見方によっては成功者はバカなのです

 

オガワです。

 

 

結果を出している人の
行動パターンを見ていると

「様子を見る」という選択肢が
ほとんどないことに気がつきます。

 

 

大体の場合、
「即行動」しています。

 

 

これは成功者の
鉄板ルールだと思います。

 

 

常にスピードを意識して
即行動していく。

 

 

経営者全般に言えることですが
決めるのも早いですし、
行動も早いです。

 

 

この姿勢が本当に大切なのだと
最近は痛感しているわけです。

 

 

 

どちらかと言うと
僕は腰が重い方です。

 

 

即決即断というよりは
「1日考える」というタイプです。

 

 

即決即断をしている人を見ると
「すごいな」と思ったりするわけです。

 

 

 

もちろん、重要な意思決定の時は
冷静になるために少し時間を
おくのは大切だと思います。

 

 

特に投資などは、冷静さを失って
大きな損失を出すことも
十分にあり得るからです。

 

 

徹底したリサーチや
客観的な判断が必要なことも
あると思います。

 

 

しかし大部分のことにおいては、
即行動が基本原則だと思います。

 

 

大体のことは
まずやってみないと
分からないからです。

 

 

 

水の中に飛び込んでみないと
水泳の楽しさが分からないのと
同じだと思います。

 

 

プールサイドで眺めていても
水泳や水に入る楽しさは
絶対に理解できませんよね。

 

 

 

おそらく即決即断が
できない理由は

決断後のリスクを恐れて
いるからだと思います。

 

 

確かにリスクを
負うのは怖いものです。

 

 

リスクを負わずに成功したい。

 

 

誰もが望むことだと思います。

 

 

しかしそれは現実的に考えて
あり得ない話です。

 

 

どんな決断をするとしても
リスクは内在しています。

 

 

これは避けられません。

 

 

仮に会社員として
就職するとしても

会社が潰れたりリストラされる
リスクはありますよね。

 

 

電車に乗るという
日常的な行動ですら

痴漢に間違われて
捕まることもあり得るわけです。

 

 

本当に人生何が起こるか
分かりません。

 

 

 

ただ多くの場合、決断の際に
リスクになることって、

分解していくと
単純なものだったりします。

 

 

・お金が無くなるリスク

・時間が無くなるリスク

 

 

この2つのパターンに
集約される場合がほとんどです。

 

 

もし仮に3,000円の
セミナーに
参加するとしても

抱えるリスクはセミナーで
拘束される時間と
参加費の3,000円、
そして
交通費くらいです。

 

 

それが許容できるのであれば
悩む必要はありません。

 

 

必要がないと判断すれば
参加しなければいいだけです。

 

 

分解していくと
あまり悩む必要が

ないことに気づきます。

 

 

しかし、

・周りを勧誘する

・今の事業を根幹から揺るがす

 

 

このような意思決定になるなら
注意が必要です。

 

 

許容できるリスクの幅を
超えてしまう恐れが
あるからです。

 

 

しかしこのような場合は、
全体の意思決定の中でも
ごくわずかです。

 

 

ですから基本的には
即決断即行動です。

 

 

やると決めたら
徹底的にやる。

 

 

やらないと決めたらやらない。

 

 

 

ある種、すぐ行動するのは、
バカなのかもしれません。

 

 

人間が本能的に恐れる
リスクを顧みず飛び込んで
いくわけですから。

 

 

しかし成功している人を見ると
ほぼ例外なく行動力が
ズバ抜けています。

 

 

これは間違いありません。

 

 

僕も腰が重いタイプなので
自分への戒めとして
今回のブログを書きました。

 

 

よし、行動行動!
まずは髪切ろっと!

 

 

それでは、また!

 


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です