Facebookからの営業メールを見て学んだこと

 

オガワです。

 

 

ちょっと怒っています。

 

 

最近、Facebookから
友達申請を頂くことが
多くなってきました。

 

 

それ自体は別に何とも思いません。

 

 

むしろ「僕のファンかな?」と
テンションが上がります。

 

 

メッセージが無くても、
その方が怪しい方でなければ
友達承認もしています。

 

 

でも、ですね。

 

 

友達承認をした直後に、
営業メールを送ってくる方が
稀にいらっしゃる。

 

 

 

えーーーっ!って感じです。

 

 

img_0965

 

こちら側はですね、

「そもそもあなたは誰?」

というスタート地点なのです。

 

 

 

「何でいきなり営業メールを
 送ってきているの、この人」

って思っているのです。

 

 

 

それなのに営業メールに、

 

「私のプロフィールが知りたい方はこちら」

 

って書かれていても、

 

「いやいやいや!」

 

ってなりますからね。

 

 

 

確かに「あなた何者?」と思ってる
僕の疑問を解決する文面ですが、
そういうことではないのです。

 

 

ランダムにメッセージを送って
引っ掛かる人だけ取り込んでいく
手法なんでしょうけどね。

 

 

そもそもFacebookで繋がったら、
興味のある情報ならチェックしますよ。

 

 

でもいきなり営業かけられると、
すごくテンション下がります。

 

 

それにしても、
ここ最近増えています。

 

 

何が原因なのか分かりませんが、
友達申請をして頂いても
すぐに営業メールは送らないで
くださいね。

 

 

 

でも、昔の自分も
それに近いことは
やったことありますから
気持ちは分かるんですけどね。

 

 

ビジネスを拡大させるために、
皆さん必死だということですね。

 

 

このようなメッセージを頂くと、
ハッと我に返る気持ちになります。

 

 

人の振り見て我が振り直せ
というやつですね。

 

 

 

ビジネスって信頼関係が
本当に大切です。

 

 

特に僕のようなライターは、
信頼関係を築ける方じゃないと、
一緒に仕事はできないです。

 

 

その信頼関係を作るために、
直接会ったり、深いところを
さらけ出したり、小細工ではなく
色々なことをしますよね。

 

 

でもSNSって便利であるがゆえに、
そういうコアなところを
ふっ飛ばしている方が
多い気がするのです。

 

 

僕も本当に気をつけないとな…

 

 

分かっててもやっちゃうのが
人間なので、日々意識したい
ところです。

 

 

 

しかもメッセージって
文章だけですから誤解も
招きやすい。

 

 

SNSの使い方を改めて
気をつけようと思った
今日この頃です。

 

 

あっ、面識がある方は、
お気軽にメッセージを
くださっても大丈夫ですからね。

 

 

あくまでも会ったことがないのに、
営業メールはしないでくださいと
伝えたかっただけです。

 

 

 

それでは、また!

 


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です