なぜ情報ビジネスは詐欺だと言われるのか?

 

オガワです。

 

 

最近、あることに
フォーカスしています。

 

 

それは「価値提供」です。

 

 

お客様の期待以上の
価値を提供できるように
日々、頭をひねっています。

 

 

 

このような考えになるのは、
僕が元々「情報ビジネス」と
呼ばれる業界にいたからです。

 

 

「情報ビジネスってなに?」

 

そう思う方もいるかもしれませんね。

 

 

簡単に言うと、
情報(コンテンツ)を販売して
収益をあげるビジネスのことです。

 

 

本やオーディオ教材、DVD、
塾、オンラインスクール、
コンサルティングなど。

 

 

色々な手法があります。

 

 

 

情報を販売することから

「情報ビジネス」
「情報商材」
「コンテンツ販売」

などと呼ばれています。

 

 

 

僕も情報ビジネス業界で
コピーライターをしてきました。

 

 

それこそキャリアで
一番長いくらいです。

 

 

ですから、
業界のこともある程度
理解しているつもりです。

 

 

情報ビジネスの世界では
「価値」という概念が非常に
曖昧なものだと感じています。

 

 

情報ですから、
提供手段によっては
形がありません。

 

 

本やDVD教材などでしたら、
形があるので分かりやすいと
思います。

 

 

しかしインターネット上で
ダウンロードする動画だったり
PDF形式の場合は、物が
存在するわけではありません。

 

 

この「形がない」というのが
メリットでありデメリットでもあります。

 

 

 

つまり販売者側からすると
「原価が掛からない」のですが、

ユーザー側からすると
「購入した実感を得にくい」のです。

 

 

この辺りが「価値提供」に
繋がってくるわけですが。

 

 

形のない情報を扱っている故に
今でも情報ビジネスを詐欺だと
思っている人は少なくないと思います。

 

 

「あー、あの怪しいやつね」

 

というイメージです。

 

 

確かに今まで詐欺的な
高額塾や教材が出回り、

痛い目をみた人も
沢山いると思います。

 

 

実際に粗悪なコンテンツを
高額で売りつけて、ほとんど
サポートをしないという
会社もありました。

 

 

先ほど申し上げたように、
情報ビジネスは原価が
ほとんどかかりません。

 

 

「利益を出す」という点では、
構造的に非常に優れています。

 

 

それを悪い方に使い、
私腹を肥やしている人も
相当数いました。

 

 

だからと言って情報ビジネス
自体が詐欺かというと、
決してそんなことはありません。

 

 

 

今は昔と比べると
ずいぶん悪徳な会社は
少なくなったと感じています。

※悪い口コミが広がるのも早いので

 

 

長く業界で生き残り、
成果を出し続けている人が
いるのも事実です。

 

 

もっと言うと提供された情報で
人生が良くなった方がいるのも
事実なのです。

 

 

 

では「詐欺」と呼ばれるところと、
「ファン」が集まるところは
何が違うのでしょうか?

 

 

これは「価値提供できているか?」
だと思います。

 

 

しかしこの「価値の基準」が
人によって実に様々です。

 

 

「コンテンツの量が重要」

 

「サポートを重視している」

 

「初心者向けに丁寧に解説して欲しい」

 

「ある程度知っているから
 上級編のテクニックを学びたい」

 

など。人によって
考えていることが違います。

※あたり前ですが

 

 

 

価値提供が大事なのに、
価値の基準がバラバラで難しい。

 

 

では、どうすればいいのか?

 

 

僕なりにシンプルに考えた結果、
一つの結論に行き着きました。

 

 

それは「価値基準のモノサシを
シンプルで分かりやすくする」
というもの。

 

 

 

もっと具体的に言うと、

 

「払って頂いた金額以上の結果
 (リターン)を生み出してもらう」

 

このように数字や結果で
判断するようにするのです。

 

 

これだとモノサシが明確なので
非常に分かりやすい。

 

 

特に情報ビジネスの場合は、
目の前に物があるわけでは
ないので、価値のモノサシを
明確にする必要があります。

 

 

もちろん数値化できない
感情面を
満たしてあげるのも
重要なことだと思います。

 

 

それが結果に繋がることも
多々ありますので。

 

 

しかし感情面を満たしてあげても
目に見える数字で結果が出ないと
本末転倒だと思うわけです。

 

 

例えば、資格試験の教材や
予備校だと
「試験の点数」や
「結果」が
全てですよね。

 

 

 

「50点しか取れなかった教科が
 80点取れるようになった」

 

「資格試験に合格できた」

 

「希望していた企業に就職できた」

 

 

いくらサポートが充実してても
本人に成果が出ていなければ

本当の意味で価値提供に
なっていないと思います。

 

 

逆に言うと、結果を出せるなら
コンテンツの量はそれほど
重要ではないとも言えます。

 

 

結果が出れば良いわけですから。

 

 

分厚い参考書を買えば
成績がのびるわけでは
ありませんよね。

 

 

薄い参考書でも
徹底的に使いこめば、
成績は上がるものです。

 

 

 

しかし適切な価値提供を行っても、
結果に結びつかないこともあります。

 

 

それは、

「お客様が全く行動しない」

というパターンの時です。

 

 

基本的にどれだけ
良質な情報を提供しても、

徹底的にサポートをしても
本人が行動しなければ
全く意味がありません。

 

 

どう足掻いても結果が
出るはずないのです。

 

 

しかしお客様側の依存心が
強い場合、全然行動しないのに

「ダメだった、詐欺だ」と
クレームになる場合が
相当数あるのも事実です。

 

 

この辺りは本当に頭を
抱えるところだなと思います。

 

 

 

特に情報ビジネスの
マーケティング手法では、
相当な“煽り”を使いますから

依存心の強い初心者が
マーケティングの力で巻き取られて
しまっているのだと感じています。

 

 

さらに販売者によっては
価値提供よりも売ることを
第一に考えるので、

大きなミスマッチが
生まれてしまいます。

 

 

・情報販売者側 ⇒ 売ることにフォーカスして価値提供を疎かにする

・購入者側 ⇒ 依存心が強く「何とかしてくれる」と思って行動に結びつかない

 

このような状況なのだと思います。

 

 

こうして客観的に見ていくと
双方の溝は深いですね。

 

 

ですから情報発信者側も

「誰をお客様にするか」

という視点は非常に
大切なのだと思います。

 

 

長くなりましたので、
話をまとめますね。

 

 

・情報ビジネスの場合は
 払って頂いた以上の結果を
 出して頂くことにフォーカスする

※結果にコミット

 

・コンテンツ量と結果は比例しない

 

・お客様に行動してもらうための
 工夫も必要不可欠になってくる

 

・依存心が強いお客様は
 行動に結びつきにくく
 他者責任の傾向が強い

※お客様選びも大切

 

 

ユーザーの方に適切な
価値提供をしなければと
心がけている毎日です。

 

 

さて、動画作ろっと。

 

 

それでは、また!

 


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です