよね。

 

どんな結果に発展するか
分からないですから。

 

ビジネスに限らずどんな分野でも
長く成果を出している人って、

小さな変化に敏感な人が
多いと思います。

 

“差”に気づくというか、
周りをよく見ているというか。

 

だから市場や見込み客の変化も
敏感に感じられるのだと思います。

 

変化に気づくって大事だなー。

 

 

今回のことで、他にも
気づいたことがあります。

 

振り返って考えてみると、
僕を頼ってくれる方達には、

過去に精いっぱい価値提供を
してきました。

 

そのため僕に対して一定以上の
信用があったのだと思います。

 

過去の自分がやってきたことが
今の自分を作り上げているのだと
改めて感じた瞬間でした。

 

そう考えると、
周りの人にどれだけの
価値提供をできたのか。

 

これが人生の質に
大きく影響することですね。

 

よい気づきを得られました。

 

それでは、また!


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です