起業の予定を変えてまで働きたかった会社

 

2017年が明けてあっという間に
一ヶ月が経ってしまった。

 

 

時間の流れとは
本当に早いものである。

 

 

本当に時間というのは、
サクサクと流れていく。

 

 

油断していると
あっという間に1年が
過ぎてしまっている。

 

 

 

僕も

「あれ、去年と比べて
 現状があまり変わっていない」

と思うことがある。

 

 

というより、そのように
感じる人が世の大半では
ないだろうか。

 

 

 

 

そんな中、介護業界で
急成長している企業がある。

 

 

それが株式会社セブンブレンチだ。

 

 

急成長しているのも凄いが
代表の佐藤社長は、
すごく影響力のある方だと思う。

 

 

なぜなら、

「起業しよう」

そう決意していた人が、

「佐藤社長と一緒に働きたい」

という理由で、セブンブレンチに
入社してしまったのだ。

 

 

 

普通「起業する」というのも
生半可な気持ちではない。

 

 

今後のプランを練り、
決意を固めているからこそ
実行に移せることだ。

 

 

今回のインタビューでは、
セブンブレンチで
新しくオープンする

 

「うるおいの家 川の音」

 

の所長を務める江苅豪さんに
インタビューを行った。

 

 

江苅所長は、前職を退職した後、
起業するために準備をしていた。

 

 

しかし佐藤社長との出会いで
人生が劇的な変化を迎えた。

 

 

江苅所長から当時の話も
伺うことができた。

 

 

 

■起業予定を変更してまで働きたかった

 

 

 はじめまして。

 

 

 あっ、はじめまして。

いつも拝見はさせて頂いています。

 

 

 

 あっ、そうだったんですね。

よろしくお願いします。

 

 

 

 はい、よろしくお願いします。

 

 

 では早速ですが…

セブンブレンチさんで働き始めて、どれくらいですか?

 

 

 昨年の4月からなので…

 

 

 ということは…

 

 

 9ヶ月くらいです。

 

 

 えっ?9ヶ月で所長になったんですか?

 

 

 いえ、所長になったのは入社5ヶ月です。

 

※当時を振り返る江苅所長

 

 

 えっ?そんなことあるんですね!

 

 

 そんなことあっちゃいましたね。笑

 

※当時を振り返る江苅所長

 

 

 へぇー!

ということは、めちゃめちゃスピード出世ですね。

 

 

 そう言われましたね。

ただタイミングが良かっただけです。

 

 

 えっ?どういうことです?

 

 

 「こいつすげー!大抜擢!」という感じではないです、多分。

 

 

 そのタイミングは、何に乗っかったんですか?

 

 

 少し話は遡りますけど。

 

 

 はい。

 

 

 4月に入社した時は「営業をやらせてほしい」と言って入ったんですね。

 

 

 はい。

 

 

 4ヶ月くらいやって、もっと給料を上げてほしいと思いまして。

 

 

 なるほど。

 

 

 佐藤社長に「給料を上げてください」という交渉をしたんですね。

 

 

 

 はぁー。

 

 

 その時、ちょうど所長をやっている人が辞めるという風になったんで。

そこの所長が空くから、所長やるなら給料を上げるぞと。

 

 

 へぇー!!

 

 

 だったら、やりますって。

 

 

 それは凄くピンポイントな流れですね。

 

 

 ピンポイントでしたね。

 

 

 それからスピード出世と。

 

 

 そうですね。

ただ自分的には本意ではないですけどね。

 

 

 どういうことです?

 

 

 所長としてやらないかと言われて、抜擢されたわけではないので。

自分の都合と、たまたまタイミングが合っただけなので。

 

 

 なるほどなるほど。

でも、すごい展開じゃないですか?

なかなかない話だと思いますけど。

 

 

 そうですね。

 

 

 話を遡らせて頂きますけど、御社に入る前は何をされていたんですか?

 

 

 僕は特別養護老人ホーム(特養)というところで働いていましたね。

 

 

 

 ふむふむ。

そこではどんな業務をされていたんですか?

 

 

 ケアマネ(ケアマネージャー)やってましたよ。

 

 

 なるほどなるほど!噂の。

 

 

 どんな噂か分かりませんが。笑

 

 

 資格が必要ですよね。

 

 

 そうですそうです。

 

 

 ケアマネって安定しているイメージがあったのですが、なぜ転職されたんですか?

 

 

 僕、ずっと起業したいっていう想いがあって。

 

 

 

 はい。

 

 

 そろそろ起業の方向で動こうかなと思って、色々な経営者の方やコンサルタントの方とお会いしていたんですね。

 

 

 ふむふむ。

 

 

 そこで佐藤社長とも繋がって。

 

 

 なるほどなるほど。

 

 

 それで話を聴かせてもらって。

「この人変態だな。でも面白そう」って。笑

 

 

 

 それ、僕も思いました。笑

 

 

 それで「働かせてもらっていいですか?」って。

 

 

 えっ?その場で言ったんですか?

 

 

 言いましたね。

 

 

 なんか劇的な変化ですね。

 

 

 劇的ですね。

やっちゃいましたね。笑

 

 

 

 はぁー。思いっきりがいいですね。

 

 

 前職は3月いっぱいで辞めるという話はしていたんですね。

4月から友達が働いているところで、一緒にやっていこうと。

ほぼ決まっていたんですね。

 

 

 はい。

 

 

 そこに佐藤社長が入ってきたので。

「やべっ、面白そう」って。

 

 

 

 なるほどー。

 

 

 自分たちの起業したいと言ってる割には、経営学とか営業とかやったことなくて。

 

 

 ふむふむ。

 

 

 佐藤社長にはそういう話もさせてもらって、「うちで営業したら?」って。

営業面白そうだなと。

 

 

 なるほど。

 

 

 それで「営業させてください」って。

でもその5ヶ月後に「給料上げてください」って。

 

 

 はい。笑

それで所長になったと。

 

 

 そうですね。

 

 

 ここ1年くらいは、すごく動きが速かったんじゃないですか?

 

 

 動きは速いですね。

劇的な変化でびっくりしています。

 

 

 では、今は所長としてどのような業務をされているのですか?

 

 

 どんな業務しているんですかね?

逆に気になりますね。

 

 

 笑

 

 

 人手が足りなければヘルパーの稼働にも入りますし。

営業の同行もしますし。

 

 

 はいはい。

 

 

 人件費の計算や請求関係などの事務的な作業も行いますし。

あとは企画ごとがあれば、それを手伝ったり。

 

 

 管理全般ということですよね。

 

 

 そうですね。管理全般ですね。

 

 

 これから新しい物件でも所長をされるということですが、何か意気込みはありますか?

 

 

 んー…

僕、今拠点4つ管理しているんですよ。

 

 

 

 はい。

 

 

 でも僕が管理しているところは、あまり売上が良くないので。

新しい物件はフル稼働させたいですね。

 

 

 

 なるほど!シンプルでいいですね!

「全部埋めてやる」と。

 

 

 そうですね。全部埋めるつもりです。

 

 

 新しい物件は、他と比べてどう違うんですか?

 

 

 まずはキレイです。そして広いですね。

 

※うるおいの家 川の音の外観

 

 

 なるほど。

 

 

 元々施設でやっていたところなので、バリアフリーですし。

入居者さんにとっては、住みやすいところだと思います。

 

 

 へぇー!

 

 

 あとは、初めて住宅型有料老人ホームという形で運営していくので。

今までのサービス付き高齢者向け住宅とは別物なので、やり方は違ってくると思います。

 

 

 なるほど。

 

 

 逆に開き直って、やりやすくなるかもしれませんね。

今までの「ここまでしかやっちゃいけない」という枠を超えられるので。

 

 

 

 なるほどなるほど。

江苅さんが「入社して良かった」と思うことはなんですか?

 

 

 毎日が刺激的。笑

 

 

 笑

 

 

 本当、毎日が刺激的ですよ。笑

 

 

 変わった方が多いんですかね。笑

 

 

 現場にいるスタッフは、変わった方は少ないと思いますけど。

 

 

 これから新しい物件でも人を採用していくと思いますが、どういう方に来てほしいですか?

 

 

 バカな人がいいと思います。笑

 

 

 過激な発言ですね。笑

 

 

 イメージは「分かんないですけどやります」みたいなタイプですね。

 

 

 

 予想と違う回答が返ってきました。

 

 

 どういうことですか?

 

 

 向上心がある人とか、出世して一旗あげたい人とか。

そういう回答かなと予想していました。

 

 

 向上心があっても、プライドが高い人っているじゃないですか。

「自分、これはできません」的な。

 

 

 はいはい。

 

 

 そういうタイプよりは「分かんないけどやります」って言って、動ける人の方がいいですね。

フットワークが軽い人って言えばいいですかね。

 

 

 なるほど。

では、その行動を繰り返した先に、出世して所長になったり、チャンスがあるということですかね?

 

 

 うちってチャンスしかないですよ。

 

 

 へぇー!

 

 

 そこら辺に転がってますよ。

 

 

 では、そのチャンスを拾っていけば、出世や昇給の機会があるわけですね。

 

 

 そうですね。それは間違いないです。

昔の言葉で「欲しがりません、勝つまでは」っていう言葉があったじゃないですか。

 

 

 はい。

 

 

 うちの場合は「欲しがります、勝つから」が当てはまりますね。

 

 

 なるほどなるほど。

 

 

 「こうしてください。その代わりこうするんで」って言って、社長がOK出せば「じゃあ、やってみな」って。

 

 

 では、佐藤社長は提案を聴いてくださる?

 

 

 聴いてくれるし、考えてくれますよね。

結果ダメだったとしても「すみません!」って言ったら「仕方ないよね」って。

 

 

 それはいいですね。

チャレンジしやすい環境ですね。

 

 

 そうですね。

佐藤社長的には、スタッフを守れなくなるのが一番困ると。

それ以外の失敗だったら「何やってるんだ!」って怒ったとしても、それだけだと。

それだけだったら、別に死なないですし。

 

 

 はぁー。

 

 

 じゃあ、やりますって。

だから楽しいですよ。

 

 

 率直に伺いたいのですが、現場は忙しいですか?

 

 

 忙しいんじゃないですかね。

 

 

 それでもやる価値はあると。

 

※しつこく職場環境について聴くオガワ

 

 

 やる価値というか、その人が何を求めているかですよね。

ヘルパー業務が忙しいとして、稼働が大変だと言っているなら、それをどうやったら解消できるのか。

 

 

 はい。

 

 

 人を増やした方がいいのか、利用者さんの時間をズラした方がいいのか。

もし人を増やすなら、自分たちが働いている拠点の売上と人件費はいくらくらいなんだろうと。

この人のサービスから、いくら入るんだろうと。

 

 

 はい。

 

 

 そういったことを考えて、「こういう理由だから人が足りないです」って自分の上長とかに伝えて、だから人を入れてくださいって。

そういうことをヘルパーさんが言えたらカッコいいですよね。

 

 

 なるほど。

それを言える環境があって。

 

 

 環境はありますね。

 

 

 改善すればチャンスになるということですね。

 

 

 そうですね。

結局、改善した時に「なんで改善できたんだ?」って話になりますよね。

その時に「スタッフの●●が考えて改善したんですよね」って。

 

 

 へぇー!

 

 

 それは十分に評価の対象になりますよね。

 

 

 なるほどー!それはいいですね!

なんか聴きたいことは聴けたので、インタビューはもういいかなって思いました。笑

 

 

 

 

 

 

 冗談はさておき、あといくつか質問したいのですが。

新しく入った人が、陥りやすい罠みたいのは無いんですか?

会社それぞれにある地雷みたいなやつは。

 

 

 地雷は…

ありますよ。笑

 

 

 そうですよね。それはどこにでも多少ありますもんね。

 

 

 具体的に何かは言えないですけど。

でも、その地雷があるのを知ってても、向かってくる人がいいですよね。

 

 

 なるほど。笑

では、これから入社して仲間になる方向けに、メッセージはありますか?

 

 

 んー…

やりたいことがやれる環境があるので、くすぶっている人がいたら来てほしいですね。

 

 

 なるほどなるほど。

お話を聴いていると、チャンスを掴みたい人には、ピッタリの環境ですもんね。

 

 

 そうですね。

 

 

 では最後に。

これから入居される方向けに、何かメッセージはありますか?

 

 

 僕が所長として頭をはるんで、安心してください。

 

※自信満々の江苅所長

 

 

 なるほど。笑

 

 

 入居者さんと一緒に作っていく感じになると思うんで、入居者さんも楽しいと思うんですよね。

 

 

 はいはい。

 

 

 こちらもまだ未知の部分があるんで、入居者さんと一緒に、楽しく作っていきたいですね。

 

※うるおいの家 川の音についてアツく語る江苅所長

 

 

 ありがとうございます!

良い話をたくさん聴かせて頂きました。

 

 

 そうですか?笑

こちらこそありがとうございました。

 

 

■まとめ

 

江苅所長の話で
印象に残ったことがある。

 

 

それは、佐藤社長と
働いていることに
プライドを持っている
ということだ。

 

 

それだけ佐藤社長の
求心力は強いのであろう。

 

 

実際に佐藤社長と
話をすると分かるが、
非常にキレ者だ。

 

 

佐藤社長のカリスマ性に
魅了される方が
多いのだと感じる。

 

 

そしてセブンブレンチでは、
成果を出せば、それは正当に
評価の対象になる。

 

 

昇給、昇格のチャンスが
減っているご時世を考えると

そのような会社の方が
少数なのではないだろうか。

 

 

これからセブンブレンチは
破竹の勢いで拡大していくのであろう。

 

 

特に介護業界は、
「3K」と呼ばれている。

 

 

その業界イメージを
払拭してほしい。

 

 

そう感じずにはいられない。

 

 

■うるおいの家 川の音への入居者募集中!

 

現在、うるおいの家 川の音では、
入居者を大募集しています。

 

 

・うるおいの家 川の音

・住所:札幌市中央区南8条西3丁目7番地

・アクセス:地下鉄南北線 中島公園駅徒歩3分

 

 

 

街中で立地も良いです。

 

 

中島公園駅から
すすきの駅に向かって歩くと
「鴨々川」という川があります。

 

 

その鴨々川を東側に曲がって
少し歩くと「うるおいの家 川の音」が
見えてきます。

 

※こんな看板もありました。

 

 

リニューアルしたばかりの
物件ですのでとてもキレイです。

 

 

ぜひ、物件の見学に
足を運んで頂けたらと思います。

 

 

見学のご予約、お問い合わせは
以下のリンクからお願い致します。

 

↓   ↓   ↓

 

入居に関するお問い合わせ【株式会社セブンブレンチ】

 

 

 

■おまけ

 

※スタッフの方に盗撮された着替えシーン(笑)

 

※いや、何撮ってるんですか(笑)

 

※色々な角度から着替えを撮られるオガワ

 

 

 

最後にお見苦しいものを
見せてしまい
失礼しました(笑)

 

 

しかし、楽しくインタビューと
撮影をさせて頂きました。

 

 

セブンブレンチのスタッフの皆さん、
本当にありがとうございました。

 

 

 

そして読者の皆さまも
最後までご覧頂き感謝です。

 

 

不明点は、ぜひお気軽に
お問い合わせください。

 

入居に関するお問い合わせ【株式会社セブンブレンチ】


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です