脱器用貧乏スパイラルの考え方

 

オガワです。

 

 

今、結構悩んでいます。

 

 

何に悩んでいるかと言うと、

「あれこれ手を出して、
 中途半端な状況に陥っている」

という悩みです。

 

 

 

参入する分野は
絞っているんですけどね。

 

 

 

それでもネットビジネスは、
色々な戦略があるので、

バタバタしているのに
収益構造が脆弱になっています。

 

 

 

僕って元々不器用なのに、
好奇心はあるから色々と
試してみたくなる。

 

 

これってプラスになることもあれば、
マイナスに働くこともあります。

 

 

基本的にどんな分野でも
得手不得手が出てきます。

 

 

お医者さんのようなものですね。

 

 

お医者さんも、外科医もあれば、
内科、耳鼻科、整形外科など
色々な分野に分かれてきます。

 

 

それぞれの分野に
スペシャリストがいて、
知識、スキルを磨いています。

 

 

 

ネットビジネスでも
同じようなことが言えます。

 

 

 

リストマーケティングが
得意な方もいれば、

プロブロガーのように
自社メディアを育てるのが
得意な人もいます。

 

 

 

ネットビジネスという分野でも
さらに細分化されており、

それぞれでスペシャリストが
活躍しているのです。

 

 

色々なビジネススタンスが
あるわけですね。

 

 

全てをいっぺんに
マスターしようとすると、
時間がいくらあっても
足りません。

 

 

「あっ、この手法も面白そう」

 

「このビジネスモデルは
 うちでも活用できるな」

 

「誰かこのマーケティング
 手法のノウハウ持っていないかな」

 

など。

 

 

やろうと思えば、色々なことに
手が出せてしまいます。

 

 

 

これが

「器用貧乏スパイラル」

と言える状況です。

 

 

 

まだ成果も出せていないのに、
色々なノウハウに手を出してしまう

  ↓

時間もお金も消耗していくが、
なかなか成果が出せない

  ↓

全てが中途半端になり、
余剰資金が底をつく

  ↓

より手っ取り早く成果の出せる
ノウハウにすがるようになる

  ↓

それでも成果が出せずに
結局遠回りをしてしまう

 

 

 

まさに悪循環。

 

 

これを続けたら
リアルに死にますね。

 

 

僕自身も、近い状況です(苦笑)

 

 

 

でも成果が出せていない
個人事業主や中小零細企業の方で、

器用貧乏スパイラルに嵌まっている
パターンは多いと思います。

 

 

 

まず、僕のような
中小零細弱小の場合、

持っている資源や労力を
できる限り一点に集中
投下する方が良いはずです。

 

 

 

成果が出なければ、次の展開も
何もないわけですから。

 

 

独立したばかりの頃は、
参入する分野を絞らないと
途中で力尽きることになります。

 

 

 

特に、資金力がない状態で
独立した場合は要注意ですね。

 

 

独立当初は、生活のために
低単価の依頼も受けながら、
収益基盤を作ることになります。

 

 

生活できる収益を出しつつ、
自分の望むビジネスモデルを
作るために、時間と労力を
割いていくことになります。

 

 

このバランスが難しい。

 

 

低単価の仕事を断わり
続けると生活できない。

 

 

かと言って低単価の仕事を
受け続けても生活はできるが
疲弊していく。

 

 

フリーで仕事を受けていくと、
高確率でこの壁にぶつかりますね。

 

 

僕も、もれなく当てはまっています。

 

 

 

自分の望むゴールに行くためには、
ビジネスモデルの設計をして、

持っている資源と労力を
一点集中する必要があると
痛感している今日この頃です。

 

 

 

今日も今後の展開について、
よりブラッシュアップさせる予定です。

 

 

ここが踏ん張りどころですな。

 

 


だからこそ、
ビジネス初心者の方には、

価値ある情報を
シェアできると思っています。

 

 

 

楽しみにしていてください!

 

 

 

それでは、また!


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です