どこで誰が見ているか分かりませんな。

 

オガワです。

 

 

昨日、僕にとっては
懐かしい再会がありました。

 

 

昔働いていた会社の
先輩&同期と道端で
バッタリ遭遇したのです。

 

 

本来なら嬉しい再会だと
思うのですが、

僕としては結構微妙な
気持ちになりまして。

 

 

なぜかと言うと、
あまり良い思い出がない
会社だったんですよ。

 

 

僕にとっては
衝撃的な会社でして。

 

 

全然馴染めませんでしたね。

 

 

営業として入ったんですけど、
全然成績も残せませんでした。

 

 

自分の過去の中でも
黒歴史の一つです。

 

 

黒歴史があるから
今の自分があるとも
言えるわけですが。

 

 

当時は、全然そんなことは
考えられませんでした。

 

 

会社に行きたくなかったですし、
朝起きるのも嫌でした。

 

 

会社に着いたら時計ばかりを
気にしてしまうんですよね。

 

 

お恥ずかしながら、
全然ダメでしたね。

 

 

どの職場にもいる
「使えない社員」の
筆頭だったと思います。

 

 

支店長や支店長代理からは
ガチで嫌われていたと思います。

 

 

日々の詰められ方が
結構半端なかったですからね。

 

 

僕のイメージでは
軍隊のような会社でした。

 

 

すごくやりにくかったです。

 

 

先輩方にもたくさん迷惑を
かけました。

 

 

あー、思い出すだけで
テンションが下がる…

 

 

 

それくらい僕にとっては
キッツイ職場でしたね。

 

 

僕はその職場で
未来を見い出すことは
できませんでした。

 

 

 

ただ、当時の先輩には
良くして頂けたので
申し訳なさしかありません。

 

 

罪悪感というか
引け目というか。

 

 

そんな感じのものばかりです。

 

 

別に悪いことを
したわけではないんですけど。

 

 

単純に僕がその会社に
ついていけなかっただけです。

 

 

結局、色々フォローして頂いたのに
半年くらいで辞めたので、

何となく罪悪感を持っていたのです。

 

 

だからその会社の人達には
なるべく会いたくない。

 

 

そう思っていました。

 

 

でも札幌って狭いから
どこかで会っちゃうんですよね。

 

 

僕は中心部を
ウロチョロしていますから、

知り合いと会う確率も
高いわけです。

 

 

いきなり声をかけられたと
思ったら、昔の職場の方が
4人いらっしゃいました。

 

 

正直、心の中で

「ゲッ!」

と思いました。

 

 

険悪な感じになったら
嫌だなと。

 

 

でも無視して
行くわけにもいかないので、
少し立ち話をしました。

 

 

すると、皆さん元気そうで。

 

 

久しぶりに会っても
笑顔で話しかけてくれました。

 

 

あれ?

 

 

どうやら僕が勝手に気まずく
なっていただけのようです。

 

 

先輩方は全然何とも
思っていない様子でした。

 

 

何だかホッとしましたね。

 

 

僕が勝手にイメージで
作り出していた幻影的な
罪悪感もあったのだと思います。

 

 

こういうのって、
自分で勝手に妄想して、

自分で勝手に苦しく
なっていくんですよね。

 

 

心の中にいる怪物に自らエサを
与えているようなものです。

 

 

自分のカラに閉じこもって、
勝手に決めつけてはいけないと
痛感した瞬間でした。

 

 

久しぶりに先輩方と
会えて良かったです。

 

 

しかし、今振り返って思うわけです。

 

 

僕は、以前の職場では
全然パフォーマンスを
出すことはできませんでした。

 

 

そこだけ切り取ると、
完全に使えないやつですよね。

 

 

 

でも、

「自分ってそんなに
 できない奴なのだろうか?」

と。

 

 

そう思うわけですよ。

 

 

別に頭はそこまで悪い方じゃ
無いと思うんですよね。

※自惚れだったら叱ってください

 

 

 

しかし、前の環境には
徹底的に馴染めませんでした。

 

 

毎朝憂鬱でしたし、
入社してすぐにやめることを
前提に働いていました。

 

 

しかし、他の職場では
成果を出していたことも
あるわけです。

 

 

伸び伸びと働けましたし、
自分のやるべきことに
没頭できていました。

 

 

「何でだろうな」と。

 

 

過去の体験から考えると、
やはり環境は大切だと
痛感するわけです。

 

 

同じ人間でも環境によって
パフォーマンスに雲泥の差が
ついてしまいます。

 

 

働きやすい環境もあれば、
働きにくい環境もある。

 

 

「根性が足りない」

「気合いがあれば何とかなる」

 

そういう方もいるとは思います。

 

 

しかし、はっきり申し上げて
僕の場合はどうにもなりません。

 

 

環境の影響をモロに受けます。

 

 

僕は、誰かと対立したり
言い争いをするのが
好きではありません。

 

 

めちゃ苦手です。

 

 

たぶん、戦争とかに行ったら
真っ先に死亡フラグが立つ
タイプです。

 

 

ですから、会社に入っても
上司とモメてまで何かを
変えようとは思えないんですよ。

 

 

「人を変えるのは難しいので、
 自ら環境を変えよう」と。

 

「そもそも給料をもらう以外に
 ここにいる意味はあるのか?」と。

 

「だったら、自分でやるわ」と。

 

 

完全にサラリーマンに
向いてないですよね。

 

 

会社にいた時も、

「何でこの会社は、こんな
 ムダなことを
しているんだろう」

と、いつも思っていました。

 

 

やっていることに対しての
納得感がないと、人間って
全力で行動できないですよね。

 

 

特に僕はその傾向が
強いタイプなのだと思います。

 

 

結局、自分の
やりたいようにやるなら、

自分でビジネスを
組み立てるしか
道は無いんですよね。

 

 

それはそれで
簡単な道ではないですけど。

 

 

というか、自分が
パフォーマンスを出しやすい
環境を作り上げていくのも
努力の一つだと思います。

 

 

創意工夫しなければ
何事もうまくいくはずが
ありませんから。

 

 

今は昔の何倍も
楽しく仕事できているので

それを考えると
辞めて良かったと思います。

 

 

いや、本当に使えない
社員だったと思いますよ。

 

 

あの頃には絶対に
戻りたくないです。

 

 

僕は自分の特性を
だいぶ理解しているので

個人で稼げる仕組みを作るのに
必死のパッチなわけです。

 

 

やることは決めていますから、
後は積み上げていくのみです。

 

 

でも…

 

ネットの求人でキーエンスが
コピーライターを募集していて、

ちょっと「いいな」と
思ってしまいました。

 

 

しょーもないですな、自分。笑

 

 

それでは、また!

 


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です