誕生日に直感と決断の重要性について考えてみる

 

オガワです。

 

 

おかげ様で本日
33歳の誕生日を迎えました。

 

 

Facebookでコメントや
メッセージをくださった皆さま、
誠にありがとうございます。

 

 

心からお礼申し上げます。

 

 

これからもっとレベルアップして
より多くの価値提供ができるように
精進してまいります。

 

 

そして先日、誕生日の前でしたが
友人がサプライズでプレゼントを
くれました。

 

 

正直、全然予想して
いなかったので
とても驚きました。

 

 

いくつになっても
誕生日を祝ってもらえるのは
嬉しいものですね。

 

 

せっかくの節目なので、
32歳を振り返ってみたいと
思います。

 

 

 

32歳を一言で言うと、
「立て直しの年」でした。

 

 

2015年に投資詐欺事件で
大変な状況に陥ったので、

どん底から脱却するために
足掻きまくった一年だと言えます。

 

 

2015年はあまりに
お金が無かったので、
一度会社員に戻りました。

 

 

そして会社が終わってから
毎日パソコンに向かって
作業し続けました。

 

 

1日3時間以上は自分の
ビジネスの作業をすると決めて
コツコツと取り組んできました。

 

 

その甲斐あって、
ライティングの原稿執筆の
依頼を頂けるようになり、

個人事業主として
独立できるまでになりました。

 

 

大変な時期もありましたが、
今は前より余裕を持って
ビジネス展開ができています。

 

 

仕事の依頼も安定してきましたし、
ようやく次のステップに進む
準備ができたと思います。

 

 

これからさらに、目標に
向かってやるべきことを
積み上げていきます。

 

 

 

こうして振り返って思いますが、
チャンスというのは予期せぬ
ところから突然やってきます。

 

 

直感が「!」となった時は
そのチャンスを逃しては
いけないと思います。

 

 

直感で「チャンスだ」と
思ったことを全力で
取り組んだおかげで、

成果が出るように
なってきました。

 

 

本当に不思議なことですが、
直感で選んだものって
ほとんど外れないんですよね。

 

 

逆に直感ではなく
理屈で考え過ぎた時は
大体うまくいっていません。

 

 

じっくり考えて選んだ方が
うまくいきそうなものですが、

脳は一瞬にして自分に合う情報と
そうでない情報を選べるのだと
思います。

 

 

ですから最近は、昔以上に
直感を大切にしています。

 

 

そして、これも不思議なのですが、
自分が「このビジネスをやる」と
決断すると、それに必要な情報や
人脈が自然に整っていきます。

 

 

 

逆に決めきれていないと、
思うような成果は出ません。

 

 

僕も昔ネットワークビジネスに
取り組んでいた時に、そのことを
痛感しました。

 

 

頭で考えて良いと思えることも
決断できなければ伝える力が
湧き上がってきませんし、

相手にもそのことが雰囲気で
伝わってしまうものです。

 

 

理屈も大切ですが、
それ以上に重要なのは

決めきれるかどうか
なのだと思います。

 

 

 

決断できると予期せぬ出会いや
チャンスも多くなりますし、
道がどんどん広がっていきます。

 

 

これは理屈で説明できませんが、
自信を持って言えることです。

 

 

しかし“決断”は
簡単なようで難しいと思います。

 

 

普通はなかなか決めきれません。
その気持ちもよく理解できます。

 

 

しかし何事も決めなければ
成果が出ることはありません。

 

 

大切なのは“直感”を信じ、
進む道を“決断”してブレずに
積み重ねていくことです。

 

 

僕もこれから進む道に対して
きちんと“決断”して
前に進んでいきます。

 

 

これからも温かい目で
見守って頂けると幸いです。

 

 

それでは、また!

 


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です