バレンタインデーは恐ろしい日ですな

 

オガワです。

 

 

世の中はマーケティングで
回っているとつくづく感じます。

 

 

昨日、2月14日は
バレンタインデーでしたね。

 

 

世間では、恐ろしいほどの量の
チョコレートが飛び交って
いたことでしょう。

 

 

日本人の多くが、
何の抵抗もなく

バレンタインデーに
チョコを贈っていますよね。

 

 

 

しかし、そもそも
バレンタインデーが
どのように誕生したのか

理解している人は
少ないと思います。

 

 

 

バレンタインの正式名称は、
「セントバレンタインデー」。

 

 

「聖バレンタインの日」という意味です。

 

 

では、そもそも
バレンタインとは
一体何なのか?

 

 

 

実は、遥か昔のローマで
「バレンティヌス」という
キリスト教の司祭をしていた
人がいたそうです。

 

 

当時のローマでは、
戦争に参加する人が少なく、

ローマ皇帝の
クラウディウス二世は
頭を抱えていました。

 

 

そして若者が戦争に
参加しない理由を

「愛」だと断定して、
結婚を禁止したのです。

※何とも横暴な政策ですね

 

 

 

それを哀れに思った
バレンティヌスは、

密かに若者たちを
結婚させていました。

 

 

しかしそれがローマ皇帝に
バレてしまいます。

 

 

激怒したクラウディウス二世は、
当時禁教だったキリスト教の
司祭に罪を糾弾しました。

 

 

そしてローマの宗教に
改宗させようとします。

 

 

 

しかしバレンティヌスは
それを拒み、投獄されて、

最終的には処刑されて
しまいました。

 

 

 

なんか事実を知ると
切ない気持ちになりますね。

 

 

ではなぜ、
バレンタインに
人々が
愛を伝えるようになったのか?

 

 

その2つ説はあるようです。

 

 

 

■バレンタインの由来説1

 

投獄されたバレンティヌスは
牢屋の中でも看守達に愛を
説いていたようです。

 

 

そしてその中に
目の見えない女性がいて、

バレンティヌスはその
目の見えない女性を
愛していきます。

 

 

ある時、バレンティヌスの
祈りによって、奇跡的に
女性の目が見えるように
なりました。

※本当かどうかは定かではありませんが

 

 

 

目が見えるようになった女性は、
感動し、禁教だったキリスト教に
改宗します。

 

 

それに激怒した皇帝が
その女性を処刑してしまいます。

 

 

処刑日、バレンティヌスは
「あなたのバレンティヌスより」と
愛を込めた手紙を女性に渡しました。

 

 

それが2月14日だったことから、
男性が女性に愛を伝える日に
なったと言われています。

 

 

バレンタインの由来説2

 

大昔のローマでは、ルぺルクスという
豊穣の神を奉るルペルカーリアと
呼ばれる祭りが行われていました。

 

 

お祭りでは未婚の女性の
名前が書かれた紙を男性が
クジで引き、当たった女性と
男女の仲になるのだそうです。

 

 

 

クジ引きで男女の仲になるとは、
すごいお祭りですな。

 

 

しかしそれに待ったをかけたのが、
教皇ゲラシウス一世。

 

 

このふしだらな
クジ引きを禁止し、

内容を一新しました。

 

 

一新した内容というのが、

「女性の代わりに聖人の名前を引かせ、
 1年間その聖人の人生をならった
 生き方をするように励ます」

というものです。

 

 

 

この時、クジ引きの聖人に
書かれたのが、200年ほど前に
処刑されたバレンティヌス。

 

 

バレンティヌスに倣って
男性が女性に手紙や贈り物を
する習慣が根付いたのだとか。

 

 

そのお祭りが行われたのが
2月14日だったので、

バレンタインデーの基に
なったと言われています。

 

 

 

他にも諸説あるそうですが、
バレンティヌスが女性に手紙を送り、

それがバレンタインデーの由来に
なっている可能性は高いようです。

 

 

 

こうして見ていくと
あることに気がつきます。

 

 

 

あれ?

 

 

元々のバレンタインデーって、
男性が女性に愛を伝える日じゃん!

 

 

実際欧米では、バレンタインには
男性が愛する人に手紙やプレゼントを
贈るのがポピュラーだと言います。

 

 

今の日本では、それが
完全に逆になっています。

 

 

不思議ですね。

 

 

 

調べていくと、デパート業界や
チョコレート業界が
仕掛けた
キャンペーンだという説が

極めて濃厚です。

 

 

 

企業が長年仕掛け続けた
マーケティング戦略により、

日本では女性から男性に
チョコレートを贈る習慣が
見事に定着しました。

 

 

 

いやはや凄いですな。

 

 

元々は男性から女性に
愛を伝えるというところから

女性が男性にチョコレートを
贈るという日にすげ替わっています。

 

 

 

もっと言うと、
ホワイトデーも日本独自の
イベントだそうです。

 

 

そもそも欧米では男性から
女性に贈り物をするので、

ホワイトデーを作る意味は
なかったのだと思います。

 

 

近年のバレンタインデーでは、
友チョコ、逆チョコなど
もはや訳が分からない状況です。

 

 

僕からすると、売上を
最大化させるための
戦略としか思えません。

 

 

 

 

一説によると、一年間の
チョコレート売上の7割が

バレンタインデー期間で
生まれると聞きました。

 

 

チョコレートを扱っている
食品メーカーからすると、

まさにバレンタインデーは
「書き入れ時」なのです。

 

 

それだったら、あの手この手で
色々な企画を仕掛けてきますよね。

 

 

 

バレンタインデーに限らず
近年ではハロウィンも
注目されていますよね。

 

 

一昔前は、それほど
メジャーな催しでは
なかったと思います。

 

 

企業のマーケティング戦略は
本当に凄いと思いました。

 

 

 

世の中、企業のマーケティングで
仕掛けられていることが
想像以上に沢山あります。

 

 

それを理解しなければ、
販売戦略にまんまと乗せられて
ムダな消費をするハメになります。

 

 

逆に捉えると、その流れを
自分のビジネスに取り込むのも
不可能ではありません。

 

 

市場が盛り上がっている時、
サイフのひもが緩んでいる時に
販売戦略を仕掛けるのは
ビジネスの鉄板ルールです。

 

 

僕の場合、そういうイベントを
全然活用できていないですけど。

 

 

世の中の現象を見て
もっと本質的な判断が
できるようになりたいものです。

 

 

それでは、また!

 


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です