【前編】自分のレアカード化戦略

 

オガワです。

 

 

最近は起業家インタビューと
ブログの更新、制作作業を
繰り返している毎日です。

 

 

これからの事業展開の
構想も練りながら

頭をフル回転して
毎日トライ&エラーを
繰り返しています。

 

 

実際にやらないと
分からないことも多いので。

 

 

「まずはやってみる精神」で
チャレンジしています。

 

 

これは僕のコンプレックスに
なっている特性の一つですが、

僕は昔から、頭の使い方が
少し甘いところがありまして。

 

 

どこかに抜けがあったり、
ミスがあったりするのです。

 

 

頭の回転も速い方ではないので
熟考しなければ答えが
出なかったりします。

 

 

だから頭の回転が速くて
パッと答えを出せる人は
本当に羨ましく思います。

 

 

実はアドリブも得意ではないので、
事前準備をしなければ物事を
スムーズに進めるのは苦手です。

 

 

ですから、陰で人一倍、
準備と工夫をしなければ
いけないわけです。

 

 

何が言いたいかというと、
結構な数のコンプレックスを
抱えながら生きていた
ということです。

 

 

このコンプレックスというやつに
僕は長年苦しめられてきました。

 

 

自分より運動神経の良い人がいたら、
もっと運動神経が良くなりたいと
思いますし。

 

 

自分よりも頭の良い人がいたら
もっと頭が良くなりたいと
思ってしまいます。

 

 

特に最近は、

「頭が良くなりたい願望」

が強いので、食事、睡眠などを
気をつけて能力向上に努めています。

 

 

しかし、人間ってどこまでいっても
結局は無い物ねだりなんですよね。

 

 

最近、つくづく感じます。

 

 

お世話になっているセブンブレンチの
佐藤社長と話をすると嫌でも
痛感してしまいます。

 

 

「頭の良さでは敵わない」と。

 

 

つまり上には上がいると
言うことですね。

 

 

だからと言って、
自分が努力をしなくてもいい
理由にはなりません。

 

 

努力はしますが、
その方向性を工夫しようと。

 

 

戦略的にキャリアを
組み立てていこうと。

 

 

そう考えるようになりました。

 

 

芸人であり、絵本作家でもある
キングコングの西野さんが
興味深い話をしていました。

 

 

それは

「収入アップの法則」

についてです。

 

 

 

僕は興味津々でした。

 

 

だって普通に
気になるじゃないですか。笑

 

 

 

西野さんと言えば、
お笑い芸人として活躍して

そこから絵本作家として
今すごく注目を集めていますよね。

 

 

頭の良い方だと思います。
本質を良く理解している。

 

 

その西野さんが、

「収入を上げるためには、
 自分をレアカード化する必要がある」

 

このように話をしていました。

 

 

ほぅ。「レアカード化」か。

 

 

 

例えば、外資系保険の
営業マンを例に考えてみます。

 

 

外資系の保険営業は、
フルコミッションの世界です。

※フルコミッションとは「完全成果報酬」のこと。

 

 

そのため契約を取り続ければ、
収入は青天井で上がっていきます。

 

 

外資系保険の営業マンで
年収億を超える方も
実際にいらっしゃるようです。

 

 

営業マンで年収億を超えるなんて
本当にすごいことですよね。

 

 

しかし、そこまでの領域に
たどり着くことができるのは、

おそらく100万人に1人くらい
だと思います。

 

 

日本の人口が1億2,000万人だとして、
働いている労働人口が約6,000万人。

 

 

その中で年収1億円の
保険営業マンは100人も
いないと思います。

 

 

おそらく数十人程度でしょう。

 

 

つまり100万人に1人の
人材になることができれば、

保険の営業マンとして
桁違いの収入を取ることも
可能ということです。

 

 

しかし…

 

 

あたり前の話ですが、
100万人に1人って

めちゃめちゃハードルが
高いですよね。

 

 

僕の過去を振り返っても、
約40人のクラスで一番に
なれたものは一つもなかったです。

 

 

足の速さ、スポーツ、勉強、スキル、
友達の多さ、要領の良さ、専門性など。

 

 

40分の1にも
なったことがないです。

 

 

100万分の1って一体
どれだけのレベルなんだと
思うわけです。

 

 

スポーツで言うと、
オリンピックに出場して
メダルを狙える人が
100万分の1らしいです。

 

 

普通に挑んだとしたら
はっきり言って無理ゲーです。

 

 

 

僕が生業にしている
コピーライターでも

年収1億円を超えている方は
実際に存在しています。

 

 

そういう方は、つき抜けた
知識とスキルと実績を
兼ね備えているわけです。

 

 

 

そうなると、黙ってても仕事の
オファーが舞い込んできます。

 

 

まさしく100万人に1人の
存在と言っていいでしょう。

 

 

しかしコピーライティングの
スキルだけで100万人に1人の
ポジションを狙っていくとしたら
本当に至難の業です。

 

 

おそらく僕でも途中で
朽ち果てると思います。

 

 

僕も

「小川さん、文章うまいですね」

と言われることはありますが、
超一流はレベルが違います。

 

 

本当に頂は高いと実感します。

 

 

では、自分を100万分の1の
レアカードにするには、
一体どうしたらいいのか?

 

 

気になりますよね。

 

 

その答えは…

 

 

 

あまりやりたくない手法ですが、
続きは次回のブログで公開します。

 

 

ブーイングは勘弁してください。苦笑

 

 

明日、公開予定ですので、
楽しみにしていてください。

 

 

それでは、また!

 

 

▼【後編】はこちら!

【後編】自分のレアカード化戦略


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です