あなたそれ、いつやるの?

 

オガワです。

 

 

先日、相当ビビる
出来事がありました。

 

 

僕が住んでいる向かい側の
マンションで火災が起きたのです。

 

 

サイレン鳴りまくるわ、
野次馬が集まるわ、
とにかく大騒ぎでした。

 

 

 

夜、23時半頃ですかね。

 

 

僕は自宅マンションの
部屋にいたのですが、
何やら騒がしいなと。

 

 

そして窓から外を見ると、
めちゃ近くに消防車が
何台も停まっているでは
ありませんか!

 

 

もしかして、自分の
住んでいるマンションで
火事が起きてるのか!?

 

 

 

 

焦った僕は現状を把握するために
廊下に出て、通りに面した窓から
外を確認しました。

 

 

すると向かいのマンションに
消防隊員が何人も入っていって
住人を避難させていました。

 

 

 

はしご車も出動していて
こんなに近距離で火災現場の
光景を見るのは初めてかも
しれません。

 

 

でも冷静に考えると
非常に怖い出来事だなと
思いました。

 

 

 

向かいのマンションで
火災が起きたというのも
そうなんですが、

他にも恐怖を感じた
別の理由があります。

 

 

 

実は、前の家から引っ越す時に
今住んでいるマンションか

向かい側のマンションか
どちらに引っ越すか迷って
いたんですね。

 

 

内心では向かい側の
マンションの方がいいなと
思っていまして。

 

 

そちらにしようと思ったんです。

 

 

しかしタッチの差で
他の方に入居されてしまい
今住んでるマンションに
引っ越すことになりました。

 

 

「あー、残念」と
思っていたんですがね。

 

 

 

 

そのマンションから火災が
起きているなんて、すごく
インパクトのある出来事だった
わけですよ。

 

 

少しタイミングが違えば、
僕も避難している側に
なっていたかもしれません。

 

 

人生、どこで何が起こるか
本当に分からないものですね。

 

 

こういう事態に直面すると、
塾講師で有名な林先生を
思い出します。

 

 

「今でしょ!」の
CMで有名になった方です。

 

 

どういうことかと言うと、
ビジネスの世界にいると
このような人に会うことがあります。

 

 

「いつか起業する」

 

「準備が整ったら独立する」

 

「そのうち自分でやる」

 

「近いうちに」

 

など。

 

 

 

ゆくゆくは独立して
自分でビジネスをする。

 

 

でも今は会社の仕事も忙しいし、
家族もいるし、子供もいる。

 

 

だから時期がきたらやると。

 

 

そのような方に
何人もお会いしてきました。

 

 

 

でも結局、そういう方で
実際に独立している人は
1割くらいだと思います。

※オガワの感覚的には

 

 

 

結局やらないんですよね。
いや、これからやる予定なのかな。

 

 

でも、こう思うわけです。

 

 

「人生、いつ終わるか分からない」と。

 

 

10年後なんて言っているうちに、
来年人生が終わる可能性も
あり得ない話ではありません。

 

 

こればっかりは
誰にも分からないわけです。

 

 

 

楽天の三木谷社長は、
阪神淡路大震災を目の当たりにして、

 

「とてつもないことが
 突然起こるものなんだ。

 いつか自分で
 何かやるんだと
思っていた。

 だけど“いつか”じゃなくて
 “今”やることが大事なんだ!」

 

 

 

三木谷社長が、
阪神淡路大震災を
きっかけに
独立したのは有名な話です。

 

 

それまでは「いつか」と
思っていたことが、

「今」やるべきだと気持ちが
ガラリと変わったのです。

 

 

 

 

そもそも万全の準備が
整うのを待っていたら、
いつになるか分かりません。

 

 

だったらサッサと
スタートした方が、

ずっと多くのことを
経験できます。

 

 

 

「いつやるか?」

 

「今でしょ!」

 

 

 

よくギャグ的に用いられる
CMでもありますが、

これが本質なのだと
強く思います。

 

 

 

これも僕個人の感想ですが、
世の中の経営者を見ていると

大きく分けて2つのタイプが
いると思います。

 

 

・すごく頭の良い経営者

 

・どちらかと言うとバカ

 

 

バカな経営者って
結構多いと思います。

※自分も含めて

 

 

でもそういう方って
人一倍行動力はありますし、

失敗しても諦めずに
前進することができる。

 

 

 

「普通諦めるでしょ」

 

「何やってるんだろう」

 

「また失敗してるよ」

 

 

傍から見てそう思っても、
沢山チャレンジしているうちに

どこかのタイミングで
成功してしまうんですよね。

 

 

基本的に頭の良い経営者は
全体の数%だと思います。

 

 

大体の場合は、どこか
ネジが抜けている人が
多い印象です。

 

 

しかし成功している
経営者は諦めが悪い。

 

 

失敗しても次々と
行動していきます。

 

 

これが成否を分ける
最大のポイントなのだと
思うわけです。

 

 

もし現状でくすぶっているなら、
現状を変えるためのチャレンジを
始めた方が良いと思います。

 

 

「いつやるか?」

 

 

「今でしょ!」

 

 


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です