勝ち組ビジネスの鉄板法則

 

オガワです。

 

 

今回のブログでは、

勝ち組ビジネスを
 するための鉄板法則

について僕なりの
見解をお伝えします。

 

 

勝ち組ビジネス

と言うと大げさに
聞こえるかもしれませんね。

 

 

少し言い方を変えましょう。

 

 

「ビジネスが長続きする方」
「すぐに潰れてしまう方」の違い。

 

 

こう表現すれば良いでしょうか。

 

 

フリーランスでビジネスを
するようになってから

この違いが実体験として
理解できるようになりました。

 

 

 

だからこそ確信を持って
お伝えできる内容です。

 

 

ご存じの方も多いと思いますが、
今の僕はWebのコピーライターを
生業として活動しています。

 

 

おかげ様で高単価の制作依頼を
してくださるパートナー様もいて

周りの方に支えられて
生きていられる状況です。

 

 

しかし不安も抱えています。

 

 

「今の状況が長く続くか分からない」

「制作依頼が無くなるかもしれない」

 

 

もちろんそうならないように
全力を尽くすつもりですが、

ビジネスはいつ何が起こるか
分かりません。

 

 

今のままでは良くないことは
十分理解しています。

 

 

自分がコントロールできない
領域が大きければ大きいほど

突然のトラブルや予期せぬ
事態が起こりやすくなります。

 

 

そうなれば、僕のような
個人事業主はあっという間に
事業が立ち行かなくなります。

 

 

その状況に強い危機感を
覚えているわけです。

 

 

僕と同じようなことで
悩んでいる方は多いと思います。

 

 

「このお客様からの入金が無かったら…」

 

そう考えると背筋が凍ります。

 

 

事業として健全な状態とは
とても言えません。

 

 

ではどうすればいいのか?

 

 

僕が出した答えが

仕組みを作ること」です。

 

 

 

例えば、今の僕の状況は
クライアントを見つけるために

僕自身が直接営業して
新規開拓を行っています。

 

 

しかし営業を安定的に取り続けて、
なおかつ制作物のクオリティを
高水準で維持するのは至難の業です。

 

 

ずっと続けられることでは
ないと思います。

 

 

次のステップに進むためには
思い切って視点を切り替える
必要があります。

 

 

 

自分以外の方が制作依頼を
取ってきてくれる仕組みや

広告によって一定数の
新規顧客を毎月確保できる
仕組みがあれば…

 

 

 

自分が新規開拓と制作を
全て行っていたため
時間と労力が必要でしたが、

仕組みがあることで
その状況を緩和できます。

 

 

今の僕には、
この仕組み作りの発想が
求められているのです。

 

 

 

仕組み作りに着手しなければ、
いつまでも自分で新規開拓を
続けなければいけません。

 

 

やってみると分かりますが、
営業は取れる月と取れない月で
どうしても波ができてしまいます。

 

 

かなりの営業力が無いと、
営業を取り続けるのは
かなり難しいです。

 

 

そしてずっと取り続けられる
保証はどこにもありません。

 

 

 

さらに僕の場合は、
営業で取った制作案件を
自分で処理しなければいけません。

 

 

 

仕事を取れば取るほど
制作に追われて時間が無くなり、

制作に追われると営業の
時間が無くなっていきます。

 

 

こうなると本当にしんどい状況です。

 

 

外注の制作チームに任せる
という選択肢もありますが、

信頼できるクリエイターの
チームが必要になります。

 

 

 

現状では少数の企画なら
回すことはできますが、

大量の仕事を取っても
現場で処理しきれません。

 

 

 

この状況を改善しなければ
うかつに仕事も広げられません。

 

 

まさに自転車操業の
王道を突っ走っていると
言っても良いでしょう。

 

 

 

いつもながら

「ここまでさらけ出して良いのか」

というレベルで
自己開示しています。

 

 

 

確信していることですが、
長くビジネスを続けている方は、

安定的に新規獲得ができる
仕組みを持っています。

 

 

間違いないと思います。

 

 

でも仕組みの作り方は
人によって様々です。

 

 

得手不得手もあれば
やりやすいやり方も違います。

 

 

そういうことを考えると
最近は、色々な場面で
「問われている」と感じます。

 

 

そこで今日は、仲の良い友人と
ご飯を食べながらビジネスの
相談をさせてもらいました。

 

 

僕が困った時にいつも相談する
ドラえもん的なポジションの
友人です。

 

 

その友人のアドバイスもあり、
方向性、やるべきことも
明確になってきました。

 

 

 

一人でモヤモヤしていた
昨日までとは違い、

構想や仕組みもだいぶ
具体的に見えています。

 

 

 

しかしここに来るまでには、
本当に様々な紆余曲折が
ありました。

 

 

 

厄介なのが、人によって
成功方法もやり方も
全然違うということです。

 

 

表面的なところしか見れないと
情報に振り回されて軸が
ブレてしまうんですよね。

 

 

そうなると頭が混乱して
正常な決断ができなくなります。

 

 

本当に厄介です。

 

 

成功者の意見に
振り回されてしまうことって
意外と多いと思うんですよね。

 

 

特に僕の場合は、
周りの環境や情報に
影響されやすいので、

取り入れる情報を絞ったり
捨てたりすることも
大事だったりします。

 

 

 

自分が目指したい
目標になる方を見ながら、

仕組み作りを全力で急ぎたいと
考える今日この頃です。

 

 

 

日々気づきの連続ですね。
着実に進んでいきます。

 

 

まずは起業家インタビューと
クリエイターのチーム作りが
僕にとっては必須項目なので
急いで動いていきます。

 

 

 

それでは、また!

 


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です