違いを受け入れないと成長はない

 

オガワです。

 

 

自分の価値観と違うことを
学ぶから成長があるのだと
感じています。

 

 

なぜそう思ったのか?

 

 

先日ある人と会った時に
興味深い話が出てきました。

 

 

世の中には食べ物を一切食べない
「不食」の人が存在しています。

 

 

僕も最初聞いた時は
驚いたのですが、

世界には約4万人も
いらっしゃるようです。

 

 

4万人ってすごい数ですよね。
一つの町ができてしまいます。

 

 

仮に不食の方が集まる町で
飲食店を開こうものなら
廃業間違いなしでしょう。

 

 

脱線しましたね。
話を戻します。

 

 

これは笑い話かもしれませんが、
ある不食の方が健康診断をした際に

「肥満の傾向があるので、
 食べる量を減らした方がいいですね」

とお医者さんに言われたのだとか。

 

 

えっ!?

 

その方は不食ですから
当然食事を一切摂りません。

 

 

世の中で最も食べていない人です。

 

 

しかしお医者さんは
健康診断の数値を見て

食べる量を減らして
くださいと
言ったのです。

 

 

僕がお世話になっている方からの
話ですから、本当のことだと思います。

 

 

お医者さんからすると
「不食」で生きている人が
病院に来ることは滅多に
ないのだと思います。

 

 

ですからお医者さんも自分が
的外れな
回答をしているとは
思っていないはずです。

 

 

今まで学んできた医学の
常識に当てはめて答えを
導き出しているのだと思います。

 

 

しかし世の中にはまだ
解明されていないことが
山のようにあります。

 

 

不食もその一つです。

 

 

ですから今までの価値観や
常識だけに当てはめてしまうと

トンチンカンな回答に
なってしまうのです。

 

 

だって全く食べていない人に
食べる量を減らしてくださいって
言っちゃうわけですから。

 

 

しかしお医者さんも努力して
身につけてきた知識ですから、

その知識がベースとなり、
価値観を形成しています。

 

 

自分の回答が間違っているとは
考えません。

 

 

しかし不食の方は実際にいますし、
様々な見解がなされています。

 

 

「ミトコンドリアの活動が活発」

 

「光合成に近い形で
 エネルギーを生みだしている」

 

「オートファジーで生み出された
 エネルギーを消費している」

 

 

食べなければエネルギーが
生み出されないと考えている

栄養学や医学の常識と
かけ離れた生き方です。

 

 

今回は医学を例に出しましたが、
ビジネスの世界でも実は
同じようなことが起こっています。

 

 

例えば、儲かっている経営者と
儲かっていない経営者では、
考え方や価値観が違います。

 

 

そして儲かっている
経営者のやり方や考え方を
受け入れることができません。

 

 

「それは違うと思う」

 

「納得できない」

 

「自分なりのやり方がある」

 

 

自分の考え方、やり方を
頑なに変えようとしない方も
結構いると思います。

 

 

そりゃ人間には感情がありますし、
簡単なことではないと思います。

 

 

しかし儲かっている経営者と
儲かっていない経営者の差は

その納得できない部分だったり
するわけです。

 

 

つまり価値観の違いですね。

 

 

儲かっていない経営者からすると
今までとは違う考え方なので

とてつもない違和感が
あるのだと思います。

 

 

しかしそれを受け入れられないと
いつまで経っても成長はないと
思うわけです。

 

 

 

経営者によっては

「人を騙してでもお金を稼げればいい」

と考える人もいれば、

「お客様に価値提供して
 適正な代金を頂く」

と考えている人もいます。

 

 

営業マンも

「営業かけるのは申し訳ない」

と考える人もいれば、

「この商品を売ることで
 お客様はもっと良くなる」

と考える人もいます。

 

 

同じことをやっていても
考えていることが全然違うのです。

 

 

ですから結果に違いが出るのは
あたり前の話なのです。

 

 

しかし考え方は目に見えませんから
多くの方が見落としてしまいます。

 

 

結果が出ていないのは、
結果が出ない考え方が
ベースにあるからです。

 

 

それを修正していかなければ、
今とは違う未来は手に入りません。

 

 

僕もまだまだですから、
稼げる経営者の考え方、価値観に
自分をバージョンアップさせていきます。

 

 

先があるというのは
楽しいですね。

 

 

僕も来週の頭にいよいよ
メルマガを発行しますから

次のステージに向けて
全力で進んでいきます!

 

それでは、また!

 


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です