ばあちゃんが徐々にボケ始めた結果…

 

オガワです。

 

 

本日、実家に帰ってきました。

 

 

本当は正月に
帰るつもりでしたが

父がインフルエンザに
なっていたので帰省を
ズラしました。

 

 

さすがにインフルエンザが
移っては困るので。

 

 

 

そして実家に帰る度に
気づかされることがあります。

 

 

それは、ばあちゃんが徐々に
ボケてきたということです。

 

 

年齢も年齢なので
仕方がない部分は
あると思います。

 

 

でも切ない気持ちになりますね。

 

 

同じことを何度か聞かれますし、
従兄弟と名前を間違われます。

 

 

ばあちゃんの中で、
僕の存在はどんどん
小さくなっているようです。

 

 

少し寂しいです。

 

 

 

 

話は変わりますが、
昨日で毎日ブログを書いて
4ヶ月になりました。

 

 

約120日続けたと
いうことですね。

 

 

1年間毎日書くと決めて、
3分の1が経過したことになります。

 

 

 

最初は全然続けられる
気がしませんでしたが、

やってみると
何とかなるものですね。

 

 

 

やはり年末年始は
結構キツかったです。

 

 

何だかんだ予定があるので、
ブログを書く時間が
圧迫されますよね。

 

 

 

それでも何とか
やり切れているので、

続けていることが
自信になってきました。

 

 

 

僕の唯一の救いは、
タイピングが速いことです。

 

 

ライター歴が長いですからね。

 

 

遅かったらライターとして
話にならないのですが。

しかし元々タイピングが
速かったわけではありません。

 

 

 

大学時代の僕って、
ほとんどパソコンを
使えなかったんですよ。

 

 

タイピングもすごく遅くて。

 

 

大学の授業でパソコンを使う時も
友達によくバカにされていました。

 

 

仲間内ではパソコンスキルは
最下位でしたから。

 

 

 

それが悔しくて、

「どうやった速くなるんだ?」

と研究を始めました。

 

 

 

同じ授業を取っている中で
とてもタイピングが
速い女性がいたので、

その人を見ながら
タイピングを研究しました。

 

 

すると、キーボードを見ないで
タイピングしていたのです。

 

 

ブラインドタッチというやつですね。

 

 

当時の僕には
衝撃的な光景でした。

 

 

 

キーボードを見ないで
打っている…

 

 

 

最初は、

「なぜそんなことが出来るんだ?」

と疑問に思ったものです。

 

 

それがきっかけで
ブラインドタッチの
訓練を始めました。

 

 

最初は全然うまく打てなくて、
ミスタイピングのオンパレード。

 

 

見ながら打った方が
圧倒的に速い。

 

 

ですが、僕はできる限り
キーボードを見ないように
打つ練習をしました。

 

 

 

最初は苦労しましたが
徐々に慣れてきて、

今ではブランドタッチが
あたり前になっています。

 

 

 

やはり上達するには
訓練するしかないんですよね。

 

 

訓練もしないで
うまくやろうなんて
虫が良すぎる話です。

 

 

日々チャレンジと
訓練の連続ですね。

 

 

さて、頑張ろう。

 

 

それでは、また!

 


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です