【急展開】突然の呼び出しでチャンスを貰えた結果…

 

…困ったことになった。

 

 

僕がいつもお世話になっている
株式会社セブンブレンチの
佐藤社長から呼び出しを受けた。

 

 

%e3%83%a1%e3%83%83%e3%82%bb%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%81%ae%e3%82%84%e3%82%8a%e5%8f%96%e3%82%8a

 

 

突然の呼び出し。

 

 

 

こういう時は真っ先に

「何か悪いことをしただろうか?」

と考えてしまう。

 

 

 

悪いことをしていないのに、
警察官が横を通ると気まずい
雰囲気になる時と似ている。

 

 

佐藤社長にいきなり
呼び出しを受けるなんて
どんな用件なんだろう…

 

 

はっ!まさか…

 

img_5525

※私服がダサ過ぎてすみません。

 

 

もしかして、先日の
起業家インタビューで
ふざけ過ぎたから…

 

 

それにお怒りなのでは
ないだろうか?

 

▼佐藤社長へのインタビュー記事

【前編】独立しない方がいい人の明確な特徴とは

 

 

いや、まさかね…

 

 

でも、十分可能性は考えられる。

 

 

もしそうだとしたら、
一体どうしたらいいのだろう。

 

 

自分の場合、突然の呼び出しでも
理由に心当たりがあるから
タチが悪い。

 

 

しかし、クヨクヨと
悩んでいても仕方がない。

 

 

もし怒られたとしたら
誠心誠意謝るしかない。

 

 

とにかく一度会って
話を聴いてみよう。

 

 

■アポイント当日(12月13日)

 

怒られる可能性がある以上、
普段のようなふざけた恰好を
していくわけにはいかない。

 

 

外見から少しでも
誠意を見せるために
スーツで伺うことにしよう。

 

img_5534

※誠意を見せると言いながら、ネクタイはしていない。

 

 

それにしても。
スーツを着るなんて

いつぶりだろう。

 

 

ニートコピーライターのため
普段スーツを着る機会はほとんどない。

 

 

果たして、このまま
何も準備せず伺っても

大丈夫なのだろうか?

 

 

 

いや、やはりいつもと違った
誠意の見せ方も大事だろう。

 

 

昔から「先手必勝
という考え方がある。

 

 

偉大なる先人、賢者たちの
知恵をフル活用するために

僕は今回「先手必勝」で
行動することを決めた。

 

 

そうすれば、
スムーズに困難な局面も
乗り越えることができるはずだ。

 

 

それでは、いざ出陣!

 

 

■現場に到着

 

いよいよ佐藤社長の
オフィスがあるビルに到着した。

 

 

完全にビビッているな、自分。

 

 

では、勇気を振り絞って
佐藤社長のオフィスに
入るとしよう。

 

 

ガチャッ

 

 

いつもと同じように
佐藤社長がソファーに
座ってらっしゃる。

 

img_5581

 

予定通りここは先手必勝である。

 

 

佐藤社長からお叱りを
受ける前に先手を打つ!

 

 

よしっ!

 

 

img_5543-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc 佐藤社長!この度は、大変申し訳ございませんでした!

 

img_5588

 

 

 

img_5584-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc …ん?

 

img_5572

 

 

img_5543-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc えっ?

 

 

img_5584-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc なに?一体どうしたの?

急に謝られても、訳が分からないんだけど。

 

 

img_5543-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc いえ、怒られると思ったので。

 

 

img_5584-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc 何か悪いことしたの?

 

 

img_5543-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc いえ、特にしていないと思うのですが。

 

 

img_5584-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc なんだそれ。笑

 

img_5584

 

 

img_5543-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc てっきり先日のインタビュー記事がお気に召さなくて、お叱りを受けるのかと。

 

img_5596

 

 

img_5584-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc そんなんじゃないよ。笑

むしろ逆だね。オガワ君に仕事をお願いしたいと思って。

 

 

img_5543-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc えっ!?

 

img_5590

 

 

img_5543-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc マジですか…?

 

 

img_5584-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc 大マジ。前回の記事が気に入ったからさ。仕事の話がしたかったの。

ちなみに、オガワ君ってどんなことができるの?

 

 

img_5543-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc 「文章書くこと」と「ふざけること」です。

 

 

img_5584-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc 想像通り。そこが気に入ったのさ。

 

 

img_5543-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc はぁ…

 

img_5589

 

 

なんて予想外の展開なのだろう。

 

 

img_5584-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc だからオガワ君に、役員の前で企画プレゼンしてほしいんだよね。

 

 

img_5543-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc 企画プレゼン……、ですか?

 

 

img_5584-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc そう。オガワ君の持ち味を活かして、うちとオガワ君両方にメリットのある企画を考えてほしいんだよね。

役員もOKを出して企画が通るなら、こちらもバックアップするよ。

 

 

img_5543-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc は、はぁ…

 

 

img_5584-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc やる?やらない?

 

 

 

マジか…

 

 

これは一体どうするべきか…

 

 

いや、「頼まれごとは試されごと」と言うし、
ここはチャレンジしてみるべきだろう!

 

 

img_5543-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc はい、分かりました。やらせて頂きます。

 

 

img_5584-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc だったら、企画内容を考えてから、オガワ君の都合のいい日程を教えて。

役員も忙しいから、声かけて集まれる日程を決めるから。

 

 

img_5543-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc は、はい!

 

 

なんだか話がオオゴトになってきた。

 

 

img_5584-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc じゃあ、よろしくね。連絡待ってます。

 

 

img_5543-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc か、かしこまりました!

 

 

・・・・・・・・

 

12月13日(火)夜 自宅にて

 

 

ドエライことになってきた。

 

img_5527

※私服がダサ過ぎてすみません。

 

 

黄色いタイツでインタビューしたら
企画プレゼンをすることになるとは。

 

 

人生、本当に何が起こるか
分からないものである。

 

 

それにしても、佐藤社長の
決断のスピードが早過ぎる。

 

 

話も10分~15分程度で
終わってしまった。

 

 

どういう頭の回転をしているのだろう。

 

 

話のスピードに
着いていくのがやっとである。

 

 

状況を整理すると、
まずは企画内容を考えて

プレゼン資料を
作らなければいけない。

 

 

うーむ。

 

 

企画などは考えることはできるが
問題は資料作りだ。

 

 

意外とプレゼン資料を
作るのは苦手な方だ。

 

 

構成は簡単にできるが
プレゼン用にキレイに
見せるのが苦手である。

 

 

美的センスの問題だろう。

 

 

しかしその辺りは
他の部分で補うしかない。

 

 

まずは企画内容を
考えるところからだな。

 

 

■企画内容を考える

 

それにしても
どんな企画を出せば
いいのだろうか。

 

 

佐藤社長がどんなことを
望んでいるかだよな。

 

 

………うーむ。

 

 

一向にアイディアがまとまらない。

 

 

結局、頭を悩ませてみたが
その日、企画内容はまとまらず。

 

 

こういう時は、
脳を休ませる必要がある。

 

 

仕方がないので、
思い切って寝ることにした。

※サボっているわけではなく生産的休息なのだ

 

 

 

そして布団に入って
しばらくすると…

 

 

おっ!

 

 

アイディアが舞い降りてきたー!

 

 

 

ネタだと思うかもしれないが
本当である。

 

 

突然、プレゼンの構成が
頭の中に浮かんできた。

 

 

僕は布団に入っている時に
アイディアがまとまることが多い。

 

 

しかし、このアイディアは
すぐにメモを取らないと

一瞬にして忘却の彼方に
葬られてしまう。

 

 

僕は急いで枕元に置いてある
スマホ取り、GoogleKeepに
思いついた内容を打ち込んでいった。

 

 

一心不乱に
頭に浮かんでくる言葉を

スマホに打ち込み続けた。

 

 

そして、それが終わると
バタッと眠りについた。

 

 

 

翌朝(厳密には12月14日)

 

 

昨日のメモの内容を
確認するために
GoogleKeepを開いた。

 

 

すると、ちゃんとメモは残っている。

 

 

よかった。夢ではなかった。

 

 

これが夢オチだったら、
やり切れない展開である。

 

 

運良くプレゼンの
構成が舞い降りてきて、
大まかな流れを作ることができた。

 

 

早速、これを基に
プレゼン資料を作るとしよう!

 

 

…2時間後。

 

資料もほぼ完成。

 

 

昨晩メモを取っていなかったら
一から作ることになっていた。

 

 

そう考えると面倒くさがらずに
きちんとメモしてよかった。

 

 

それでは、佐藤社長に
スケジュール調整の連絡をしよう。

 

※以下、実際のメッセージでのやり取り。

satoshacho2 satoshacho3

 

 

やり取りの結果、
12月20日(火)19時から
プレゼンをすることになった。

 

 

約1週間後である。

 

 

企画とプレゼン資料は
大体できているから、

後は本番できちんと
話ができれば大丈夫なはずだ。

 

 

そう願いたい…

 

 

■緊張のプレゼン当日

 

いよいよプレゼン当日である。

 

 

うわっ、緊張する。

 

 

僕はあがり症のため、
緊張して8時間しか眠れなかった。

 

 

「役員の方の前で」ということは、
おそらく3~4人の前で
プレゼンするのであろう。

 

 

やはり緊張するものだな。

 

 

プレゼンの準備も考えたら、
少し早めに現地にいた方が
いいだろうな。

 

 

そう考えて僕は、
18時30分くらいに

セブンブレンチさんの
オフィス前に到着した。

 

img_5528

 

それでは、オフィスに突撃だ!

 

 

 

■プレゼン直前

 

 

オフィスに入れて頂くと、
スタッフの方達は
ほとんどいなかった。

 

 

プレゼンの30分前に
到着しているのだから
あたり前か。

 

 

早く到着したので余裕を持って
準備することができる。

 

img_5542 img_5566

 

img_5543-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

※プレゼン前の様子

 

 

プレゼン準備のために
早く到着すると、

対応してくださった方が
素晴らしい心遣いをしてくれた。

 

 

「本日プレゼンする方が到着したので
 早めに集まってください」

 

と、内線電話をしてくれたのだ。

 

 

皆さん忙しいのに、
なんという気遣い。

 

 

 

しかし、まだ心の準備が…

 

 

…なんてことはない。

 

 

 

こんなこともあろうかと
事前にプレゼンの練習も
しておいたのだ。

 

 

いきなりぶっつけ本番では
いささか自信がないので、

何度か練習をしてから
プレゼン本番に臨んでいた。

 

 

ふっふっふっ。

 

その辺りも抜かりはない。

 

 

そうこうしているうちに、
プレゼン会場に人が集まり
始めた。

 

img_5551

※佐藤社長とスタッフの方

 

img_5539

※席が足りないということで、急遽テーブルとイスを増やしている様子

 

 

あれ?想像していたよりも
人数が多いな。

 

 

 

img_5543-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc あの、何人くらい集まるのですか?

 

 

img_5584-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc あと2~3人来るから、13~14人かな。

 

 

img_5543-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc えっ!?

 

 

な、なんだと…

 

 

当初想定していた人数の
3倍以上の人数である。

 

 

結果、計13人の前で
プレゼンをすることが分かった。

 

 

おおぅ。

 

 

なんという事でしょう。

 

 

最初の風景から、

 

img_5566

 

このようになりました。

 

img_5560

※増席&満席になりました。

 

 

匠(たくみ)もびっくりの
劇的ビフォアフターである。

 

 

チキンハートに
プレッシャーが掛かる。

 

 

しかしここまできたら
やるっきゃない。

 

 

腹を括ろう。

 

 

■いよいよプレゼン開始

 

最初は、佐藤社長が
前ふりをしてくださり、
それから僕のプレゼンが始まった。

 

 

佐藤社長の前ふりのおかげで
少し場の空気が温まった。

 

 

簡単にあいさつをしてから
プレゼンを開始していった。

 

 

しかし…

 

僕は今回のプレゼンのために
秘密兵器を用意していた。

 

 

勘の良い方は、お気づきだろう。

 

 

そう、このスーツの下には
黄色いタイツを着込んでいるのだ。

 

 

 

最初はスーツで真面目に
プレゼンすると見せかけて、

途中から黄色いタイツに
変身するという作戦だ。

 

 

これでプレゼンを
聴いて下さる皆さまを

グッと引きつけることが
できるはずだ。

 

 

しかし、これは諸刃の剣とも
言える作戦でもある。

 

 

スベッた時は、
目も当てられない。

 

 

「はっ?」

 

という空気がプレゼン会場に
流れる危険性すらあるのである。

 

 

相当なメンタル的
ダメージを負うだろう。

 

 

しかし僕には、どうしても
黄色いタイツでなければ
いけない理由が……

 

 

 

……あれ?

 

 

 

冷静に考えたら、
黄色いタイツを着る理由は
特になかった。

 

 

つまり僕が

「黄色いタイツを着たいだけ」

という完全な自己都合で
完結してしまった。

 

 

それも致し方ないだろう。

 

 

この辺りの感覚は
僕はすでに麻痺している
かもしれないので、

今度、機会があったら
冷静なご意見を頂きたい。

 

 

しかし、どんな恰好を
しているとしても、

目の前のプレゼンに全力を
尽くせば良いだけだ。

 

 

そして僕は、
プレゼンの途中でスーツを脱ぎ、
黄色いタイツをあらわにした。

 

img_5606

※プレゼン途中でスーツを脱ぎました。

 

 

プレゼン途中に目の前で
スーツを脱がれた
経験がある人
ほぼ皆無だろう。

 

 

 

そして世界広しと言えど、

全身黄色いタイツでガチの
企業プレゼンをする
のは、

僕くらいではないかと思う。

 

 

 

意外と皆さん、
受け入れてくれている。

※勝手にそう思い込んでいる

 

 

熱心に説明をして、
プレゼンも無事に終了した。

 

 

時間にして15~20分程度。

 

 

手応えは悪くない。

 

 

反対意見や罵声などは
特になかった。

 

 

後は、どのような判断だったか
回答を頂くだけである。

 

 

さぁ、どうなるのか…

 

 

■プレゼンの結果はいかに!?

 

img_5584-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc 今回のプレゼンの内容を聴いて、やってみたいと思う人いる?

この企画進めたいから、プロジェクトチームを作りたいんだけど。

 

 

 

おー!マジか!

 

 

どうやら、無事に企画は
受け入れられたようだ。

 

 

本当に良かった。

※プロジェクト詳細は後日公開

 

 

結局、プレゼンを聴いてくださった
スタッフの方の中から、3人の
プロジェクトメンバーが選ばれた。

 

 

僕の企画のために
プロジェクトチームができるとは。

 

 

これは気を引き締め直さないとな。

 

 

 

img_5584-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc オガワ君が良ければ、契約書作っちゃうけど。

 

 

img_5543-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc えっ!?本当ですか!?

 

 

やっぱりスピード感が半端ない。

 

 

佐藤社長からの
条件提示を確認し、
僕は了承した。

 

 

img_5584-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc じゃあ、この条件で契約書作っちゃうね。

 

 

img_5543-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc はい、宜しくお願いします!

 

 

img_5584-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc あとは今決まったプロジェクトメンバーで、どんどん企画を進めていってね。

 

 

img_5543-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc はい!ありがとうございます!

 

 

 

こうして無事に企画プレゼンが
成功したのだった。

 

 

やったぜ!!

 

 

 

■あとがき

 

ふぅー。

 

プレゼンが成功してよかったー!

 

 

かなり緊張しましたが、
全力でぶつかって良かったです。

 

 

しかし、大切なのはここから。

 

 

きちんとお役に立てるように
ベストを尽くしていかなければ。

 

 

それにしても、
伸びている会社の経営者は、
スピード感がヤバいですね。

 

 

話もトントン拍子に進んでいきます。

 

 

これから、セブンブレンチさんと
共同の企画を行っていくことに
なりますので、どうか楽しみに
していてください。

 

 

さて、どんなくだらない企画を
やらかそうかな。笑

 

 

自分もワクワクしないと
面白い企画はできませんからね。

 

 

読者の方の中で
面白い企画のアイディアがあれば
ぜひシェアしてください。

 

 

一緒に面白い企画を
創り上げていきましょう!

 

 

みんなで楽しみましょう!

 

 

それでは、また!

 


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です