自分を客観的に見ることの重要性

 

オガワです。

 

 

「選手生命にかかわるわよ…」

 

 

このセリフを聞いて
ピンとくる方はどれだけ
いるでしょうか?

 

 

僕が好きな「スラムダンク」
というマンガで、彩子さんが
桜木に投げかける一言です。

 

 

主人公の桜木花道が
ボールを追いかけて
飛び込んだ際に、
背中を痛めてしまいます。

 

 

その時、平静を装う桜木に
彩子さんが放つインパクトのある
セリフです。

 

 

印象に残っている人も
多いと思います。

 

 

 

なぜ、こんな話を
しているのかと言うと、
僕も背中を痛めたからです。

 

 

筋トレをしていて
急に背中がビキッと
なりました。

 

 

「せ、背中が痛ぇ…」

 

 

そうです、ただ筋トレを
していただけです。

 

 

それで背中が痛くなりました。

 

 

桜木のようにカッコいい
展開では全然ないですね。

 

 

 

僕としては負荷の大きい
筋トレをしていたつもりは
ありませんでした。

 

 

それなのにこのザマです。

 

 

昔の自分だったら
こんなに簡単に体を
痛くしたりしないのに…

 

 

こういうことがあると、
嫌でも年を取っているのだと
感じてしまいます。

 

 

 

体のメンテナンスだけではなく
ビジネスにも当てはまりますが、

現状把握は非常に重要なことだと
思います。

 

 

 

運動不足のことを
もっと重く受け止めていれば

筋トレの負荷を調整して
背中が痛くなる事態を
避けることができたと思います。

 

 

それなのに昔の感覚で
「これくらい楽勝」と思って
急に体を動かしました。

 

 

準備運動もロクにせず、
いきなり筋トレを始めたわけです。

 

 

昔、体育会系の部活に
所属していた人は特に

「昔はできたから」

という感覚で運動を
してしまいます。

 

 

でも、昔と今は違いますよね。

 

 

少なくても運動をしていた
学生時代から10年も
経過しているわけですから。

 

 

車も10年経てば、
新車からポンコツに
変わっています。

 

 

当然きちんとメンテナンスを
続けていれば、良い状態で
長く使うことができます。

 

 

しかしメンテナンスを
怠っていた体は、

急速にポンコツに
近づいていると感じます。

 

 

もっと真剣に体のことを
考えないといけないなと。

 

 

強く感じました。

 

 

 

しかしビジネスは
体のメンテナンスよりも

より客観的に状況を
判断することができますよね。

 

 

なぜならビジネスは、大部分を
数字で判断
できるからです。

 

 

体の健康状態は、
詳しい検査をしないと

数字で客観的な情報を
得ることはできません。

 

 

しかしビジネスは違います。

 

 

お金の流れを把握することで
問題点、改善点が理解できます。

 

 

 

僕は金銭管理やお金の流れを
把握するのは、得意な方では
ありません。

 

 

しかしビジネスをしていく上で、
数字を管理できなければ
話になりません。

 

 

今後、より着実にビジネスを
伸ばしていくためにも、

数字で客観的にビジネスを
判断できるようになりたいと
思っています。

 

 

まだまだ勉強不足です。

 

 

ブログ読者の皆さまと
一緒に成長していけたらと
思っています。

 

 

2017年も2ヶ月が経過しました。
時間が経つのはあっという間ですね。

 

 

素晴らしい一年にできるように
お互い頑張りましょう!

 

 

それでは、また!

 


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です