それは成果を出すために十分な行動量か?

 

オガワです。

 

 

何事もチャレンジだと思います。

 

 

先日のメルマガ発行もそうですが、
自分が達成したいゴールに向かって

必要な努力をすることが
大切だと思います。

 

 

「何あたり前のことを言ってるんだ」
と思われるかもしれませんが、
とても大事なことだと思っています。

 

 

 

結局、成果が出ないのは

・必要な努力をしていない

・正しいやり方をしていない

このいずれかになってきます。

 

 

そして多くの場合は、
成果を出すのに必要な
行動をしていません。

 

 

ネットビジネスの世界では
特にこの傾向が強いと思います。

 

 

副業として取り組むとしても
専業で取り組むとしても

成果を出すために行動量が
重要になってきます。

 

 

成果を出している人の
話を聴いていると、

“基準値”が全然違うなと
強く感じます。

 

 

 

ある方の場合、ネット広告の
反応を調べるために3ヵ月で
数百回もテストしたそうです。

 

 

もう基準値が違います。

 

 

その方は組織でやっているので
個人が真似しようと思っても
難しいとは思いますが、

それでもこの行動量は
凄まじいと思います。

 

 

それだけやっていたら
反応の出た広告と反応が
出なかった広告の差が
明確に分かるはずです。

 

 

徹底的にやり込んでいくことが
成果を出すために最も重要な
要素だと思います。

 

 

 

ネットビジネスで成果が
出ていない人を見ていると

「成果を出したい」

「月収100万円を超えたい」

「絶対に成功します」

と言っています。

 

 

その意気込みはよく分かります。

 

 

しかし、

 

「昨日仕事が終わったら
 何をしていましたか?」

 

と聞くと

 

「テレビを見ていました」

 

「疲れて寝ちゃいましたね」

 

「友達と飲みに行ってました」

 

 

 

マジか…

 

 

行動してないじゃん!

 

 

行動していないのに
成果が欲しいと言っている。

 

 

笑い話に聞こえるかもしれませんが、
実際には行動しない人の方が
圧倒的多数なのです。

 

 

あたり前の話ですが
どんな天才でも行動しなければ
成果を出すことなんてできません。

 

 

行動しないで成果が出せるなら
それはもう人間ではありません。

 

 

さらにちょっと行動しただけで
やった気になっているパターンも
あります。

 

 

 

「昨日は10分作業しました」

という感じですね。

 

 

 

いや、もうちょっとやろうよ…

 

 

 

どんな分野でもそうですが、
ビジネスは決して甘い世界では
ありません。

 

 

相応の努力は必要ですし、
日々の試行錯誤も必要です。

 

 

僕も日中働きながら自分の
ビジネスをやろうとした時は、

20時から24時くらいまでは
ほぼ毎日作業をしていました。

 

 

1日3時間以上は
作業をすると決めて

取り組んでいました。

 

 

家に帰ると集中力が落ちるので、
近くのカフェに行って閉店まで
作業していました。

 

 

それを数ヶ月続けました。

 

 

その結果としてブログを
見てくださった方から仕事の
依頼を頂けるようになりました。

 

 

特に最初は行動量を
意識する必要があります。

 

 

飛行機の離陸と同じで
最初飛び立つまでが
一番力を使います。

 

 

そこで労力をかけなければ
飛び立つことなく
走り続けることになります。

 

 

何事もそうですが、
最初は大変です。

 

 

しかしこの最初の
労力を惜しんでは、
結果から遠ざかります。

 

 

僕も

「日々の行動が成果を出すために
 十分な行動量になっているか?」

 

これを問いかけながら
毎日突っ走っていきたいと思います。

 

 

それでは、また!


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です