好きなことをやっている人が最強だと思う

 

オガワです。

 

 

天才を見つけました。

 

 

この方です。

 

↓  ↓  ↓

 

▼昨日、うちの病棟でアリアドネの弾丸を見かけました。
http://d.hatena.ne.jp/ikkou2otosata0/touch/20110804/1347265734

※この記事だけではなく他の記事も面白いです

 

 

 

 

このブログを書いている方とは
一度もお会いしたことはありません。

 

 

もっと言うと、
ブログ以外の詳しいことは
何も知りません。

 

 

ただひょんなことから
ブログを発見しまして。

 

 

あまりの文章力に
度肝を抜かれているわけです。

 

 

 

「こんなに面白い文章を
 書ける方がいるんだ」

 

 

いや、もう衝撃的ですよ。

 

 

文章のプロとして
謳っている方ではありませんが、

本を出してもいいのではないかと
思うレベルです。

 

 

こうして見ていくと
知らないだけで隠れた才能を
持っている人は沢山いるのだと
感じるわけです。

 

 

 

「どうやったらそんな文章が書ける?」

 

 

一口に文章を書くと言っても
目的やその人の感性によって
思考回路が全然違います。

 

 

正直、僕ではご紹介した
加藤さんのようなレベルの
文章は書けないと思います。

 

 

「面白さ」という点で言うと
本当に凄いと思うわけです。

 

 

 

 

しかも、このブログからは、
「文章書くのが大好き」
というのが伝わってきます。

 

 

やはり情熱を持てること、
好きなことというのは、
大きな力を発揮するのですね。

 

 

脳の仕組みから考えても
「楽しい」と思えることの方が
圧倒的に早く上達していきます。

 

 

 

結局「好きなこと」を
やっている人は、
最強だと思うのです。

 

 

 

お金とか関係なく
突き詰めていくことが
できるわけですから。

 

 

 

しかし冷静に振り返ると、

「最近の自分はワクワクしてるのか?」

と自問自答してしまいます。

 

 

 

最近は「やるべきこと」ばかりを
やっている感は否めないわけです。

 

 

ある程度は仕方がない部分だと
思いますが、もっと自分の
好きなことに取り組める環境を
作った方が良いと感じますね。

 

 

 

例えるなら、
遠足や修学旅行の朝は、
楽しみで目覚ましがなくても
起きれてしまう。

 

 

それが毎日のようにあるなら、
きっと幸せな人生だと思います。

 

 

でも、そんな感覚は
しばらく味わっていないなと。

 

 

もちろん最初から
やりがいや楽しさを
感じられない場合も
あると思います。

 

 

しかもある程度の手応えや
結果がついてこないと、
楽しさを感じられないものです。

 

 

 

 

例えばドラクエをしていたとして、
敵キャラはスライムしか出てこない。

 

 

武器や装備も替えられない。
レベルも上がらない。

 

 

仲間も増えない。
ラスボスもいない。

 

 

ドラクエがそんな内容であれば、
絶対につまらないと思います。

 

 

 

「上達している手応え」

 

「先に進んでいる実感」

 

 

こういう要素がないと
人間は楽しいと思えません。

 

 

ですから、食わず嫌いにならず、
成果が出るように全力を
尽くす必要があります。

 

 

最初はつまらないと感じても
成果が出てくると楽しくなるなんて
よくある話です。

 

 

でもそういうのは、
やってみないと分からない。

 

 

チャレンジしないと
分からないわけです。

 

 

だからこそ、ちょっとした
壁で諦めるのではなく、

粘り強く続けることも
重要なポイントになります。

 

 

 

「今、仕事を楽しめているか?」

 

「楽しめていないとしたら、
 成果が出るように全力を
 尽くしているか?」

 

「ちょっとした壁で
 すぐに諦めてはいないか?」

 

 

自分自身に問いかけながら、
進んでいきたいものです。

 

 

それでは、また!

 


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です