自己流は事故るらしい

 

オガワです。

 

 

先日、札幌にあるフレンチのお店
「メリメロ」に初来店しました。

 

 

知り合いが「美味しいよ」と
勧めてくれたので、前から
行ってみたいと思っていた
お店でした。

 

 

実際に行ってみると
料理も洗練されていて
とても美味しかったです。

 

 

前評判も良かったので
期待して行ったのですが、

期待を裏切らないクオリティで
とても良かったと思います。

 

 

では、簡単に食べたメニューを
ご紹介しますね。

 

 

▼前菜1

※薄いタルト生地に「トマトのマリネ」と「柿とクリームチーズ」が入っている。柿とクリームチーズは特に美味しかったです。

 

 

▼前菜2

※中に牡蠣が入っています。牡蠣も新鮮で美味しいですし、ソースも合っていました。

 

 

▼ボタンエビとふわふわのソース

※名前はすでに覚えていませんが、ふわふわのソースとボタンエビがよく合っていました。

 

 

▼ホタテとほうれん草ソース

※ホタテにほうれん草のソースがかかっています。ほうれん草以外にもいくつかの野菜をミックスさせた野菜だけのソースみたいです。野菜だけでこんなソースができるのかと驚きました。

 

 

▼魚料理

※もはや何の魚か覚えていないという適当具合。しかし、ソースが非常に印象的でした。パッションフルーツを使ったソースと濃縮させたレモンのソース。どちらも魚と合わせると程よい酸味が口の中に広がります。初めて体験する味でした。

 

 

▼メインの肉料理

※このメインのお肉、めちゃやわらかくて美味しかったです。角煮やチャーシュー以外でこんなにやわらかい豚肉は初めてです。オレンジを使ったソースで、さっぱり食べられます。うまいです。

 

 

▼デザート

※大葉のジェラート。えっ?と思いましたが、甘みとほろ苦さがマッチしていました。うまし。

 

※オレンジとジェラートと何かのムース。すごく美味しかったのは覚えているのですが、何のムースか思い出せない…。さっぱりとした後味で、あっという間に食べ終わってしまいました。

 

※最後はお茶請け。コーヒーにとてもよく合います。チョコブラウニーとチョコです。白いチョコには周りに粉が付いていて、その粉が良い感じで味にアクセントを加えていました。

 

 

 

メリメロで食べた料理は
どれも初めて食べた味ばかりで
驚いています。

 

 

肉を柑橘系のソースで食べたり、
ほうれん草などの野菜だけで
作ったソースでホタテを食べたり。

 

 

「なんだ、この味」

 

と思うようなものが
多かった印象です。

 

 

化学調味料に舌が慣れている
僕にとっては驚きの時間でした。

 

 

 

その道で修行してきた
プロは本当に凄いと思います。

 

 

一般人では想像もつかない
修行と努力を積み重ねて
きたのだと思います。

 

 

その努力の結晶でもある
料理を食べる。

 

 

過去の積み重ねを考えると
感動すら覚えます。

 

 

 

料理に限らず、
他業種の一流に触れるのは
非常に価値がある時間です。

 

 

普段では得られない
着想を得ることができます。

 

 

「接客でここまで目が行き届くのは凄いな」

 

「あー、これはこうなっているのか」

 

「この仕掛けは他でも使えそうだ」

 

など。

 

 

アンテナを立てていると
色々なことに気づきます。

 

 

こういう経験が
本当に大切だなと思います。

 

 

なぜなら人間の発想力は
知識量と比例してきます。

 

 

インプット量や経験が乏しければ
良い発想は出てきません。

 

 

無から無は
生み出されないのです。

 

 

 

知識や経験がないことは
いくら頭を捻っても
正解は導き出されません。

 

 

仮に外科の手術をするとして、
知識も経験もなければ、適切な
手術をすることはできません。

 

 

あたり前の話なのですが、
これがビジネスになると
途端に忘れ去られてしまいます。

 

 

うまくいっている人を
参考にした方がいいのに、

最初から自己流で
やってしまいます。

 

 

センスがある方や
元々の基礎がある方なら
それでも良いとは思います。

 

 

しかし僕も含めて大多数の方は
自己流でやってもうまくいきません。

 

 

ほとんどの場合は失敗します。

 

 

よく言われる

「自己流は事故る」

というやつです。

 

 

自己流は失敗確率も上がりますし
すぐに頭打ちになります。

 

 

それは自分だけの知識や
経験、発想で上達しようと
しているからです。

 

 

そうすると思考の枠を
広げることができませんから
限界突破できないのです。

 

 

それでは勿体ないですよね。

 

 

 

集客方法や接客方法、
営業方法など他業種に
学ぶものは沢山あります。

 

 

同じ業種だけではなく
他業種からもヒントを得る。

 

 

そしてそれを現場に活かす。

 

 

僕も慢心せずに常に学び、
成長を心がけていきます。

 

 

それでは、また!

 


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です