コンプレックスで悩んでいる人に読んでほしい記事

 

オガワです。

 

 

全然意識していませんでしたが、
昨日は3月3日で「桃の節句」
だったんですね。

 

 

まぁ、自分は男子ですし
子供もいないので桃の節句と
ほとんど縁はありません。

 

 

姉や妹もいないので、
雛壇が家に飾られた記憶はないです。

 

 

僕と兄の男兄弟だったので、
端午の節句では実家で

かぶとを飾っていたはずです。

 

 

実際その辺りもうろ覚えですが。

 

 

 

それにしても3月に入ると
春が待ち遠しくなります。

 

 

北海道はまだ雪が降っていますが、
九州では花が咲いているところも
増えてきているようですね。

 

 

何だか羨ましいです。

 

 

基本的に寒いのは苦手です。
逆に暑いのは苦手ではありません。

 

 

体の代謝が悪いんでしょうね。

 

 

生物として弱いから
熱を作り出すのが
苦手なのだと思います。

 

 

昔から病弱で、
よく風邪も引いていました。

 

 

慢性鼻炎で鼻は詰まり、
頭がずっとボーッと
しているような感覚でした。

 

 

体も華奢で、筋トレをしても
なかなか筋肉がつきませんでした。

 

 

自分の体や能力に対して
沢山のコンプレックスを
抱えていました。

 

 

コンプレックス製造機みたいな
感じの青春時代でしたね。

 

 

 

僕の場合は野球を
やっていましたから、

体が弱いというのは
スポーツ選手にとって
致命的だったりするんですね。

 

 

他の選手はすぐに
疲労回復するのに

僕はなかなか疲れが
取れなかったり。

 

 

仲間と同じ筋トレをしても
全然筋肉がつかなかったり。

 

 

運動神経も良い方ではないので、
周りと比較してよく落ち込んで
いました。

 

 

 

さらにスポーツの世界は
実力主義ですから、

年下からあっという間に
下剋上されます。

 

 

こんな感じで学生時代を
過ごしていましたから、

それが原因で競争という考え方が
好きではないのかもしれません。

 

 

話が逸れましたね。

 

 

つまり過去に
苦しんできたからこそ、

コンプレックスを
抱える人の
気持ちが痛いほど
理解できるということです。

 

 

 

しかし、近年では少しずつ
考え方も変わってきました。

 

 

このコンプレックスにも
感謝できるようになって
きたのです。

 

 

「コンプレックスがあるからこそ
 努力を続けることができる」と。

 

 

これは大きな変化だなと
感じています。

 

 

昔はコンプレックスに対して
卑屈になっていました。

 

 

自分に自信が持てずに
ビクビクしていました。

 

 

「こんな自分は嫌だ」と
思ったこともありました。

 

 

しかし今では
コンプレックスがあるからこそ
自分を高めようと思えています。

 

 

 

そう考えると昔とずいぶん
考え方が変わったと思います。

 

 

何事も捉え方一つで
行動が大きく変わりますね。

 

 

人間、生きていれば
全てが完璧なんてことは
決してありません。

 

 

自分の嫌なところも
ネガティブな気持ちが
出てくることもあると
思います。

 

 

しかし、それは
変えていけると思います。

 

 

当然、すごい人を見て
羨ましいと思う気持ちは
ありますよ。

 

 

でも比較して落ち込んでも
何も良いことはありません。

 

 

デメリットばかりです。

 

 

 

ですから僕は、

「昨日の自分を超える」

というのを意識しています。

 

 

 

これだと卑屈にならずに
純粋に努力を積み重ねることが
できるようになります。

 

 

「周りとの比較をやめて
 自分を成長させることに
 フォーカスする」

 

 

この意識が強くなってからは、
自分にも自信が持てるように
なりました。

 

 

変わったのは「意識だけ」です。

 

 

人間という生き物は、
意識一つでガラリと
変わるものだと思いました。

 

 

もしかすると僕のブログを
ご覧頂いている方の中にも

コンプレックスで苦しんでいる方が
いるかもしれません。

 

 

軽々しく

「大した問題ではないので、
 大丈夫ですよ」

と言うつもりもありません。

 

 

本人にとって大問題なのは
僕もよく理解しています。

 

 

しかし少しだけ視点を
変えてみると、見える世界が
驚くほど変わっていきます。

 

 

その結果、僕は
今の自分も悪くないかなと
思えるようになりました。

 

 

 

せっかく今の体、今の心を
持って生まれてきたのです。

 

 

もっと言うと今の体、
今の記憶で生きられるのは

たった一度だけです。

 

 

そう考えると与えられたものを
嘆いてばかりいるのは、
勿体なくないですかね?

 

 

というより自分自身を
痛めつけてばかりいるのは、
自分が可哀そうではないですかね?

 

 

 

ヘタをすると
学校のいじめっ子より

自分を痛めつけている人も
いると思います。

 

 

しかし同じような境遇でも
幸せに生きている人が
世の中にはたくさんいます。

 

 

僕もコンプレックスや
ネガティブな考え方だけに
捉われず、自分を大切に
していきたいと思います。

 

 

なんかビジネスや投資と
全然関係ない話になって
しまいましたね。

 

 

今日はこの辺りで失礼します。

 

 

それでは、また!

 


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です