会社員だった頃を思い返してみる

 

オガワです。

 

 

今日から4月です。

 

 

2017年も3ヵ月が
経過したことになります。

 

 

時間の流れは
本当にあっという間です。

 

 

一日一日を大切にしたいと
改めて感じます。

 

 

 

昨日は、昔とてもお世話に
なっていた方と久しぶりに
ご飯を食べに行きました。

 

 

普段、あまり会う
機会はありませんが、
とても尊敬している方です。

 

 

僕よりも先に進んでいる方なので
話も非常に勉強になります。

 

 

その方は自分でビジネスを始めて
ずっとコツコツと努力を
積み重ねていました。

 

 

それが今、大きな結果となって
ビジネスに反映されています。

 

 

ビジネスをスタートして
しばらくは
全然結果が
出なかったようです。

 

 

結果が出るのに時間が掛かる
ビジネスモデルでしたが、

それでも諦めずに日々努力を
積み上げ続けたのです。

 

 

本当に凄いなと思います。

 

 

話をしていくと、

「あー、自分はまだまだだな」

と痛感します。

 

 

自分も今より基準値を上げて
ビジネスに取り組む
必要があると
感じました。

 

 

つくづく人生は「これで良い」
ということは無いのだと思います。

 

 

上を見たらキリはありませんが、
日々自分を成長させていく
必要があるのだと感じます。

 

 

自分を成長させることで
周りの方達により多くの
貢献をしていくことが
できるからです。

 

 

そういった観点で言うと、
僕はまだまだですね。

 

 

ビジネスをすると自分の器が
周りに与えられるものに
直結していくと思います。

 

 

ですから、なおさら
手を抜くことができません。

 

 

手を抜いた先に
成長はないからです。

 

 

僕は学生の頃に
ビジネスの師匠と出会って、
考え方が大きく変わりました。

 

 

自分でビジネスをしたいと
強く考えるようになりました。

 

 

そこから紆余曲折あり、
今の状態に至っているわけですが、

僕なりに会社に雇われないで
生きていく方法を模索し続けました。

 

 

ちょっと昔を振り返って
僕のキャリアをザックリ
書きたいと思います。

 

 

・21歳~23歳

インターンシップ&ビジネスの師匠に弟子入り

 

 

・23歳~24歳

ネットビジネスのベンチャー会社で
働き詰めの毎日を送る

 

 

・25歳~30歳

本業はコピーライターとして
ネットビジネスの会社に勤める。

 

サイドビジネスとして
ネットワークビジネスを4社経験。

 

 

・30歳~31歳

投資事業を行い大失敗。

お金も信用も失い
人生のどん底を経験。

 

 

・31歳~32歳

ネットビジネスの世界に戻り、
コピーライターとして活動。

 

 

 

こんな感じです。

 

 

会社勤めもしていますが、
基本的には長く続きません。

 

 

もうびっくりするくらい
サラリーマンが向いて
いないのだと思います。

 

 

それでも、僕にも
サラリーマンだった
時期はあるわけで。

 

 

働いている方の
お気持ちもよく理解できます。

 

 

僕がサラリーマンをしていて
耐えられなかったのは、

毎日決まった時間に出社し、
会社に拘束されることです。

 

 

平日、大体9~12時間くらいは
会社に拘束されます。

 

 

労働の対価として報酬を
頂いていますから、
当然と言えば当然のことです。

 

 

でも、僕にはこれが
本当に耐えられませんでした。

 

 

言い方を変えると
サラリーマンから逃げた男です。

 

 

ですから僕には、
自分でビジネスをやる以外の
選択肢がなかったのです。

 

 

自分の望む未来のために
全力で努力しようと思いました。

 

 

結局、何が言いたいかと言うと、
未来をよくするためには、
今を頑張るしかないということです。

 

 

自分より先に進んでいる人に会って
改めてやりきる決意を固めました。

 

 

決めた道をブレずに進む。

 

 

中途半端にせず、やりきる。

 

 

さて、次の展開に向けて
頑張ってまいります。

 

 

それでは、また!

 


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です