【後編】自分のレアカード化戦略

 

オガワです。

 

 

昨日の続きです。

 

 

「自分を100万分の1の
 レアカードにする方法」

についてです。

 

 

前回は、

 

一つの分野で突き抜けて
100万分の1の存在になるのは

極めて難易度が高いことを
お伝えしました。

 

 

自分をレアカード化するには、
発想を転換する必要があります。

 

 

重要なのは「掛け算」の
考え方です。

 

 

例えば、100人に1人の
存在であれば、

努力次第で誰でも
なることができます。

 

 

一般的に1万時間費やせば、
どんな分野でも一流に
なることができると
言われていますよね。

 

 

1万時間費やすには、
1日8時間かけたとしても
約3年半必要です。

 

 

1日8時間を3年半もやれば
かなりの知識とスキルが
身につくはずです。

 

 

仮に1万時間かけることで
100人に1人の存在に
なれるとしましょう。

 

 

 

僕の場合はずっと文章を
書き続けてきたので、

ライティングの分野では
1万時間を費やしてきました。

 

 

100人に1人の存在だと
言っていいと思います。

 

 

しかし、これだけでは
不十分です。

 

 

100人に1人であれば、
まだまだ代わりがききます。

 

 

オンリーワンと呼ぶには
程遠いポジションです。

 

 

ここからがポイントです。

 

 

そこからさらに、
違う分野の知識とスキルを
掛け合わせていくのです。

 

 

例えば、ライティングの
スキルにプラスして、

1万時間かけてマーケティングを
習得したとしましょう。

 

 

そうすると、二つの分野で
100人に1人の存在に
なっているわけですから、

 

100 × 100 = 10,000

 

このようになります。

 

 

つまり1万人に1人の
存在になることができるのです。

 

 

先ほどと比べると
ずいぶんレア度が増しましたね。

 

 

しかし、これでもまだ弱い。

 

 

1万人に1人の存在でも
まだまだつき抜けている
レベルではありません。

 

 

日本の人口は1億人以上ですから、
全国に同じレベルの人が
1万人以上
存在していることになります。

 

 

1万人以上も代わりの人材が
いるということです。

 

 

しかし、ここからさらに
違う分野に1万時間をかけて
いったらどうなるでしょう。

 

 

100 × 100 × 100 = 1,000,000

 

 

3つの分野で
100人に1人の存在になる。

 

 

これで100万人に1人の
ポジションに上り詰める
ことができます。

 

 

つまり100万分の1の
レアカードになる
いうことです。

 

 

ここまでつき抜けていけたら
本当に強いですよね。

 

 

しかしこの戦略も
口で言うのは簡単ですが、
楽な道のりでは決してありません。

 

 

1万時間を3つの分野に
費やしていくということは
合計3万時間かかります。

 

 

1万時間は、1日8時間で
3年半かかりますから、
3つ分野だと約10年半です。

 

 

もちろん1日8時間以上を費やせば、
もっと短縮できます。

 

 

1日10時間費やすと3,000日。

1日12時間費やすと2,500日。

1日15時間費やすと2,000日。

 

 

1日15時間を毎日続けられたら、
約5年半で100万人に1人の
ポジションまで駆け上がれます。

 

 

そう考えると、費やす時間と努力は
絶対的に必要だということです。

 

 

世の中の凄い人は、
この掛け算が4つも5つも
掛け合わさっています。

 

 

凄い人ほど努力している
ということですね。

 

 

 

他にも時流に合ったスキルは
掛け算も大きくなると思います。

 

 

プログラミングや
ロボット開発とか。

 

フィンテックなどの
金融テクノロジーの分野とか。

 

 

仮に、今から石炭を掘る
能力を高めたとしても

時流に合っていないと
掛け算も弱くなると思います。

 

 

 

需要の多さや
ライバルの多さなども
考慮する必要があります。

 

 

 

さらに自分の好き嫌い、
得意不得意などもですね。

 

 

好きなことは長時間
費やしても苦になりません。

 

 

得意なことは苦手なことに
比べると成長も早いです。

 

 

多角的な視点が求められるので
一概にどんな知識やスキルでも
良いとは断言できませんが。

 

 

 

しかし、料理の得意な
主婦がいたとして、

 

料理 × 動画作成スキル × マーケティング

 

 

こういう風に掛け合わせると
十分ビジネスは成り立ちますよね。

 

 

今、売れていない歌手でも

 

歌 × SNSの拡散力 × 動画作成スキル

 

これもイケそうですね。

 

 

 

一つの分野で突き抜けて
100万人に1人を狙うのは
人生を掛ける覚悟が必要です。

 

 

しかし、100人に1人の
分野を増やしていくことで

自分をレアカード化していくことは
十分可能だと思います。

 

 

僕の場合は、

1.コピーライティング

※1万時間は達成しています。

 

2.マーケティング&ビジネス戦略

※微妙なラインです。
 もう少し時間投資が必要だと思います。

 

 

3.???

 

 

3つ目なんだろう?

 

 

自分で考えていても疑問です。苦笑

 

 

もう一つ1万時間を掛けて
100人に1人のポジションを
確立する必要がありますね。

 

 

コピーライティング × マーケティング × ? = 中途半端

 

 

現段階では、まだ中途半端な
レベルですからね。

 

?に何を入れるかですね。

 

 

コピーライティング × マーケティング × 黄色いタイツ = レアカード??

 

 

おっ!

 

これなら自分を
レアカード化できる気がする。

 

いや、

こんな都合良くはいかないかー。笑

 

img_5486-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

※遠い目

 

 

実は3つ目も
すでに狙いを定めていますが、

まだまだこれから
伸ばしていくべきスキルです。

 

 

読者の方もご自身なりの
レアカード戦略を実践して
ほしいと思います。

 

 

それでは、また!

 


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です