結局は楽しんだ者勝ち!食わず嫌いの落とし穴とチャレンジの重要性

 

オガワです。

 

 

とても苦戦しています。

 

 

今、新しいブログを作るために
悪戦苦闘しています。

 

 

作れる人に丸投げしたら
簡単でラクなのは分かります。

 

 

しかし、これから自社メディア作りに
力を入れていきたいと考えている以上、

自分でもある程度の知識とスキルを
身につけた方が
いいと考えています。

 

 

結果、自分でもあれこれ
ブログをいじりながら
慣れていってるわけです。

 

 

 

ただ、WordPressでブログを
作って
いるのですが…

 

 

これがムズい。

 

 

はっきり言って、全然なにを
やればいいのか分かりません。

 

 

参考サイトを見ながら
日夜勉強しています。

 

 

この作業に結構な時間を
取られてしまいますね。

 

 

仕方がないことではありますが
初めて行うことは右も左も
分からないので苦労します。

 

 

最初はほんとに「なんだこれ?」
と思うことばかりでした。

 

 

 

 

しかし、やっていくうちに
少しずつですが理解できるように
なってくるんですよね。

 

 

そうなると「楽しい」という
感情が芽生えてくるわけです。

 

 

「あー!なるほど!
 そういうことね!」

 

 

こんな感じで少しずつですが
前進している感覚があります。

 

 

すると作業に没頭していて、
あっという間に時間が過ぎて
しまっています(苦笑)

 

 

ずっとコピーライターを
やってきていますが、

プログラムやシステム系が
すごく苦手なんですよね。

 

 

苦手意識が強くてすぐに

「もう無理!」

となってしまいます。

 

 

そのため今までは、
避けていたわけですよ。

 

 

しかし、真剣に取り組んでみると
意外と「楽しいかも」と。

 

 

そう思えてきました。
なんか嬉しい発見です。

 

 

食わず嫌いを克服できた
感覚ですかね。

 

 

生きていたら食わず嫌いで
なんとなく嫌いになっていることって
案外たくさんありますよね。

 

 

僕の場合は、プログラムや
システム関係がそうでした。

 

 

 

人によっては営業だったり、
デザインだったり、会計だったり…

 

 

苦手意識があって食わず嫌いで
避けてきたものがあると思います。

 

 

でも、それって勿体ない気がします。

 

 

真剣に取り組んでみて
向いてないと判断するのと、

やる前から向いてないと
決めつけるのは違いますからね。

 

 

僕もビジネスだけに限らず、
色々な場面で避けているものが
多い気がします。

 

 

重い腰をあげてやってみると
意外と面白かったり向いていたり。

 

 

やってみないと本当に
分からないですよね。

 

 

 

でも、最初から楽しいわけでは
ないと思います。

 

 

僕も、今得意としていることは、
最初から楽しいと思って続けていた
わけではありませんし。

 

 

むしろその逆で、
最初はツラくてツラくて…

 

 

 

 

でもやり続けていくと、
ある瞬間から「そういうことか!」と
理解できるタイミングがやってきます。

 

 

これは不思議なんですけど、
理解できると「楽しい!」と
思えるようになってきます。

 

 

 

このステップにたどり着くまでが
勝負と言えますね。

 

 

 

 

結局、何事も楽しめるように
なったら勝ちなんです。

 

 

他の人が嫌がることでも
自分が楽しいと没頭できますし、
それが圧倒的な強みになります。

 

 

ほとんどの人は根気がなくて
続けられないですからね。

 

 

僕も今以上に没頭して
つき抜けていきたいです。

 

 

まだまだ足りてないですから。

 

 

ただ自分は「ライティング」に
最も注力すべきビジネスなので、

センターピンではないことは、
あまりハマり過ぎないように
注意します。

 

 

それでは、また!

 


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です