女性をデートに誘うために絶対必要なこと

 

オガワです。

 

 

昨日、ある方と話をしていて
重要な気づきを得たので
シェアします。

 

 

インターネットで販促活動
(プロモーション)を仕掛ける時、

非常に重要になる考え方が
あります。

 

 

 

それは、

「ゴールの阻害になる障壁を
 洗い出し、解消するための
 教育をしていく」

という考え方です。

 

 

 

これだけ聞いても
ピンとこないと思いますので、

どういうことか詳しく
説明していきます。

 

 

 

例えばあなたが保険の
営業マンだったとしましょう。

 

 

見込み客に保険を
契約してもらう時、

障壁になるポイントが
いくつも存在しますよね。

 

 

ザッと例を出してみます。

 

 

【考えられる障壁】

 

・自分では決められない

 

・お金が無い

 

・保険料が高い

 

・もっと安い会社がある

 

・必要ない

 

・興味ない

 

・すでに他で入っている

 

 

パッと思いつく障壁を
出してみましたが、

このような断わり文句が
出てくると考えられます。

 

 

契約まで至るには、
これらの障壁を全て
クリアしなければいけません。

 

 

 

・自分では決められない
 ⇒ 決裁者と話をする

 

・お金が無い
 ⇒ お金を払いたいと思えるような興味づけ&ニーズ喚起
 ⇒ 他の支出先からこちらに切り換えるように提案

 

・保険料が高い
 ⇒ 相場価格の教育
 ⇒ 保険料が高いと思わないような先回りトーク

 

・もっと安い会社がある
 ⇒ 安い会社のデメリットも先回りで伝える

 

・必要ない
 ⇒ ニーズ喚起、必要性を訴える
 ⇒ 自分だけではなく家族にも関係あることを伝える

 

・興味ない
 ⇒ 興味づけ、ニーズ喚起

 

・すでに他で入っている
 ⇒ 他社の保険内容を確認
 ⇒ 他社のデメリットと自社のメリット提示

 

 

 

かなり大雑把に書きましたが、
考えられる障壁を一つずつ
乗り越える必要があるのです。

 

 

契約が取れない営業マンは、
障壁をクリアできずに
見込み客を逃がしてしまいます。

 

 

逆に契約が取れる営業マンは、
意識的か無意識か分かりませんが、

見込み客の障壁をクリアするための
適切なアプローチをしています。

 

 

 

 

では、他にも例を出してみましょう。

 

 

例えばあなたが、
飲み会で気に入った異性が
いたと仮定しましょう。

 

 

とても好みの人で、
次は1対1でデートを
したいと考えたとします。

 

 

そのためには、仲良くなって
連絡先を交換する必要があります。

 

 

連絡先を聞いて
デートに誘うまでが
ゴールだとしましょう。

 

 

すると以下のような
障壁が考えられます。

 

 

・あなたに興味が湧かない(タイプではない)

 

・初対面で連絡先を教えるのは抵抗がある(軽い人だと思われたくない)

 

・人見知りで口下手だから異性と話をするのが恐い

 

・1対1のデートは不安&緊張する

 

・すでに恋人がいる

 

・恋人は必要ないと考えている

 

・忙しい

 

・デート代がない

 

 

 

パッと書いたので
他にもあるかもしれませんが、

おおよそこのような障壁が
考えられると思います。

 

 

もちろん人によって
障壁の数も種類も違います。

 

 

その辺りは会話の中で
見極めていく必要があります。

 

 

 

 

今回はリアルな営業や
コミュニケーションを
例に出しましたが、

インターネットでの販促も
全く同じことが言えます。

 

 

成約に至るまでの障壁を
洗い出していき、それを
クリアしていくアプローチが
必要なのです。

 

 

 

多くのビジネスは、

・商品、サービスを用意する

・見込み客を集める(集客)

・販売する

というステップで行われています。

 

 

 

しかしインターネットを
活用していくのであれば、

 

・商品、サービスを用意する

・見込み客を集める

・教育する

・販売する

 

 

3つ目の「教育する」という
ステップが非常に重要なのです。

 

 

この工程があるかないかで、
成約率に雲泥の差が出ます。

 

 

しかし頭で分かっていても
実践している人の方が
圧倒的に少ないと思います。

 

 

何事も基礎が大切です。

 

 

基本を疎かにせずに
きちんとしたビジネス活動を
行っていきたいものです。

 

 

さて、デートへの誘う際の
障壁の乗り越え方は、

ぜひご自身で考えて
みてください(笑)

 

 

それでは、また!

 

 


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です