「面倒くさい」という感覚を大切にする

 

オガワです。

 

 

最近「面倒くさい」ことが多いです。

 

 

こんなことをブログに
書くのはどうかと思いますが、

とても大切なことですから、
1分ほど読み進めてください。

 

 

 

好きなことで
ご飯を食べると言っても、

つき抜けてしまうまでは
面倒な作業も自分で
しなければいけません。

 

 

しかし、この

「面倒(めんどう)」

という感覚も大切にしなければ
いけないと感じています。

 

 

基本的に人間は
面倒なことが嫌いです。

 

 

僕もそうですし、
おそらくこのブログを
ご覧頂いているあなたも
面倒なことは嫌いだと思います。

 

 

面倒なことは、
誰もやりたくありません。

 

 

あたり前の話ですよね。

 

 

 

しかし裏を返すと面倒なことには、

「価値の創出のチャンス」

が眠っていると言えます。

 

 

 

つまりビジネスチャンスが
隠れているということです。

 

 

 

例えば、僕は昨年に
自社コンテンツとして

スキメシペディアを
作ろうと思い立ちました。

 

 

その時の思考プロセスです。

 

 

・・・・・・・・

 

 

好きなことでご飯を食べるための
方法やノウハウをまとめてみよう。

  ↓

コンテンツも多いし、
まとめるのは面倒だ。

  ↓

自分が面倒だと思うなら、
他の人も面倒なはず。

  ↓

だったら価値の創出になる。

  ↓

でも情報をまとめるのは
好きなことだ。

  ↓

他の人はできなくても
自分はやり切れるはずだ。

 

 

・・・・・・・・

 

 

このような思考プロセスで
「めんどう」の裏側にある

「チャンス」を見つけることが
できると思うのです。

 

 

多くの人は、面倒だと
感じることは実践しません。

 

 

それは僕も同じです。

 

 

面倒で嫌いなことであれば
本当に最悪です。

 

 

絶対やりたくないです。

 

 

だからこそ面倒だと
感じることはチャンスなのです。

 

 

 

他の人が面倒だと思うことでも、
好きなことであれば最後まで
やり切ることができます。

 

 

他の人がやり切れずに
挫折していく中、

周りの屍を超えて
自分の力でやり切る。

 

 

その時には、実力と自信を
培うことができます。

 

 

 

さらに他の方からも
抜きん出ることができるので、
信頼や実績も手に入ります。

 

 

これは相当な
アドバンテージになります。

 

 

だからこそ、

「めんどうだな」

という感覚は大切にした方が
いいと思うのです。

 

 

正直、ブログだって
毎日書くのは面倒です。

 

 

でも1年間続ける人は、
全体の数%です。

 

 

だからこそやり切った時には、
実力も自信もつきます。

 

 

他の人より抜きんでることが
できるのです。

 

 

 

実際、僕のブログを
ご覧くださっている方も
少しずつですが増えています。

 

 

それは、毎日ブログを
書いている成果です。

 

 

もしこれからビジネスを
始める予定のある方は、

「めんどう」という感覚と
向き合ってビジネスモデルを
組み立ててはいかがでしょうか。

 

 

きっと面倒の裏側には、
ビジネスチャンスが
隠れているはずですから。

 

 

それでは、また!

 


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です