社会人は学生よりも勉強した方が良い理由とは

 

オガワです。

 

 

勉強することは尽きません。

 

 

本日、ある方のセミナーに
参加してくる予定です。

 

 

毎日一生懸命勉強しても
この世の全てを学ぶことなど
できるはずもありません。

 

 

時間は有限ですし、
僕の持っている持ち時間は
限られています。

 

 

ですから、自分が何に
時間を使うかは非常に
大切なことだと感じています。

 

 

「あれもこれも」は
やっぱりできないと
思うわけです。

 

 

僕が天才ならいいんですけどね。

 

 

でも天才と呼ばれる人達も
研究する分野は絞っていますよね。

 

 

僕は凡人ですが、凡人なりに
自分を最高の状態まで高めて
より良い人生にしたいと思っています。

 

 

そのためには日々成長して
いく必要があります。

 

 

よく見かけるのが

「学校にいる学生の間が
 勉強する期間」

と考えている人です。

 

 

でもそれって勿体ないなと。

 

 

僕は学生の頃よりも
今の方が圧倒的に勉強しています。

 

 

理由は単純で、
学生の時に使う知識と

社会に出てから使う知識は
全くの別物だからです。

 

 

学生の時に重要なのは、
「テストで良い点を取ること」です。

 

 

テストの点数が
大部分の影響を占めてきます。

 

 

 

しかし社会に出ると、
重要になる項目が変わります。

 

 

それは「お金」です。

 

 

お金をいくら稼げるかが
大きな影響を占めてきます。

 

 

 

ですが義務教育では
お金をどのように稼げばいいのか
教えてくれる学校はありません。

※僕が知る限り

 

 

 

そのためお金の稼ぎ方を
何も知らずに、学校を卒業し
社会に出る人が非常に多いのです。

 

 

ですから社会に出てもビジネスに
関しては大多数の人が初心者だと
言えます。

 

 

それに気づいたので
僕は社会人になってからの方が
より勉強するように意識が
変わっていきました。

 

 

もっと言うと、
学生の時に勉強しておくのも

成績を上げて良い大学に行き、
良い会社に入る確率を
上げることができたからです。

 

 

 

つまり教育に投資して
リターンを得ようと
しているわけですよね。

 

 

一昔前は、年功序列で
収入も上がっていたので、

良い企業に入れば将来が
明るいと思われていました。

 

 

「大企業に就職するか公務員に
 なって安定した人生を送る」

 

 

これが一昔前の王道でした。

 

 

今でもそのように考える人は
多いと思います。

 

 

しかし時代と共に刻一刻と
状況は変化していきます。

 

 

昔有効だった手法が
今も有効だとは限りません。

 

 

ではどうすればいいのか?

 

 

やはり「稼ぐ力」を磨くことが
非常に重要だと思います。

 

 

そしてサラリーマンやOLとして
働いていたとしても稼ぐ力を
身につけることはできます。

 

 

 

「具体的にはどうしたらいいの?」

と思うかもしれませんね。

 

 

 

一番手っ取り早いのは、

「自分でビジネスをやってみること」

です。

 

 

勉強も大切ですが、
実際にやってみた方が

圧倒的に多くのことを
学べます。

 

 

「こんな感じなんだ」
と沢山の気づきがあります。

 

 

そういう理由もあって
僕は隙間時間での兼業を
推奨しているわけです。

 

 

おすすめの兼業の種類などは
今動画を準備していますので、
もう少々お待ちください。

 

 

これからもできる限り
お役に立つ情報発信を
心がけていきます。

 

 

そのためには僕も
もっと成長しなければ
いけませんね。

 

 

お互い頑張りましょうね!

 

 

それでは、また!

 


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です