どうやら僕は変わってしまったようです。

 

オガワです。

 

 

どうやら僕は変わって
しまったのだと思います。

 

 

昨日、中学校の同級生から
突然連絡がきました。

 

 

もう20年近く話を
していない同級生です。

 

 

Facebookからメッセージがあり
「電話して」とのこと。

 

 

「いきなり何事だ?」と思いました。

 

 

もしかしてFacebookアカウントを
乗っ取られたのか?

 

 

そんな勘繰りさえしてしまいます。

 

 

昔は仲が良かった同級生ですが
最近では全くと言っていいほど
連絡も取っていませんし、
絡みもありません。

 

 

お互い電話番号も知りませんから
同級生もFacebookから連絡を
してきたのです。

 

 

恐る恐るメッセージにあった
電話番号に電話をしました。

 

 

最後に話をしたのもいつだか
覚えていないレベルなので
同級生の声も分かりません。

 

 

電話に出た人は同級生だと
言い張っていたので、

無事、同級生に電話が
繋がったということでしょう。

 

 

他の同級生の話や僕の過去の
恥ずかしい話を遠慮もなく
ズバズバ切り込んできました。

 

 

話をしていると、どうやら
本当に同級生のようです。

 

 

どうして突然連絡を
してきたのか尋ねると、

「同窓会をするから」

という理由。

 

 

ゴールデンウィークに
できる限り沢山の人を集めて
同窓会をやりたいとのこと。

 

 

 

自分も懐かしさを感じて

「こういうの久しぶりだな」

と思いましたが、
驚くべきことに気がつきました。

 

 

全然行く気にならない…

 

 

一昔前の僕でしたら
友達との集まりには
積極的に顔を出していました。

 

 

むしろ自分が企画をして
友達を集めたりしていました。

 

 

しかし、最近では飲みに行く
機会も限られています。

 

 

それどころか会う人すら
非常に限定されています。

 

 

自分が会いたい人とだけ
会っている状態です。

 

 

そのような環境にいると
不特定多数の人と交流する場に
行くのが億劫になってしまいます。

 

 

しかし人間は
環境の生き物ですから、

こういうことって
多いと思うんですよね。

 

 

ビジネスシーンでも
結構起こっていることです。

 

 

「会った方がいい人と会わない」

「出た方が良い集まりに出席しない」

「参加した方がいいセミナーに行かない」

 

 

本来であれば行動すべきところで
億劫になってしまう。

 

 

そして気づかないうちに
チャンスを逃してしまう。

 

 

そう考えると怖いなと思いました。

 

 

チャンスを逃したことすら
気づいていないわけですから。

 

 

会うべき人には時間を割いて
会った方がいいと思います。

 

 

 

だからと言って、
誰彼構わず会うのも
良い選択とは言えません。

 

 

時間は有限ですから
時間の使い方は非常に重要です。

 

 

では、どういう基準で
選べばいいのかなと。

 

 

あくまで僕個人の考えですが、

 

・自分が好きな人

 

・自分よりもレベルの高い人

 

・会うことで成長できる人

 

・会うことで得がある人

 

 

どれかに該当している
必要があるのかなと思います。

 

 

 

何も考えずに人と会っても
時間を浪費するだけです。

 

 

その基準に照らし合わせると
同窓会は「自分が好きな人」に
会える場ではあります。

 

 

しかし、もう20年近く
会っていない人達ですし、

会いたいというモチベーションも
それほど高くはありません。

 

 

この雰囲気だと
同窓会は行かない気がします。

 

 

行動する上で明確な判断基準があると
迷うことも少なくなるので楽ですね。

 

 

そもそも僕は、
やりたいことが決まっているので、
集中して取り組んでいたいのです。

 

 

まずはやるべきことを
きちんと積み上げなければ!

 

 

同窓会に出ないと言ったら
怒られそうだなー(苦笑)

 

 

それでは、また!

 


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です