【意外】ブログを書き続ける価値とは

 

オガワです。

 

昨日は、以前参加した
ブログセミナーの懇親会でした。

 

img_4214

 

ブログを書き続けて早二ヶ月。

 

 

いや、本当に時間が経つのは
あっという間ですね。

 

自分の時間を何に投じるか。

 

 

きちんと優先順位を立てないと
どうでも良いことに時間を
取られて、とても勿体ない
思いをすることになります。

 

 

 

大切にしたいことを
大切にできない人生って、
辛いですよね。

 

 

でも考えなしに毎日を過ごすと、

「あれっ?何かがおかしい」

となってしまいます。

 

 

僕もそういう経験があるので、
何に時間を投じるかは、
慎重に選んでいくつもりです。

 

 

昨日ブログセミナーの懇親会も
あったことですし、今回の記事は、

「ブログを書くメリット」

について解説します。

 

 

僕がお世話になっている
一圓克彦さんが言ってる通り
だと思うので、少し内容を
パクらせて頂きます(笑)

 

http://ichienkatsuhiko.com/blog/post-2684/

 

 

 

ビジネスに役立てることばかりに
目がいきがちのブログ更新ですが、

書き続けるメリットは、
それだけではありません。

 

 

 

ブログを書き続けると

「自分と向き合う時間」

が圧倒的に増えます。

 

 

これって本当に大切なことです。

 

 

現代人って忙し過ぎて
自分と向き合う時間なんて
ほとんどないと思います。

 

 

 

毎日朝早くから出社して、
帰ってくるのも夜遅く。

 

 

たまの休みは、日頃の疲れを
取るために寝だめする。

 

 

もしくは家族サービスに費やす。

 

 

そして休みが終わると、
また会社に出勤して
朝から晩まで拘束される。

 

 

このような生活パターンの方は、
多いはずです。

 

 

忙殺されて自分の将来について
考える時間も取れないのが、
実情だと思います。

 

 

 

でも、自分と向き合わない
期間が長くなればなるほど、

自分の行きたい方向と、
ズレていく可能性が
高くなっていくのです。

 

 

「あれ?こんな未来を
 望んでいたわけではないのに…」

 

 

「自分でも何がやりたいか
 分からなくなってきた」

 

 

こうなると完全にドロ沼です。

 

 

気づかないうちに、
どんどん深みに嵌まっていきます。

 

 

しかし、そのドロ沼から
抜け出す方法があります。

 

 

それは、

「自分と向き合い
 アウトプットを続けること」

です。

 

 

その一つの有効な手段が、
毎日ブログを書くということなのです。

 

 

僕も最初は
こんな副産物があるなんて、
思っていませんでした。

 

 

ビジネス拡大が目的でしたからね。

 

 

 

ブログを書き始めて2ヶ月も経つと、
書くネタに困ってきます。

 

 

毎日アンテナを立てて、

「どんな情報を発信しようか」

と考えざるを得ません。

 

 

日々の生活で何を感じ、
何を考えていたか。

 

 

それを続けることで、

 

‐興味のあること

‐好きなこと

‐嫌いなこと

‐やりたいと思っていること

‐自分がどうなりたいと思っているか

‐何のためにビジネスをするのか

 

 

これらの考えが整理されて、
進むべき方向性が少しずつ
見えてきます。

 

 

でも、ブログを書き始めて
3ヶ月くらいでネタ切れになり、

自分と向き合うのを
やめてしまう方も多い。

 

 

自分と向き合って軸を固めるのは、
思った以上に大変な作業ですからね。

 

 

おそらく、僕もこれから
シンドイ期間に突入して
自分と向き合っていきます。

 

 

 

しかしここでやめたら
本当に勿体ないので、

より自分の軸を固めて
次のステージに飛躍して
いきたいですね。

 

 

「何がやりたいか分からない」

「自分の軸を固めたい」

「自分と向き合いたい」

 

 

このような方は、
ぜひブログを毎日書いて
アウトプットすることを
オススメします。

 

 

 

僕もブログに関しては
一切手を抜くつもりはありません。

 

 

ブログをご覧頂いている方から、
相談メールなどが増えているので、
全力で情報発信していきます。

 

 

それでは、また!

 


好きなことで生きていくためには…

近い将来、人工知能が人間の仕事の大部分を奪っていくでしょう。ではなぜ「好きなことで稼ぐこと」が生き残り戦略として正しいと言い切れるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です