【悲報】二度と行かないお店が増えました

 

オガワです。

 

 

先日、飲み会に参加してきました。

 

img_5275

 

お世話になっている方に
誘って頂けたので、
とても楽しい飲み会でした。

 

 

最近は飲み会とかは
ほとんど参加しなく
なったんですけどね。

 

 

誘って頂いた方が
とても好きな方だったので
参加することにしました。

 

 

料理も結構美味しくて、
ミートボールをウリに
しているお店でした。

 

 

飲み会自体は
とても楽しかったのですが、
一点気になることがありました。

 

 

それは、店員さんの接客態度です。

 

 

なかなかアグレッシブな
接客をする店員さんでして。

 

 

要所要所で驚かされるわけです。

 

 

 

例えば、

 

ドリンクを持ってくる時に、
「ドンッ!」とドリンクを置いて
黙ってグラスを下げていく。

 

※いや、まだ飲みかけ-!
※「グラス交換」という名の強硬策が発動

 

 

持ってきたドリンクの
種類を読み上げる時、
早口過ぎて聞き取れない。

 

 

聞き返すと嫌々な態度になる。

 

 

ドリンクを注文した時、

「すぐにお持ちしますが
 こちらのドリンクは
 飲みきれますか?」

とプレッシャーをかけられる。

※あんな経験初めてです。

 

 

雰囲気が明らかに怒っている。

 

 

このような接客でした。

 

 

リアルに結構驚きました。

 

 

「あれ、俺なんか悪いことしたっけ?」

と我が身を振り返りました。

 

 

でもその店員さんを
観察してみると、

僕だけではなく他の
お客様にも同じような
接客態度でした。

 

 

せっかく料理が美味しいのに、
残念な気持ちになりました。

 

 

おそらく僕は、この店には
二度と行くことはないと思います。

 

 

誰かに誘われたり、
飲み会やイベントの会場なら
行くかもしれませんが。

 

 

自分から率先して
行くことはありません。

 

 

なぜなら、もうあんな接客は
されたくありませんから。

 

 

 

気分良く食事をするために
わざわざ外食をするのに、

このお店ではニーズは
満たされないからです。

 

 

飲食店は、10年以内に
9割以上が潰れると
言われています。

 

 

外食産業には
厳しい時代ですよね。

 

 

今回のような接客態度を
続けていたら、客足が遠のく
リスクは高くなります。

 

 

店員さんを雇っている
お店の
オーナーさんが
可哀そうに
なりました。

 

 

現場がこんな風に
なっているなんて
知らないんだろうな。

 

 

もしオーナーが現場に出ていて
今のような状況なら致命的だと
思いますが。

 

 

そして店員さんも自分の接客態度が
どのような結果に繋がるか
想像できないのだと思います。

 

 

自身の接客によって、
お客様が来なくなってしまう。

 

 

それが続くとお店の経営が
立ち行かなくなってしまい、
閉店になるかもしれません。

 

 

そうなると自身の
働く場所まで
無くなってしまいます。

 

 

アルバイトでしたら
そこまで意識を高く持って
働いてはいないと思います。

 

 

でも最低限の接客は
しなければいけませんよね。

 

 

現にこうして僕もブログに
ネガティブな情報を
書いているわけですからね。

 

 

お店の名前は出しませんが。

 

 

でもそういうのって
致命的になったりしますよね。

 

 

今の僕は誰かを雇ったり、
組織化しているわけでは
ありません。

 

 

それは人を雇うということの
大変さを感じてるからです。

 

 

ですから、人を雇って
経営している方は
本当にすごいと思います。

 

 

経営者は利益を増やしたい。

 

 

従業員はできるだけ楽をして
毎月安定した給料をもらいたい。

 

 

根本的な考え方に
明らかに乖離があります。

 

 

そりゃ、溝も生まれますよね。

 

 

人材選びの難しさと
飲食店の難しさを
痛感した出来事でした。

 

 

お店のクオリティって
実際に行かないと分からないので、
お店選びって難しいですよね。

 

 

 

それにしても、あの店員さん
何で怒ってたんだろうなー。

 

 

次回は、良いお店に
巡り合えますように!

 

 

それでは、また!

 


人工知能に奪われない仕事とは?

これから生き残っていくビジネスに共通する最重要ポイントを徹底解説!

なぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です