誰しも気づかないところで支えて貰っている

 

オガワです。

 

 

昨日は、お世話になっている方の
サプライズバースデーパーティーに
参加してきました。

 

 

サプライズを仕掛けられる女性が
「ももいろクローバーZ(ももクロ)」の
ファンということで、

仕掛ける側が仮装して
ももクロの歌を歌うという
サプライズを実施することに。

 

※実際に行った仮装。

 

 

結果こんな恰好で、ももクロを
熱唱することになったわけです。

 

 

僕はももクロの歌を
全然知らなかったので、

前の日にYouTubeで調べて
歌の雰囲気を覚えました。

 

 

他の方もいたので、
僕が歌をうろ覚えでも
サプライズは無事に成功しました。

 

 

喜んで頂けたみたいで
本当に良かったです。

 

 

僕は企画側ではなく
企画に乗っかっただけなので
大したことはしていませんが。

 

 

それでも誰かが喜ぶところを
間近で見られるのは心が
温かくなります。

 

 

最近、人と会う機会が
減ってしまった僕にとっては、
とても良い時間になりました。

 

 

サプライズパーティーの後は
すぐに帰って寝ようと
思っていたのですが、

別の友人から強引な呼び出しをくらい
そちらに移動することになりました。

 

 

すすきのでお店を
ハシゴするなんて
あまりないことです。

 

 

友人と合流すると
すでに出来上がっていて
てんやわんやの状態になりました。

 

 

でも楽しかったので
行って良かったと思います。

 

※シメのラーメン。すすきのの天真爛漫に行きました。揚げたゴボウが入っているのですが、味噌ラーメンのスープとマッチして、とても美味しかったです。おすすめのラーメンです。

 

 

こうして親しい人と
時間を共にすると、
気づかされることがあります。

 

 

それは、気づかないところで
周りの人に支えられている
ということです。

 

 

仕事でもプライベートでも
人間は一人では生きていくのは
極めて難しいことだと思います。

 

 

ほとんどの場合、誰かの
手助けやサポートがあって
生きていくことができるのです。

 

 

当然ビジネスの現場でも
当てはまることです。

 

 

個人事業主で活動していても
クライアントやビジネスパートナーの
存在があってご飯を食べることが
できるのです。

 

 

会社に勤めていてもそうです。

 

 

営業職でも事務職でも
色々な人のサポートがあって
会社は回っています。

 

 

「自分一人でもできる」という
考え方は驕りだと思います。

 

 

僕も個人事業主で
活動しているから分かりますが、

自分で全部のことをやるなんて
ほぼ不可能に近いです。

 

 

もちろんできる限り自分で
やろうとはします。

 

 

しかし実際問題、
やることが膨大過ぎて

自分一人の力では
全てを回すのは無理です。

 

 

結局、人間一人の力なんて
たかが知れています。

 

 

仲間と助け合いながら
進んでいくのが、最も
良い選択だと思っています。

 

 

しかし、周りの人への感謝って
つい忘れてしまいがちです。

 

 

「自分一人の力でやった」

 

こう言いたくなる気持ちも
よく分かります。

 

 

人間は誰しも
「認められたい欲求」があるので、
自慢したくもなりますよね。

 

 

しかし自分が気づかないところで
力を貸してくださっている方も
いるはずです。

 

 

そういった方達への
感謝の気持ちも忘れては
いけないと思います。

 

 

そう言いながら僕も
まだまだ出来ていないので

周りの方への感謝を忘れず
一つずつ恩を返していきたいと
考える毎日です。

 

 

僕も大切な人達を
もっと支えられるように
なりたいと感じました。

 

 

それでは、また!

 


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です