イケてない人の決定的な特徴を公開

 

オガワです。

 

イケてる人とイケてない人の
決定的な違いに気づきました。

 

先日、久しぶりに会う知り合いと
話をしていた時のことです。

 

 

「ん?」と思うことがありました。

 

 

それは「愚痴が多い」
ということです。

 

 

最初はあまり気にして
いなかったのですが、

時間が経つにつれて
違和感がどんどん大きく
なっていきました。

 

 

「会社が悪い」

「上司が悪い」

「環境が悪い」

 

現状について色々な
不満が出てきました。

 

確かに知り合いの言うことも
一理あるとは思いますよ。

 

 

しかし愚痴を言い続けられる
僕としてはエネルギーを
吸われている気分です。

 

本音を言えば、愚痴を
聞き続けたくはありませんよね。

 

 

しかもその知り合いは、
案の定、現状仕事はうまく
いっていないようでした。

 

 

その時

「あー、なるほどな」

思いました。

 

 

どんなことにも
当てはまると思うのですが、

結局「自己責任」として
捉えているのか「他者責任
として捉えているのか。

 

 

この違いは非常に大きいと思います。

 

 

実際に物事がうまくいってる人は、
何かが起こっても自己責任として
捉えている人が多いと思います。

 

「自分に非がある」

 

こう考えられる人は強い。

 

 

自分に非があると考えるからこそ
思考停止せずに改善するための
方法を考えられるのです。

 

 

しかし他者責任として
物事を考えてしまうと
そこからは改善が生まれません。

 

「○○のせいだから
 自分は悪くない」

 

責任を逃れるために全力で
相手のせいにしようとする。

 

それでは思考が
停止してしまいます。

 

 

「自分は悪くない」

「自分には関係ない」

「仕方がなかった」

「どうにもならなかった」

 

 

このような考え方でいると
成長はありません。

 

 

ですから何かあった時に
考え方のベースとして

「自己責任」が必要だと
思うわけです。

 

 

もちろん、何でもかんでも
自分が悪いと思う必要は
ないと思います。

 

 

仮に、理由もなくいきなり
殴りつける人がいたら
明らかに殴った方が悪いです。

 

 

責任の所在は殴った側にあります。

※というか普通に捕まります

 

 

しかしそういう状況でも
自己責任の考え方がある人は

 

「さっきの人は遠目で
 見ていても挙動不審だった。

 近づかなければ今回の事態は
 避けられたのではないだろうか」

 

と、次回同じような場面に
巻き込まれないための
改善していきます。

 

 

ビジネスに置き換えて
考えてみても、詐欺行為や
違法なことをした人がいたら、
責任の所在はその人にあります。

 

 

しかし

「事前に詐欺行為に気づく
 チャンスは無かったのか?」

「次回同じ失敗をしないためには
 どのようにしたらいいのか?」

 

 

次に活かすために
頭を使うことが大切です。

 

 

失敗、ミス、事故、事件など
生きていれば何かしらの
不幸に見舞われるものです。

 

 

ご存じの方も多いと思いますが、
僕は以前行った投資事業で

パートナーの詐欺行為で
多額の損失を出しました。

 

 

確かにパートナーが
悪事を働いたので責任の
所在は彼にあると思います。

 

しかし、僕にも責任が
ないのかと言われると
そうではないと思います。

 

 

パートナーの人柄を見極めて
事前に詐欺行為を回避することが
できたかもしれません。

 

もっと投資に関する知識があれば
被害を最小限に止めることが
できたかもしれません。

 

 

僕の行動次第で、結果は
大きく変わっていたはずです。

 

今でも迷惑をかけた方には
罪悪感でいっぱいになります。

 

 

少しでも罪滅ぼしができるように
全力で知識とスキルを磨いて
貢献したいと考えています。

 

 

不幸を不幸のまま
終わらせるのではなく、

「不」を取り除いて
「幸せ」に変換できるように
努力したいものです。

 

 

それでは、また!

 


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です