気づかないうちに作業効率を下げている件

 

オガワです。

 

 

失態を犯しました。

 

 

僕はいつも家から出て、
カフェで作業することが多いです。

 

 

このブログもいつも行く
カフェで書いています。

※最後の仕上げは自宅ですが

 

 

しかし、カフェに着いてから
あることに気づきました。

 

 

パソコンの「マウス」を
忘れてしまったのです。

 

 

 

「なんだ、たかがマウスか」

と思ったかもしれませんね。

 

 

実はですね。

 

 

パソコン作業が
多い人間にとって

マウスというのは
本当に侮れない存在なのです。

 

 

 

ノートパソコンの場合、
マウスが無くても作業はできます。

 

 

しかし、圧倒的に作業しにくい。

 

 

操作性に相当な差が出ます。

 

 

パソコン作業が多い仕事の方は
僕の気持ちはご理解頂けると
思います。

 

 

「パソコン作業でマウスがない」

 

 

たったこれだけのことが
非常にストレスになります。

 

 

『作業効率の低下』+『ストレス』

 

まるで良いことがありません。

 

 

せっかく作業効率を上げるために
カフェに足を運んでいるのに
全然意味がありませんでした。

 

 

マウス忘れた
過去の自分を恨みます。

 

 

しかし冷静に考えていくと
日常生活においても些細なことが

パフォーマンスに大きな影響を
与えますよね。

 

 

 

髪型の決まり方がイマイチで
気分が乗らない。

 

 

服装が決まらなくて
気分が乗らない。

 

 

パソコンの動作が重い。

 

 

周りがうるさくて集中できない。

 

 

逆に静か過ぎて集中できない。

 

 

 

人間、良くも悪くも
日々の生活の中で

自分なりの行動パターンを
作っていきます。

 

 

つまり『習慣化』ですね。

 

 

習慣化しているからこそ
いちいち考えずに最適な
行動を取ることができます。

 

 

しかしその習慣が崩されるだけで
人はいとも簡単にパフォーマンスを
落としてしまいます。

 

 

例えば、野球のイチロー選手は、
バッターボックスに入る前に
いつも同じ動作をしています。

 

 

それもパフォーマンスを
最大化するための工夫です。

 

 

パフォーマンスを
最大化するために、

良い習慣を崩さずに
悪しき習慣を断っていく。

 

 

簡単そうですが意外と難しい。

 

 

しかも良い習慣だけではなく、
悪い習慣が優先している
場合も多くあります。

 

 

‐過度の飲酒&喫煙

‐偏った食生活

‐ダラダラする時間

‐ムダな飲み会

‐ネットサーフィン

など。

 

 

悪い習慣が先行しているために
良い結果を得られない場合も
あります。

 

 

僕もいまだに悪い習慣が
いくつもあります。

 

 

それを一つずつ消して、
良い習慣に修正するように
日々努めています。

 

 

‐甘い物を断つ

‐飲酒は控える

‐マンガを読み過ぎない

‐映画やドラマを観過ぎない

 

 

それでも長年培ってきた
習慣を変えていくのは
容易ではありませんね。

 

 

少しずつ修正して
いきたいと思います。

 

 

日々ベストパフォーマンスを
出せるように、一日一日を
大切にしていきたいですね。

 

 

それでは、また!

 


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です