気づかないうちにお客さんが離れていく理由

IMG_6360

 

オガワです。

 

 

気づかないうちにお客さんが
離れていってしまう。

 

 

そう感じたエピソードを
ご紹介します。

 

 

 

昨日、韓国料理を食べました。

 

 

しかし、細かいところ
チープさが出てしまって
いました。

 

 

サラダ器がプラスチックで
すごく安っぽく見える。

 

 

サムギョプサルに付いてくる
レタスが
水でビチャビチャ。

 

 

レタスに傷んだ部分が
混ざっている。

 

 

 

さらに別のお店では…

 

 

先日行われた板坂裕治郎さんの
ブログセミナーの懇親会。

 

 

 

ジンギスカンの
お店だったのですが、

接客など細かいところで
「残念」と思うところが
ありました。

 

 

 

隣に座っていた
コンサルタントの一圓さんに

 

「スタッフへの教育って
 なかなか浸透しないもの
 なんですかね?」

 

と質問。

 

 

 

すると、

「昔と今は、スタッフの
 考え方が違うかもしれない」

との回答でした。

 

 

 

 

どういうことかと言うと、
昔は仕事を覚える時には

 

「先輩の仕事を見て覚える」

 

という考え方が
ベースにありました。

 

 

 

しかし今は、
教わっていないことは、

 

「それは教わっていません」

 

「そういうことなら
 やりたくありません」

 

という風にスタッフから
言われてしまう傾向が
強いのだとか。

 

 

 

うーむ、なるほど。

 

 

 

やはり意識を高く持って
仕事に取り組むのは、

口で言うほど簡単なことでは
ないのだと思います。

 

 

自分が意識を高く
持っていると思っていても

基準に達していない
こともあります。

 

 

 

そして仕事に慣れてきて
情熱が薄れてくることも
あります。

 

 

情熱が薄れていくと
提供するサービスが

どうしても雑に
なってしまいます。

 

 

 

そう考えると、長く働いて
スキルを磨き続けるのは、
難しいことなのだと感じます。

 

 

単に長く働いたから
良いという訳でもありません。

※もちろん時間投資も大切です

 

 

 

その人の意識によって
同じ時間を投じたとしても

結果に大きな差が
出てしまうのだと思います。

 

 

 

これを僕が関わっている
業界に置き換えると、
面白いことに気づきます。

 

 

元々僕は「情報ビジネス」と
呼ばれる業界で、長い間
ライティングをしてきました。

 

 

ダイエットや英語、
投資、ネットビジネスなど。

 

 

うまくいく手法、
ノウハウをまとめて、

教材や塾で提供していく
ビジネスモデルです。

 

 

 

当然、教材の中身は
現場で成果を出している

実績のある方が情報を
まとめています。

 

 

しかし、その教材や塾で
学んだからと言って、

全ての人がうまくいく
わけではありません。

 

 

成果が出るのは、
全体からみて少数です。

 

 

 

詐欺的な情報を
売っているところもあります。

 

 

しかし、きちんとした手法、
ノウハウをまとめて提供して
いるところもあります。

 

 

まともな教材、塾でも多くの人は
結果を出すことができません。

 

 

 

それは、なぜか?

 

 

 

一番大きな要因は、

「行動に結びつかない」

からです。

 

 

そして、その行動を

「続けることができない」

からです。

 

 

 

これはどの分野でも
当てはまることだと
思います。

 

 

行動し、失敗した
ところを改善して、

トライ&エラーを
繰り返していけば、
自ずと結果は出てきます。

 

 

しかし、大多数の人はできません。

 

 

行動を続けるのは面倒ですし、
日々の忙しさを言い訳に

チャレンジや改善を
しなくなります。

 

 

 

結局、コンサルタントが
クライアントに成果を
出させることができない
一番の理由はこれです。

 

 

アドバイスをしても
行動に結びつかない。

 

 

改善を続けることができない。

 

 

これは今の飲食店の現場でも
売上が伸びない経営者にも

当てはまっていることだと
感じています。

 

 

 

 

そこで僕が「最強」だと思う
コンサルティング手法があります。

 

 

それが「日報コンサルティング」です。

 

 

文字通り「日報」を活用した
コンサルティング手法です。

 

 

「日報」と聞くと業務報告に
使うイメージが強いと思います。

 

 

しかし日報は、活用方法次第では、
恐ろしいほどの威力を発揮する
ツールなのです。

 

 

 

日報を書くことで、
書いている本人が毎日

「PDCAサイクル」を回しながら
仕事に取り組むことができます。

 

 

普段、何となくやっている仕事も
より具体的な改善策や行動に
落とし込まれていきます。

 

 

それを毎日繰り返すと
仕事の業績に雲泥の差が出ます。

 

 

 

実際に日報コンサルティングを
1年間継続した経営者の方の

85.6%は売上が2倍以上に
なっているのです。

 

 

中には5倍、10倍と売上を
伸ばしている経営者も
いらっしゃいます。

 

 

実績が圧倒的です。

 

 

そしてその日報コンサルティングを
北海道で唯一指導できるのが、

株式会社F.A.O代表の
千田涼介さんです。

 

 

▼千田涼介さんのブログ

http://ameblo.jp/faochida/entry-12200474569.html

 

 

 

これは心からオススメできる
コンサルティングサービスです。

 

 

もし、業務改善や売上アップに
お悩みの個人事業主、経営者の方は
一度ご相談しても良いと思います。

 

 

自分も日々、行動改善を
していかないとなー。

 

 

お互い頑張りましょうね。

 

 

それでは、また!

 


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


2 件のコメント

  • 小川さん…お久しぶりですー
    確かに一番できなことは継続、持続ですね、
    それが出来れば必ずや答が出るしそこから改良改善の方向が見えるかも…
    僕も今年は変化と進化の年にと決めて1/3日から公園を走っております 今のところ継続してますね‼️
    … なんとなく軽くなった気がします まずは一ヶ月やります 小川さんに言ったのでやらないと…(^_^)☆
    … 近い内にタイミング合わせてお茶でもしましょう‼️
    ……… 気づきをありがとうございます‼️ 合掌
    …………… さて、これから走って来ますね❣️

    • 聖さん
      お久しぶりです!遅くなりましたがあけましておめでとうございます!
      コメント嬉しいです♪

      すごいですね。僕は全然運動していないです。
      32歳なのに、全然体力がないです。

      今年はきちんと基盤を作る一年にしていきます。
      ぜひ、またお茶でもしましょう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です