映画ミュージアムを観て気づいたこと

 

オガワです。

 

 

昨日、映画館で小栗旬が主演の
「ミュージアム」を観てきました。

 

こんなやつです。

 

oguri oguri2

 

ネタバレは避けたいので
内容は割愛します。

 

 

マンガが原作でしたので、
気になっていた映画でした。

 

 

残念ながらマンガは
途中までしか
読んでいません。

 

 

つまりマンガのオチを知りません。

 

 

そのため尚更気になりながら
映画館に足を運びました。

 

 

 

 

「オチは一体どんな展開なんだろう」と。

 

結構楽しみにしていたんです。

 

 

 

レイトショーは安いですから
気軽に行けますよね。

 

 

僕個人としては
結構面白い映画だったと思います。

 

 

かなりグロかったですけどね。

 

 

心臓が弱い方には
オススメしません。

 

 

 

それにしても出演している方達の
演技は本当に上手でした。

 

 

俳優ってすごいですな。
とても真似できる気がしません。

 

 

そもそも真似するような
立場ではないのですが(苦笑)

 

 

原作がマンガとはいえ、
細部までこだわって作り込んだ
映画だったと思います。

 

 

 

映画を観たり読書をするたびに
感じることがあります。

 

 

 

それは「情報を仕入れる大切さ」です。

 

 

 

僕は情報発信をする仕事ですから、
読書や映画、セミナーなどで
新しい情報にふれる行為は
とても大切なことです。

 

 

八百屋さんでは野菜や果物を仕入れ、
魚屋さんでは魚を仕入れますよね。

 

 

それと同じように、
僕の場合は情報を仕入れることが
非常に大切な行動になってきます。

 

 

そうしなければ、
情報発信のアイディアは
すぐに枯渇してしまうからです。

 

 

自分一人の思考や世界観で
生み出せるものは
たかが
知れています。

 

 

 

「仕入れ」という言葉が
ピンとこなければ

「取材」と表現しても
良いかもしれません。

 

 

 

より幅広い視点を持ち、
アイディアを出していくためには
「取材」は必要不可欠です。

 

 

 

取材で持ち帰った情報を基に、
鮮度の高い情報発信を
行っていくのです。

 

 

映画鑑賞を取材と言ったら
大げさに聞こえるかもしれません。

 

 

しかし情報収集を行っている
わけですから、有益な行動だと
僕は考えています。

 

 

 

重要なのは、その取材から
どのような着想を得るかです。

 

 

ただの映画鑑賞で終わったら、
本当にただの趣味ですから。

 

 

 

基本的に人間は、
何も無いところから
アイディアを出すことはできません。

 

 

できるとしたら、
よほどの天才です。

 

 

少なくとも僕は
会ったことがありません。

 

 

おそらく99.999%の人は、
既存の情報や過去の体験から
着想を得て、アイディアや
ヒラメキが生まれるはずです。

 

 

 

僕もそうです。

 

 

 

自分の頭だけで何かを
ひねり出そうと思っても

面白い情報を発信できる
わけがないのです。

 

 

それこそ自分の身の周りの
出来事しか書くことが
無くなってしまうでしょう。

 

 

 

それでは狭い視点での
情報発信しかできませんし、

「つまらないな」

と飽きられてしまいます。

 

 

 

特にブログで発信している情報は
読んでくださる方が「面白い」と
思ってくれるものでなければ
価値は低いわけです。

 

 

 

面白くなければ
誰も見てくれませんし、

見てくれなければ
存在していないのと

ほとんど変わりないからです。

 

 

 

そう考えると
非常にシビアです。

 

 

情報の鮮度、切り口、内容。

 

 

全てを高い水準に保ち
読者の心に刺さるような
記事にしていく。

 

 

簡単なことではありませんね。
日々試行錯誤です。

 

 

しかし僕にとっては避けて
通ることができない道です。

 

 

自分の好きなことを
突き詰めることが
重要なのですから。

 

 

 

僕も情報発信者
(メッセンジャー)として、

有益な情報を届けられるように
ベストを尽くしていきます。

 

 

それでは、また!

 


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です