GWは仕事に徹する。しかしそれがいい。

 

オガワです。

 

 

明日から世間では

「ゴールデンウィーク(GW)」

というやつらしいですね。

 

 

僕も会社員経験があるので、
大型連休はワクワクしますよね。

 

 

しかし…

 

 

今のニート個人事業主の立場で
仕事をするようになってからは、

世間の大型連休とはほとんど
関係なく働いています。

 

 

休みたい時に休んで、
働きたい時に全力で働く。

 

 

こんな感じのスタンスです。

 

 

 

逆に大型連休を避けて
休んでいる感じですかね。

 

 

だって、大型連休って
どこも込みますし。

 

 

基本的に人混みが
とても苦手なので。

 

 

「混んでる」というだけで、
耐えられなくなります。

 

 

 

大型連休を避けて平日に
旅行をすると、観光スポットも
空いていて快適に過ごせます。

 

 

僕はGWの翌週(平日)に
旅行してこようと思います。

 

 

このように自分の好きな
タイミングで休めるのが、

フリーランスになって良かったと
思う最大のメリットです。

 

 

僕の場合は納期さえ守れば
いつ休もうが勝手ですし、

他の会社が休んでいたら
仕事にならないような
ビジネスモデルでもありません。

 

 

 

法人向けの営業会社であれば、
GWは営業効率が下がりますので、
休みになるのでしょうね。

 

 

会社のビジネスモデルによって
休みや働き方は変わってくると
思います。

 

 

 

あと、会社員時代に嫌だったのが、
大型連休が終わった後の出勤日です。

 

 

本当に憂鬱だった記憶があります。

 

 

「今日から会社か…」

 

 

ブラック企業で働いていたことも
あるので、その時は人生でも上位に
入るくらい大変な思いをしましたね。

 

 

その会社を続けていたら、おそらく
僕は今ごろ潰れていたでしょう。

 

 

上司からのパワハラに屈し、
思考停止状態になり、

さらに毎日顔に生気がなく、
自分の可能性を見い出せずに
働き続けていたと思います。

 

 

会社にもよりますが、
営業系の会社に入ると
人間関係にとても苦労しますね。

 

 

今振り返っても、

「なんであんなに人を
 平気で苛められるんだろう」

と不思議に思ってしまいます。

 

 

人間は環境に適応する生き物ですから、
上司や会社の雰囲気に少しずつ
染まっていくのですかね。

 

 

僕は、その会社は早い段階で
辞めてしまいましたが、

その判断は今でも
良かったと思っています。

 

 

もちろん、とても良くしてくれた
会社もありましたよ。

※株式会社F.A.Oの千田涼介さんとか

 

 

 

お世話になった方には
今でも感謝していますし、

これからできる限り
返していきたいと思っています。

 

 

 

こうして振り返って考えると、
周りの人が進んでいる道とは

違う方向に進んでいることが
非常に多いと思います。

 

 

マイノリティ(少数派)を
選んで生きてきています。

 

 

それが良いか悪いかは、
人それぞれの判断に
なってくると思いますが。

 

 

しかし今回のGWのような
大型連休に旅行に出かけると、

航空券やホテルも価格が上がり、
通常よりも割高な旅行になる
ケースが多々あります。

 

 

ですから世の中の多数派の動きと
逆をついた方が快適に過ごせる。

 

 

そのように考えています。

 

 

というより、そんな生活を送りたくて
今の働き方を選んでいるわけですけど。

 

 

できる限り少数派へ。
できる限り逆張りをする。

 

 

大勢と同じ動きをするのでは、
何かとデメリットが多いことも
理解しなければいけません。

 

 

ということで、GWは
全力で働きます!(笑)

 

 

それでは、また!

 


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です